NXTジョーダン・マイルズ(ACH)王座挑戦アダム・コール!UKリア・リプリーxパイパー・ニーヴン(バイパー)配信

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.


 NXT配信最新回は、いよいよ現地時間9月18日(水)にせまったUSAネットワークTV生中継を前にさまざまなアナウンスもされて見逃せない。「ブレイクアウト・トーナメント」優勝のジョーダン・マイルズは、もう13年のキャリアがあり、ACHのリングネームでROH、ノア、新日本プロレスにも参戦しているから”新鋭”扱いは不当なんだが、アダム・コールと凄い試合を魅せてくれるのはお約束だ。これが番組のメインだった。上記写真にせよ、グリップの握り方からして教科書試合が展開された。ACHのフロッグ・スプラッシュはいつ見ても鮮やかである。

アダム・コールとは、やはり新古典ということになる。サイズ的にはジュニア級でも決して飛んだりはせず大きく魅せる。

 番組はファッション・ポリスのブリザンゴ(タイラー・ブリーズ&ファンダンゴ)復活タッグから。制約だらけでレスリング本領が発揮できないRAWやSmackDownから、こちらに出戻って正解だったことになる。

 ヴェルべティーン・ドリームはコナ・リーブスを片付けた。9・18 USAネットワーク生中継ではアンディスピューティド・エラの4人では唯一、現時点でベルトを保有していないロデリック・ストロングとのNXT北米王座戦が発表されている。本誌が現場監督なら、生中継の出だしはアンディスピューティド・エラのお出ましからで、このカードを冒頭にしたいところだ。

 日本のユニバース向けに紫雷イオも出さないと・・・(笑)。まぁほんのちょこっとだけなんだが、今度はやたら暗いバックステージで、例によって竹刀でキャンディス・レラエを滅多打ちにすると。英語不安からプロモ収録を番組に使えない判断のようで仕方ないか。USAネットワーク初回大会は、そのイオ、ミア・イム、今回の放送回でも試合が流れたが、アスリートとしてパフォーマンス・センターでの体力測定会で皆を驚かせたビアンカ・ブレアーの3way戦も発表された。この勝者がシェイナ・ベイズラーの王座挑戦者となる。ビアンカは飛んできた対戦相手タヤナラ・コンティを一人で受け止めているんだから、怪力ぶりは確かなのだ。

 但し、来週配信解禁のNXTは、シェイナ・ベイズラーvs.リア・リプリー(デミ・ベネット)だから、恐らく実況ではノンタイトル戦扱いにするのだろうか。もっとも、女子戦線の今後の流れはUSAネットワーク中継開始後も準備万全ということになる。

◆NXT UK

 WWEネットワークで続けて始まるのはNXT UKである。なにしろあれだけもの凄い内容だった『テイクオーバー:カーディフ』だから、ようやくそのダークマッチが配信解禁、また、日本のユニバースにとっても馴染みのリア・リプリーvs.パイパー・ニーヴン(バイパー)だから見逃せない。


 WWE上では前回好評だったカードの再戦になり、ここではリプリーが借りを返して、またフロリダに乗り込むという番組間の連携であった。

 もう1つのカードは予定されたジャック・ギャラハーがドクターの許可が降りないということで、ジョニー・セイントGMのアシスタント役で番組には登場するが、もう試合はしてなかったスカラがカシアス・オーノの生贄にされた。

 来週はティーガン・ノックス(ニクソン・ニューウェル)が大怪我の長期欠場からようやく復帰する。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼PACケニー・オメガ他8・31 AEW『ALL OUT』シカゴ現地取材徹底特集

[ファイトクラブ]PACケニー・オメガ他8・31 AEW『ALL OUT』シカゴ現地取材徹底特集

▼8・31決戦総括!両英国会場熱狂、シカゴ初代王者、最高試合NXT UK

[ファイトクラブ]8・31決戦総括!両英国会場熱狂、シカゴ初代王者、最高試合NXT UK

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年09月12日号8・31決戦AEW新日WWE MASTERS達人 猪木元気 DeepJewels 新日キック