獣神サンダー・ライガーと“あの妻”が『クイズ!脳ベルSHOW』出演

 今年の1月5日に引退したばかりの獣神サンダー・ライガーが3月9日(月)と10日(火)、クイズ番組に出演した。BSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』という番組である。
 この番組は月~金曜までの帯番組として放送されており、午後10時から1時間のクイズ番組だ。40歳以上の解答者が4人、月曜日と火曜日でクイズを競い、上位2名が金曜日に行われる週間チャンピオン大会に進出する。なおライガーは『?歳』となっているが、そこはご愛敬で。
 そして水曜日と木曜日ではメンバーを変えて、やはり40歳以上の解答者4人でクイズを争い、上位2名が金曜日の週間チャンピオン大会に進出するという仕組みだ。金曜日には代表者4名による週間チャンピオン大会が行われ、1位になった人が優勝である。
 ライガーは月曜日(9日)と火曜日(10日)に出場し、上位2名に入って金曜日(13日、即ち13日の金曜日)の週間チャンピオン大会への進出を狙う。

 司会は漫才コンビ・ますだおかだの岡田と、フジテレビの川野良子アナ。なお、得点は『ノーベル』という単位で示され、基本的には1問正解すると10ノーベルを獲得する。
 今回の月・火曜日の解答者は獣神サンダー・ライガー(?歳)の他にはみずき舞(45歳)、玉利かおる(58歳)、青芝フック(81歳)の4人。青芝フックは、横山ノックや横山パンチ(上岡龍太郎)と共に『漫画トリオ』を組んだコメディアン。玉利かおるはキャスターとして活躍した。

 そして、演歌歌手のみずき舞はご存じの通り、小橋建太の奥様。ますおか岡田は「ご主人にはお世話になってるんですよ。この番組(小橋は3回出演)では爆笑につぐ爆笑で」と言えば、みずき舞は「(主人は)プロレスラーとは思えないほどゆったりした人で、結婚披露宴の時も私が先に出て、新婦が新郎を待っている状態で。こんな人は初めて見ました」と言い、小橋は自分のいない場所でイジられていた。
 ますおか岡田から、小橋との関係を訊かれたライガーは「イベントでは面識あるけど、試合はやったことないですね」と答えた。さらに「イベントのトークでの小橋さんどうですか?」とますおか岡田から訊かれると、ライガーは「ゆっくり喋ります」。

 すると、みずき舞が「(主人から)言われました。サンダーさんと……」と言いかけたら、ますおか岡田は「サンダーさんって、サンダー杉山やがな」とマニアックなツッコミをした。
 玉利かおるは「獣神サンダー・ライガーさんを、何と呼べばいいのかと思って」と言うと、ますおか岡田は「みなさんは『ライガーさん』、みずきさんだけ『サンダーさん』と呼んでます」と、さらにイジる。「『獣神さん』ではないんですね」と玉利かおるはナゾの呼び方をした。

▼小橋建太も、あまり嫁さんに活躍されると却って立つ瀬がない?

▼小橋建太、三度目の正直なるか!? 『クイズ!脳ベルSHOW』

小橋建太、三度目の正直なるか!? 『クイズ!脳ベルSHOW』


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼4年半の計はダブルドームにあり 内藤哲也ドームメイン初勝利&2冠 新日年始決戦総括

[ファイトクラブ]4年半の計はダブルドームにあり 内藤哲也ドームメイン初勝利&2冠 新日年始決戦総括

獣神サンダー・ライガーとみずき舞が絶妙な絡み!

