スプリット判定でフッカーがフェルダーに辛勝!UFCファイトナイト・オークランド

Jeff Bottari/Zuffa LLC/UFC

 総合格闘技団体UFC(Ultimate Fighting Championship)は日本時間2月23日(日)、ニュージーランド・オークランドのスパーク・アリーナを舞台に”UFCファイトナイト・オークランド”を開催した。
 ポール・フェルダーとダン・フッカーが対戦したメインイベントのライト級マッチは接戦の展開となり、フルラウンドの末にフッカーがスプリット判定で白星を勝ち取っている。セミメインイベントとして行われたジム・クルートとミハル・オレクシェイチュクによるライトヘビー級マッチは第1ラウンドでクルートがノックアウト勝利を果たした。

■ UFCファイトナイト・オークランド
日時:現地および日本時間2020年2月23日(日)
会場:スパーク・アリーナ(ニュージーランド・オークランド)

【メインイベント】
<ライト級マッチ 5分5ラウンド>
○ダン・フッカー
 判定2-1(48-47、47-48、47-48)
●ポール・フェルダー

ダン・フッカー
「いくらかかろうと、俺がこの土地を守ってみせる。ありがとう。(ポール・フェルダーと戦えたことは)光栄だった。ものすごくタフなファイターだ。すごくおもしろかった。次はジャスティン・ゲイジーとやりたい。やろうぜ」

【セミメインイベント】
<ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド>
○ジム・クルート
 1ラウンド(3分29秒)サブミッション(キムラ)
●ミハル・オレクシェイチュク

ジム・クルート
「目の前に立つには危険な相手だったから、テイクダウンを仕掛けた。言っただろ、テイクダウンして腕を取りにいくって。勝つための試合に臨んでスマートな判断ができている。猟に行くような気分でアプローチしているんだ。単に勝つだけじゃない。果たすべき仕事もゲームプランもあったから、それにこだわった。試合に向かうときにこれだけ感情的になったのは初めてだ。すごくハードだった。前回の試合後、誰もがっかりさせたくないと思った。自分自身をがっかりさせたくないと思った。このためにどれだけがんばってきたか、自分がよく分かっているからね。もう1試合して、それからミシャ・サークノフと再戦したい。まずは組んでもらわないといけないから、彼の前に誰と戦うことになろうが受けて立つ」

【メインカード】
<女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド>
○ヤン・シャオナン
 判定3-0(26-30、26-30、26-30)
●カロリーナ・コバルケビッチ

ヤン・シャオナン
「今回の勝利はとても誇りに思うし、自分のパフォーマンスには満足している。みんなのためにもうれしい。自分より上位のランカーなら誰とでもやる。3カ月か4カ月で戻ってきたい」

<ヘビー級マッチ 5分3ラウンド>
○マルコス・ホジェリオ・デ・リマ
 1ラウンド(1分28秒)TKO
●ベン・ソソリ

マルコス・ホジェリオ・デ・リマ
「前回の試合からほぼ1年たつ。家族も友人もずっとついていてくれる。トレーニングをやめたことは一度もない。体調はいいし、また戦うのが待ちきれない。試合は思っていたよりも早かったけど、パンチの打ち合いはすべてコントロールした。結果には満足している。ここは俺の階級だ。家に帰ってチームと次の試合について話す。できるだけ早く戦いたい」

<ライト級マッチ 5分3ラウンド>
○ブラッド・リデル
 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
●マゴメド・ムスタファエフ

ブラッド・リデル
「俺は死闘をしに、パフォーマンスを見せに来たんだ。どっちもできた。あの瞬間がとても好き。思わず笑みもこぼれるってもんだ。いい試合だった。いろいろ詰まっていたしな。相手はすごく強いグラップラーだ。俺が勝ったけど、この先にあと数回は試練が待っているだろう。もしかしたら、かなり優れた柔術家とかね。最高だった。パフォーマンスには満足している。やりたいようにできた。納得のいくように勝てた。スプリット判定だったのはうれしくないけど、でもそんなのどっちでもいい。アレクサンダー・ヘルナンデスが俺を名指ししているわけじゃないけど、公にトラッシュトークを仕掛けている。口を閉じることがない。いろんなファイターへの尊敬を欠いている。無礼はありえない。誰もが自分と同じゴールを達成するために、同じようにがんばっているんだから」

【プレリム】
<フェザー級マッチ 5分3ラウンド>
○ズバイラ・ツフゴフ
1ラウンド(3分21秒)TKO
●ケビン・アギラー

ズバイラ・ツフゴフ
「4年間も勝利がなかったから本当にうれしい。これで復活だ。フェザー級が注目の階級だってことを世界に知らしめたい。俺は戻ってきたし、もっとノックアウトを見せていくつもりだ。ザビット(マゴメドシャリポフ)だけじゃない。ザビット以外の全員だ。俺は祖父が本当に大好きで、1年前に死んだんだ。死ぬ前に、次の勝利はじいちゃんのためだからなって伝えた。祖父のために勝った。じいちゃんが恋しい。次はトップ15の誰かと戦いたい」

