8・18『K.O CLIMAX 2019』出場の江幡塁・斗吾公開練習レポート

8.18『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』に出場する“伝統の継承者”江幡塁と“ダンディー・バサラ”斗吾の公開練習を、7月27日(土)伊原道場にて行った。

江幡塁

シャドーボクシング、ミット打ちを行って好調をアピールした江幡。そして伊原信一会長が持つミット打ちでは、高いKO率を誇る江幡だけにパンチ、蹴りと一発一発重みのある打撃を繰り出し、道場内に快音を響かせた。

公開練習後の囲み会見では、プロキャリア初となる1DAYトーナメント出場に向けて江幡は「トーナメント用に対策していることは特にはなく、一試合一試合で完璧なパフォーマンスが見せられるようなトレーニングをしています」という。1日2試合の過酷なトーナメントになるだけにケガをせず、体力温存で次に駒を進めたいところだけに「自ずと短期決着になると思います」とKO決着にも自信を見せる。

初戦で対戦する大野貴志(士道館新座ジム)については「試合は6月9日のREBELS(vsKING強介)で初めて見たのですが、それまでは知らない選手でした。好戦的なタイプ」といい、「小笠原(瑛作)選手もやったことのある選手なのでしっかり対策をします(2016年3月9日、小笠原が3RTKO勝ち)。早期決着をイメージして1Rからバチバチ打ち合って新日本キックの実力が見せられる試合を見せたい」と意気込みを語った。

トーナメント決勝戦についてでは「みんなが期待している小笠原選手と戦いたい」と小笠原との再戦を熱望。2018年6月8日KNOCK OUTでの初対戦時では、江幡が序盤は劣勢を強いられる中、3RKOで激戦を制した。「その後、彼も凄く練習していると思うので前回とは違った形で戦いを挑んでくると思います。僕も進化しているので試合が楽しみ。当然、僕がチャンピオンになっているイメージもすでに出来上がっています」と返り討ちに自信を見せる。

「小さい頃から会長と約束して“打倒ムエタイ”を目指していますが、KNOCK OUTに出てベルトを獲ってKNOCK OUTを盛り上げられるように、睦と共に江幡ツインズ、伊原道場の仲間と共に力を尽くしていきたい。KNOCK OUTに出ることでキックボクシングを盛り上げることが僕の役目だと思っています」と熱くキックに対する想いも語った。


斗吾

今大会に出場する同門の江幡塁と同様、シャドーボクシング、ミット打ちを披露した斗吾。「こういう形で自分の練習を見せるのは初めてなので緊張してしまった」という斗吾はシャドーで張り切り過ぎてしまったか、伊原信一会長から「そんなに見せるな!」とお叱りを受ける場面もあった。

KNOCK OUT初出場となる斗吾は「チャンスをいただいた山口(元気)会長、伊原会長に凄く感謝の気持ちがいっぱいです。その感謝の気持ちを試合で表現したいと思います」と感謝の意を述べる。

72.6kg契約で対戦するT-98については「戦績が凄くて、WPMF世界、ラジャダムナンスタジアムなどタイトルを何本も持っていて凄い選手。ずっと前に出て下がらないスタイルですし、スタミナもあって5Rフルに戦える選手」と評価しつつも「胸を借りるつもりはなく、正面からぶつかっていきたい。僕はずっとミドル級でやってきたのでパワーでは負けません。自分は5R戦った経験は少ないのですが、フルに戦える準備はしていきます。強い選手ですが、精一杯頑張ります」とT-98狩りに自信。

斗吾は高いKO率を誇る一方、T-98はKO負けが一度もないタフな選手だが「僕のベストパフォーマンスを出せれば、いい試合が出来ると思います。私生活からしっかり体調を整えて試合に臨みたい」と謙虚に意気込みを語る。

斗吾は2014年12月以降、連勝していたが、2018年9月に新日本キックのリングで対戦した元NKBミドル級王者・田村聖に2RKO負けを喫しており、「KNOCK OUT、新日本キック、どこのリングでもいいのでリベンジしたい。どうしてもやり返したいので試合を組んでいただきたいと思ってます。(田村に)リベンジするためにもT-98選手には負けられません」とT-98を倒し、田村へのリベンジ戦につなげたいとも話した。

また、5月のKNOCK OUT会見でT-98が自身の階級である70kg級でワンデートーナメント開催を熱望したことについては「僕は減量出来ないので70kg級のトーナメントには出られませんが、ぜひ73kg級トーナメントを開催してもらたい。団体も乱立していて交流戦も増えてきて、今のキック界は戦国時代だと思っています。ここで僕が負けたら周りからの評価が下がるので何としてでも戦国時代で生き残ります。他団体のチャンピオンをどんどん倒していって、新日本キックミドル級の斗吾が一番強い、伊原道場が最強だと証明していきたい」とした。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]新戦略発表記者会見で見えたKNOCK OUTの新たな風景

[ファイトクラブ]新戦略発表記者会見で見えたKNOCK OUTの新たな風景

▼[ファイトクラブ] AEW-WWE-G1大会衝突!格闘技ONE-Bellator-UFCマット界一網打尽KO

[ファイトクラブ] AEW-WWE-G1大会衝突!格闘技ONE-Bellator-UFCマット界一網打尽KO

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年07月18日号ダラス対決RAW-G1 ImpactW CMLL後任 RISE 土浦祭 スポルテック UFC

’19年07月25日号エクストリーム・ルールズ SEAdLINNNG Evolve AEW G1 ラウェイ決勝