 第1問は『豆+立+頁+日』という漢字を足して二字熟語を作れ、という問題。答えは『音頭』で3人が正解したが、ライガーだけ『頭音』と勝手に熟語を作ってしまった。「『頭音』って、軽めの頭痛ですか?」とますおか岡田が訊けば、ライガーは「頭を打ってますから」とプロレスラーならではの言い訳をした。
 みずき舞は最初から3問連続正解。「旦那さんとはエライ違い!」とますおか岡田は強調する。

 前半が終わりクイズから離れて、読唇伝言ゲームを行う。しかし、ライガーのマスクでは唇が隠れているので読めない。そこでライガーは遂に、マスクを脱いだー! と思ったら、唇が見えるマスクに着け換えただけ。もっともタイガーマスクと違って、ライガーがマスクを脱いでも誰もドキドキしないだろうが。
 みずき舞の唇の動きを読もうとするライガー。しかし、やたら近付き過ぎる。思わず「岡田さん、代わって」と助けを求めるみずき舞。ライガーは、小橋から嫁さんを奪い取るつもりか!?
 みずき舞は「お願いだからメロンパン買って来て」と言う。その唇の動きをライガーは「オナラしたらメロンパン買いたい」と読んだ。なんで女性歌手が『オナラ』なんて言うんだ!?

 初日の最後のコーナーは『早押し!ペアパネル』。早押しで正解すれば、8枚あるカードのうちの2枚をめくる。10点、20点、30点のカードがそれぞれ2枚ずつ隠れており、神経衰弱の要領で同じカードを2枚めくれば、その分が得点になる。
 得点を書かれたカード以外に『ガラガラチャンス』というカードも2枚あり、それを1枚引くと福引よろしくガラガラを回し、出た球により最大100ノーベルを得ることができるのだ。ただし、中にはマイナス100ノーベルの球もあり、それが出たら一気に地獄へ落ちる。

 ここまで最下位のライガーは、歌詞のみを聞いて曲名を当てるクイズで、布施明の『君は薔薇より美しい』を見事正解。ガラガラチャンスで50ノーベルを獲得し、ライガーは一気に逆転、トップに立った。
 しかし、イントロクイズでライガーは、ザ・ピーナッツの『恋のバカンス』を『恋のフーガ』と答えてしまい、おこぼれを頂戴したみずき舞が正解した。みずき舞はガラガラチャンスで100ノーベルをゲット! 再びトップに立つ。

 それでもライガーは「4種類のお金しかない県は?」というナゾナゾで「島根(4マネー)県」と見事に正解。パネル合わせで10ノーベルを獲得した。

①みずき舞 220ノーベル
②獣神サンダー・ライガー 110ノーベル
③玉利かおる 100ノーベル
④青芝フック 80ノーベル

 初日を終わり『旦那とはエライ違い』の、みずき舞がダントツ。ライガーも2位につけている。

みずき舞が小橋建太との馴れ初めを語る。「第一印象は最悪だった」

 運命の2日目、この日が終了した時点で2位以内に入っていれば、13日の金曜日に行われる週間チャンピオン大会に進出する。

『フラッシュ小銭』の問題では、みずき舞の19歳時の写真が出て来た。当時のみずき舞はアイドル歌手だったのだ。メチャメチャ可愛くて、しかもみずき舞が「ミニスカートを穿いてて……」と言うと、隣りのライガーがみずき舞の足元を覗き込む。今は着物だっての。

 ここで、ますおか岡田が小橋建太との馴れ初めを尋ね、みずき舞が答える。
「北海道で知り合いまして。共通の知人がいて、その食事会で。最初(小橋が)凄いお酒を呑んで……。たまたまイヤなことがあったみたいで、ジャイアント馬場さんと色々あって……」
「いらんこと言わんでええねん。何を言い出すんですか!? ヒヤヒヤしますよ」
 ますおか岡田が慌てて止めた。ライガーも思わず笑いだす。みずき舞はなおも話を続けた。
「だから最初の(小橋の)印象が最悪なんです。その後(小橋から)電話が掛かってきて、その時はイヤな方だったのですぐ(電話を)切って。また、だいぶ経ってから電話が掛かってきた時に、2時間ぐらい話してしまって……」
「話して『しまって』って! でもマイナス・スタートやったから、あとは加点方式で意気投合して、ご一緒になった、と」
 最初の印象が最悪でも結婚まで行き着くとは、男女の仲は判らないものだ。しかも、小橋が嫌われる原因を作ったのが、ジャイアント馬場だったとは。

▼小橋建太はみずき舞との初対面では、ジャイアント馬場が原因で嫌われていた!?

