感動の杉田拓也引退試合!TeamDATE対抗戦大接戦白熱!内田ノボルMMA初戦白旗~キングダムエルガイツ20周年記念大会興奮

 6日、北沢タウンホールで開催された『キングダムエルガイツ生誕20周年記念大会』は、お世辞抜きに内容充実、熱戦ばかりが凝縮された興奮の大会となった。集ったお客さんも大満足だったと思うし、入江代表の挨拶通り、20年やってきたことは間違いではなかった。日本格闘技界のインディーの歴史を知る上でも確固たる存在をアピールできたように思う。

 感動で大きな拍手に包まれたのは、Mr.ナックルファイターズこと杉田拓也の引退試合であろう。なにしろまず、杉田陣営の豪華な入場には驚いた。ダフトパンクのような宇宙服のバンドと、女戦士2名がマシンガンを持ってド派手に入場してきたのだから、メジャーの格闘技大会でもこんな凝った演出は久しくなかったかも。
 予想通り勝ち上がってきた相手は修斗で活躍するMMAファイターの新井丈だ。戦績こそ負けが続いているが常に会場を沸かしており、さらに打撃のセンスはピカ一である。マニー・パッキャオと戦った唯一の日本人、寺尾新会長が推進するナックルファイトのルールなら、トップに行けることは予想されたことだった。一回戦をKO勝利で飾った新井は、先輩に対して花を持たせるようなことはしない。しかし、誰もが驚いたのは杉田のまったく錆びついていないボクシングの実力であろう。不運にも三連敗が続いてプロから引退していたのだが、隠れた実力者というのはいるものだ。ナックルファイトでブランクをものともせず才能を開花させ、引退試合といってもエキシビションのようなものにせず、最後までバチバチに殴り合って粘り、何度も見せ場を作った姿には会場が大きく揺れた。年齢もありいよいよ引退を決意したが、負けてあっぱれ。大きな拍手が鳴りやまなかったのは当然だろう。壮絶に散った引退試合であり、記憶に残ったのではなかろうか。

 とにかく熱戦続きであった。予想に反してといえば失礼になるが、キングダムエルガイツとTeamDATEの3対3対抗戦はどれもが大接戦の白熱戦に。これまた会場が大きく揺れたのだ。結果こそ、先鋒の孫悟空DATEの判定勝利から始まって驚かされたものの、キングダムエルガイツのポイント制ルールもあり、なんとか中堅戦、大将戦は結果だけみればキングダム勢が辛勝したことになるが、見た目には大接戦であり、どっちの手が上がってもおかしくないと大半のお客さんは思ったことだろう。期待された加藤惇だが、正直、大変危なかった。試合後、生まれた子供をリングにあげて、リングから遠ざかっていたことを詫びた。

 また、注目された内田ノボルのMMAルール初挑戦試合は、中村崇一郎の猛攻で1Rのゴングを聞いてコーナーに戻るのもやっとの状態に。結局タオル投入となり、ほろ苦いMMAでの初陣となってしまった。
 キングダムエルガイツの特色ルールである「タイヤファイト」も、何度かやるうちにこなれてきたか。沖縄大会でも勝利したというムービー・スターが、ここでも4名トーナメントを制して日本一に。「次は東洋チャンピオン、世界チャンピオンだ!」と息巻いている。

■ ―キングダムエルガイツ生誕20周年記念大会―
~FOREVER OF KINGDOM~ 
日時:10月6日(日) 開場14:30 開始予定15:30
*オープニングバウトは15:00分 開始予定                    
会場:北沢タウンホール
<大会協賛>
ISAMI 伊藤園 SAPPORO DyDo GiG―BAND.COM トレジャーボックス<1000円自販機> GREE 高酸素リキッドWOX Broad-mind株式会社 映像制作アイディーケイ 道玄坂カラオケ&BAR B-69 株式会社宣伝館 ファイターズサポート(株式会社モトポリ)内山土地家屋調査士事務所 グローバル・エクスレイズ合同会社 中古・新車販売・買取のTrefft 池袋ナイトキング(COMBO)株式会社MAX-SPEED
主催:キングダムエルガイツ事務局 
お問い合わせ:キングダムエルガイツ事務局 TEL 042-376-1639

