「Aブラックvs.Bマーフィー3」後バディがマンディナイト・ロリンズAOP軍入りRAW

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.


 番組3時間目後半にはアリスター・ブラックvs.バディ・マーフィーの3度目のレスリング攻防がお茶の間にも届けられるというのは、結婚式スキッドとかにいい加減うんざりしているユニバースには結構なこと。またアリスターが返り討ちにするんだが、また負けて呆然とするマーフィーは、そのままエリック・ローワンのいつもの短いスクワッシュマッチの間もへたりこんで場外客席との壁にへたりこんでいたのだが・・・。

 そしてトリが”マンディナイト・メサイア”セス・ロリンズとAOPのいじめ軍が、KOケビン・オーエンズ、サモア・ジョー、前週に引き続いてのビッグショーと対戦する”FIST FIGHT”というお題目なんであるが、言葉の意味は大してなにもなく、巨体のKOが花道から大きく回って飛んだとかの見せ場こそあったものの、要は傷心のマーフィーをロリンズが誘い、ビッグショーに急所打ちをお見舞いして加勢、ヒールターンが演出される幕切れであった。

 但し、その3時間目の頃には視聴率には重要な冒頭がなんだったか忘れてしまう有様。あとから、「ああそうだランディ・オートンvs. AJスタイルズ」に、最後はなんかドリュー・マッキンタイアも出てきていつもケツへのhi-spotが同じのWWEの3 wayになったとか、もう一度最初から再生ボタン押さないと思い出せなかった。記者の耄碌が激しいのか、はたまた記憶に残らない番組構成が問題なのか。

 それからも、引っ張りに引っ張ったルセフvs.ボビー・ラシュリーをようやくシングルやっていたが、来週は(一応は結婚成立の)ラシュリー&ラナに、そのラナの元レズ相手だったリブ・モーガン&ルセフ組のタッグなんだと。そんなんで「次週は必ず見ないといけない」という気にさせるのだろうか? まぁ、アンドラデとミステリオの数え歌が、次週はハシゴマッチという予告もされていたけど、『NXT UK TakeOver: Blackpool Ⅱ』でもハシゴ戦やったばかりなのに、新鮮味もクソもありゃしない。

 結局は、アスカとベッキー・リンチの王座戦調印式で、また毒霧を浴びせて「バカ、バカ!」と大阪弁でやってるアスカくらしか印象にない『ロイヤルランブル』煽り回なのであった。

■ WWE RAW
日時:1月13日(現地時間)
会場:ケンタッキー州レキシントン ケンタッキー大学内 ラップ・アリーナ

◆“女帝”アスカが調印式で王者ベッキーに毒霧噴射!

 PPV「ロイヤルランブル」でRAW女子王座をかけて対戦する“女帝”アスカ(withカイリ・セイン)が調印式で王者ベッキー・リンチに毒霧を噴射した。ベッキーと向かい合ったアスカは「お前はワシに勝てへんて何回言わせるんじゃ。バカバカ、バカ、バーカ!」と関西弁でまくし立てると、カイリは和傘でベッキーを突っついて挑発した。さらにアスカとベッキーが契約書にサインしてベッキーが「強い方が勝つ」と言うと、突如アスカがベッキーの顔面に毒霧を噴射。ベッキーが目を開けられずもがき苦しむ中、アスカとカイリはベッキーを嘲笑いながらリングを後にした。


 バックステージでアスカは「ベッキーみたか! めっちゃ笑けたな。めっちゃ負けてんねんあいつワシに。アホちゃう。もうロイヤルランブルも勝ちゃうで。私強すぎるからしゃーないな」とカイリと共に王座戦に向けて余裕の勝利宣言をした。アスカとベッキーの女子王座戦が行なわれるPPV「ロイヤルランブル」は日本時間1月27日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

◆セス・ロリンズ&AOPがフィストファイト戦でビック・ショーに仕返し

 セス・ロリンズ&AOPがビッグ・ショー&ケビン・オーエンズ&サモア・ジョーとフィストファイト戦で再戦した。フィストファイト戦とはノーホールズバード、ノーDQ、ノーピンフォール、ノーサブミッション&ノーカウントアウトで、レフェリーが続行不能と判断することで勝敗が決定する試合形式。先週に続き2連勝を狙うショーが初めにリングに入場すると、突如ロリンズ&AOPが襲撃。するとオーエンズ&ジョーも竹刀持って走り込むと試合開始のゴングが鳴らされた。

 ショーがロリンズに竹刀で攻撃すれば、ロリンズもショーをコーナーポストに強打。オーエンズ&ジョーも場外でAOPと激しい攻防を展開した。さらにショーがチョークスラムから得意のノックアウトパンチをロリンズに狙うと前の試合で敗戦して座り込んだままのバディ・マーフィーがロリンズの助けを求める声に応え、ショーの背後からローブローを炸裂。さらにロリンズとマーフィーは弱ったショーをテーブルに叩き付け、AOPもオーエンズ&ジョーを解説席に叩き付けて沈めると、最後はロリンズがショーにカーブ・ストンプを決めたところでレフェリーが続行不能の判断をして試合終了となった。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼AEW契約延長に2つ目番組も-桜田一男さん追悼-新日プロ宴のあと考

[ファイトクラブ]AEW契約延長に2つ目番組も-桜田一男さん追悼-新日プロ宴のあと考

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年01月23日AEW放送契約延長 桜田一男Rジョンソン追悼 英国NXT水曜 RISEラウェイ