<ライト級マッチ 5分3ラウンド>
○ジェイリン・ターナー
 2ラウンド(3分01秒)TKO
●ジョシュア・クリバオ

ジェイリン・ターナー
「自分にはスキルがあると言って、もうずっとそれに頼ってきたような気がする。今はもっとハードにスマートに取り組んでいる。見せたかったものをすべて見せられた。もっと忍耐強くならないといけない。まだ若いんだから。ずっとUFC入りを焦っていて、何度かアホな試合をしてしまったことで自分を追い込んだ。今は自分のことに集中し、もっとうまくなれるように、メンタルの余裕もできている。常にアクティブでいようと思っているけど、前回の休みが自分にはとても役立った。だから、インターナショナル・ファイト・ウイークのある7月に戦えればと考えていた。そうなれば完璧だ。どうなるかはそのうち分かる。もうすぐ娘の誕生日で、自分の誕生日もくる。その間は減量したくないけど、相手に不足がなければ受けて立つ」

<ウェルター級マッチ 5分3ラウンド>
○ジェイク・マシューズ
 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
●エミル・ミーク

ジェイク・マシューズ
「グラップリングは当然、ゲームプランの一部だった。セコンドが乱闘するなよと言ってくれていたけど、俺はいいケンカなら大好物だ。前回のパフォーマンスを埋め合わせたかった。もっと打ち込んで行きたかったけど、ダン・ケリーがケンカにするなと言ってきたんだ。第3ラウンドはもう少し打撃を入れたかった。ノックアウトやサブミッションを決められればいつだってうれしいし、今回も狙っていたけど、でもコントロールする必要があった。その結果として得られるものがあれば受け取るよ。彼はタフだった。次? ビールを飲むさ」

<ウェルター級マッチ 5分3ラウンド>
○ソン・ケナン
 1ラウンド(2分20秒)KO
●キャラン・ポッター

ソン・ケナン
「今回の試合にはいろんなプランを用意していたけど、第1ラウンドか第2ラウンドでノックアウトすることもそのひとつだった。3ラウンドすべてやってポイントで勝つ覚悟もあった。何もかもがプランに含まれていた。次が誰だろうと戦う。とにかくもっとうまくなりたいし、自分のスキルを見せつけたい。だからこそUFCにいるんだ」

<フライ級マッチ 5分3ラウンド>
○カイ・カラ・フランス
 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
●タイソン・ナム

カイ・カラ・フランス
「MMAを始めたときから、スパーク・アリーナでUFCに出場するのが俺の夢だった。ようやくそれをかなえられた。これまでで一番、最高だよ。みんなのエネルギーを一身に感じる。彼らのおかげで力が湧いた。先人たちが後押ししてくれた気がする。世界の舞台でニュージーランドを代表できるなんて光栄だし名誉なこと。俺たちにとってはすごいことなんだ。2020年はこのままいくぜ。俺らにとってはとてつもない1年になるはずだ」

<女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド>
○アンジェラ・ヒル
 判定3-0(28-29、27-30、28-29)
●ロマ・ルックブーンミー

アンジェラ・ヒル
「早い展開だったから考えずにすんだんだと思う。そのおかげで過去のことではなく、次にどうするかに集中できた。キャリアの中にはたくさんのアップダウンがあって、時々、オクタゴンでそれが自分に重くのしかかってくることもあった。それらを過去のものとし、新たなファイターとして出てきたような気分よ。今はみんなに予定があるみたいだけど、もし今日、カロリーナが勝てば彼女とやりたい。勝利じゃなかったとしても戦いたいわ。最高のマッチアップになるはずよ。そういう試合をずっと心待ちにしていたの。誰とでも戦うつもりだけど、スケジュールを考えればリストのトップはカロリーナね」

<女子フライ級マッチ 5分3ラウンド>
○プリシラ・カショエイラ
 1ラウンド(0分40秒*)TKO
●シャナ・ドブソン
【*:UFC女子フライ級史上最速フィニッシュ】

プリシラ・カショエイラ
(コメントなし)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼アントニオ猪木の喜寿を祝う宴に自費出席して:本当の盟友、坂口征二

[ファイトクラブ]アントニオ猪木の喜寿を祝う宴に自費出席して:本当の盟友、坂口征二

▼諸岡秀克の手記掲載!ハム・ソヒ選手が言う「15年間騙された」は・・・

[ファイトクラブ]諸岡秀克の手記掲載!ハム・ソヒ選手が言う「15年間騙された」は・・・

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年03月05日号RIZIN浜松 諸岡爆弾投下 Jewels Sタイガー ラウェイ大阪 チャクリキ