<ダークマッチ キングダム20周年記念特別試合 世界1過激なルール ヒジ・頭突き・金的有りエルガイツルールレベル4>
○超人イリエマン(キングダムエルガイツ/煽り運転撲滅協会) 
 3分05秒 チョークスリーパー(場外奥なので大半のお客さんには見えなかったがリアルファイト)
●片谷健(ケン・片谷/CMAプロレスリング)

<プロフェッショナルバウトゾーン メインイベント“Mr.ナックルファイターズ”杉田拓也引退試合>
ナックルファイトバンタム級タイトルマッチ3×2R+E1
●杉田拓也(橋本PREBO) 
 2R終了時 判定0-3
○新井丈  
※新井が第2代ナックルファイトバンタム級王者に就く
        

<MMAエルガイツルール無差別級5×2R>  
●内田ノボル(翔拳道/初代新日本キックヘビー級)
 1R終了時 タオル投入
○中村崇一郎(空柔拳会館/空道関東大会3位)

<KINGDOM 対 TeamDATE 3対3対抗戦大将戦 エルガイツルールフェザー級5×2R>
○加藤惇(キングダムエルガイツ/第3代ZSTフェザー級王者)
 判定 エキストラポイント2-0
●小龍DATE(TeamDATE)
※これにより対抗戦は2-1でKINGDOM側の勝利

<中堅戦 エルガイツルールフバンタム級3×2R>  
○村上 誠(キングダム立川コロッセオ)
 判定 エキストラポイント1-0
●渦巻DATE(TeamDATE)
  

<先鋒戦 エルガイツルールストロー級3×2R>
●田中一輝(キングダム聖蹟桜ヶ丘)
 判定 エキストラポイント1-0
○孫悟空DATE(TeamDATE)  
    

<タイヤファイト80キロ級全国統一王座決定戦 タイヤファイト公式ルール3×1R>
○ムービー・スター
 45秒 タイヤアウト
●中川達彦

<アイドルユニット ミッドナイトライブ>

 また、アイドルユニット【ミッドナイト】の生歌も披露され(左 神丸莉子 右 葉月らな)たが、正直、知識もまるでなかったのだで添え物のオマケ程度と思っていたのに、葉月のキレキレのダンスには感心するしかなかった。

<レディースタイヤファイト(スーパーセーフ直用)46キロ級2×1R>
○井上弥生(橋本PREBO)
 判定3-0
● X(明らかに男である。しかもこの日●試合目の安藤信也のような気もするが許そう)

<タイヤファイト全国統一王座決定トーナメント第2試合 タイヤファイト公式戦3×1R>
○ムービー・スター(宝塾/ハイボルテージ)
 1R11秒 タイヤアウト
●KC(沖縄栄町道場)

<タイヤファイト全国統一王座決定トーナメント第1試合 タイヤファイト公式戦3×1R>
●トミー・リー(ハイボルテージ)
 1R16秒 タイヤアウト
○中川達彦(打撃武道 我円)

<タイヤファイト全国統一王座決定トーナメント スペアタイヤマッチ>
○佐藤健(キングダム立川コロッセオ/タイヤトライアウト60キロ級王者)
 1R23秒 タイヤアウト
●安藤信也(格闘技道場信)

<令和の虎出演問題児ボクサー菅野雄大チャレンジマッチ ナックルファイト90以下契約3分×2R>
○瀧川翎(RKS 顕修塾/MA日本クルーザー級王者、99年K-1 JAPAN3位)
 2R23秒 KO
●菅野雄大(RKS 顕修塾/K-1 JAPAN3位 MA日本クルーザー級王者)(NOV LINK)

 長身、巨漢の瀧川なので、体重差ありすぎカードにも思えるが、最後はセコンドがタオル投入だったものの菅野はなんとか禊を果たした格好なのか。

<ナックルファイターズバンタム級挑戦者決定試合3分×2R>     
○新井丈(キングダム立川コロッセオ)
 2R2分52秒KO
●浅海俊人(府中ムエタイクラブ)
※新井が王者挑戦権獲得

<キングダムネットワーク選手入場式>

<ボーナストラック(プロレスリング)開始時間不明 時間無制限1本勝負>
○サバイバル飛田(埼玉プロレス/当日セキュリティーバイト)
 液晶型テレビにパイルドライバ⇒3カウント
●超人NHKをぶっ壊す!
※試合終了後、サバイバル飛田に私人逮捕され手錠かけられ書類送検に
小道具はわざわざコンセントをひいて「受信できません」のメッセージこそ出た本物テレビを壊した。