 次のライガーの番では、初期の頃のマスクが映し出された。さらに、ますおか岡田が引退後の身の振り方について尋ねる。
「この後はやっぱり、後進の指導とか?」
「そうですね」
「あとはテレビの方で、お仕置きタイムになると出て来たりとか」
「ハイ、掌底をかまします!」
「掌底って、全然テレビ的じゃないんですよ。音がしないんですよ。ただ、破壊力がハンパない」
「やってみますか?」
「いやいやいやいや! アカンアカン!!」
 ますおか岡田が慌てて拒否した。

みずき舞と獣神サンダー・ライガーが2トップ快走、決勝進出なるか!?

 アナグラムのクイズでは、『津田サイを捌く』という文字を、平仮名に変換してから並び替えて出来る楽曲は? という問題が出た。正解は『翼をください』だが、ライガーはいち早く判ったようで、「合唱コンクールなんかでよく歌ってましたね」と言うと、ますおか岡田は「まさかライガーさんの口から『合唱コンクール』というワードが出るとは」と驚いていた。永井豪が生み出した獣神サンダー・ライガーも、学校には通っていたらしい。
 ちなみに、『仰げば尊し』の歌詞問題でもライガーは正解。ますおか岡田に促されてライガーは『仰げば尊し』を歌い、みんなが拍手したが、ますおか岡田は「拍手するほどウマないで」と言い放った。

 その後もみずき舞とライガーは快調に正解を重ね、最終問題を前にしてみずき舞が首位独走、ライガーも2位をキープしている。
 そして、いよいよ最後の問題『奇跡のアイディア クイズ!その時どうした!?』を迎えた。このクイズに正解すると200ノーベル獲得する。それじゃあ、今までのクイズはなんだったんだ!? と思えるが、1位と2位は正解すれば文句なく決勝進出で、たとえ不正解でも全員が不正解なら決勝進出だ。ただし、2位のライガーが不正解で、3位か4位の人が正解なら、決勝進出はなくなる。

 出題はアサヒ飲料㈱から、お馴染みのカルピスについて。カルピスは子供には大人気だが、大人になると飲む機会が減る。そこで、大人向けに健康面重視の『カラダカルピス』という商品を売り出したが、健康面に関係なく大人好みのカルピスはないか、と考えた。そして、考案した『ちょっと贅沢な』大人向けのカルピスが大ヒット。それは、どんなカルピス? というのが問題。

 正解は『味が濃いカルピス』。その名も『濃いめのカルピス』である。昔のカルピスは原液を水で薄めて飲むタイプだったが、子供の頃は親に内緒でカルピスを濃くして飲んでいたものだ。そこで、子供時代に憧れた濃い味を再現したわけである。
 正解者は、1位のみずき舞と3位の玉利かおる、そして2位のライガーも正解! 最終結果は以下の通り。

①みずき舞 530ノーベル
②獣神サンダー・ライガー 420ノーベル
③玉利かおる 390ノーベル
④青芝フック 140ノーベル

 これにより、みずき舞と獣神サンダー・ライガーが週間チャンピオン大会に進出決定! プロレス関係者が2人揃って決勝進出というのも珍しい。ライガーが2位になった要因として、初日の『ガラガラチャンス』で出した50ノーベルがかなり効いた。
 さあ、プロレスラーあるいはプロレスラー妻の週間チャンピオンが誕生するか!? その答えは『13日の金曜日』に出る。


BSフジ『クイズ! 脳ベルSHOW』公式サイトより


※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年03月12日号AEW革命 Masters猪木武藤 新日コロナ逆風 KayFabe ブルックリンRAW