【休憩中に開催】 
MMA有刺鉄線ボードマッチ無差別級時間無制限試合<リアルファイト>  
○白井カディオ (キングダム聖蹟桜ヶ丘/メジャーデビューバンドALIドラム)
 2分46秒 腕ひしぎ十字固め
●安藤深夜(格闘技道場信) 
  
 リングコーナーに有刺鉄線を引きつめたボードは立てかけてのMMAエルガイツルール。ガチンコ試合なのに有刺鉄線が出てくるというのも絵的に凄いんだが、この日の裏MVP安藤深夜の男気を買おう。対戦相手の白井カディオは黒人と日本人のハーフでドラマー。現在はメジャーデビューしているバンドALIのメンバーでもある。

<サテライトバウトゾーン MMAエルガイツルール61キロ契約3×2R>
●三浦直之(キングダム聖蹟桜ヶ丘)
 判定 エキストラポイント0-2
○佐野椋將(秋本道場ジャングルジャンクション/RIZINカンカカップ準優勝)

<異種格闘技戦(組み技リアルファイト) ブラジリアン柔術対レスリング グラップリングバウト5×1R>
●山田雄介(稲妻柔術アカデミー聖蹟桜ヶ丘/ブラジリアン柔術5年)
 3分42秒 サイドチョーク
○佐瀬洋昭(空柔拳会館/レスリング30年)
           
<キングダムエルガイツレジェンドマッチ エルガイツルールレベル3(ヒジ・頭突き・サッカーボールキック有り)時間無制限>
○木村プロ(wpy)
 1分23秒 ヒジで顔面破壊、大流血⇒TKO
●安藤信也(格闘技道場 信)
未だ現役だった木村プロ。いつもの一服から・・・
次の目標を聞かれて「UFC」と答えていた懲りない木村プロ。キングダムの「あきらめない」魂を継承!

<MMAエルガイツルール74キロ契約3×2R>  
●初見啓介 (キングダム立川コロッセオ)
 1分2秒  肩固め
○篠崎洸太(空柔拳会館)

<グラップリングマッチ5×1R> 
○オオモリンゴ(大森ナポリタンから改名/キングダム聖蹟桜ヶ丘/T-REX)
 3分24秒 腕ひしぎ十字固め
●マスクド・ミッド・ナイト(エンパイア)

<蹴拳闘―剣豪―六七計二回>    
○野口絋志(橋本PREBO) 
 1R24秒 KO
●飛鳥 了(翔拳道) 

【オープニンバウトゾーン】
<キングダムATOM(5年生)ルール2分×2R>
○リクト(キングダムATOM聖蹟桜ヶ丘) 
 判定2-0
●颯(戦―IKUSA-GIM)
 
<蹴拳闘―剣豪―五五計二回>   
●原 拓海(キングダム聖蹟桜ヶ丘)
 判定0-2 
○小川魁利(矢吹道場)

<U系柔術マッチ60以下契約5×1R> 
○川口 大貴(稲妻柔術アカデミー立川)
 3分27秒  腕ひしぎ十字固め
●松本 幸司(ねわざワールド品川)  

※ノーロープ、場外ありのガチンコ戦「超人イリエマンvs.ケン・片谷」など、大会の全容を網羅した詳細拡大版は金曜11日発売の週刊ファイト10月17日号に収録されました。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼19年ぶりの“里帰り”キングダムエルガイツ20th北沢タウンホール大会参戦!
 ケン・片谷『メシとワセダと時々プロレス』

ケン・片谷『メシとワセダと時々プロレス』64[ファイトクラブ]19年ぶりの“里帰り”キングダムエルガイツ20th北沢タウンホール大会参戦!

▼キングダムエルガイツ20周年記念大会が実践したお客さん満足興行

[ファイトクラブ]キングダムエルガイツ20周年記念大会が実践したお客さん満足興行

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
▼台風週末RIZIN大阪土曜、ONE両国日曜~アメプロからイリエマンまで
’19年10月17日号金曜SD初回 新日秋の陣 ぱんちゃん璃奈 キングダムエルガイツ WLC