乱入ブロック・レスナーがセス・ロリンズを嬲殺し!RAWリトルロック

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 米国側での新日本プロレスG1への注目やウィル・オスプレイの活躍に必要以上にTwitterで絡む”カンパニーマン”のセス・ロリンズは、”ロッカールーム・リーダー”と実況で強調される始末なんだが、『サマースラム』も迫ってきたなかで、発表されていたのは”レジェンド”ショーン・マイケルズに代名詞スイート・チン・ミュージックを見舞ったドルフ・ジグラーを成敗するマッチメイクなんだったが・・・。予告なかったブロック・レスナーがユニバーサル王座戦を前に徹底的にいたぶるという。セスは口から血を垂らすのだが、それは・・・(自粛)。

 週末にかけてのWWEニュースとしては、ジミー・ウソーがスピード違反&飲酒運転で逮捕されたことか。まぁ$1000の保釈金でシャバから出て来てはいるんだが、飲酒運転というのは個人の問題であってWWEとは関係ないということなのか、何事もなかったかのように3 wayでのRAWタッグ王座戦に出て来て、ちなみに新王者はアンギャロ(カール・アンダーソン&ルーク・ギャロウェイ)となり職人組リバイバルは陥落と。これで『サマースラム』前にはUS王者AJスタイルズと合わせてOG(オリジナルクラブ)の全員がベルトを巻くことになった。

 番組のトリも、事前にSNS予告されていたのはサモア・ジョーとローマン・レインズの「サモア人サミット」と煽られていたのだが、なにをやるのかと考えていたらなんのことはない、邦題『ワイルド・スピード』シリーズの新作にロック様ドゥエイン・ジョンソンとサモア・ファミリーで出演することになったレインズと、同胞ウソーズが映画紹介をやる番組内CM+予告編からの最後のセグメントである。よって、トークでの対峙でもなければまともな試合でもない。そのウソーズも、新タッグ王者アンギャロも加わって、またもサモア・ジョーがやられ役という・・・。いいのか?

 番組冒頭は24/7王座から。ちゃんとしたリングで、ランバージャック形式で大勢がリングサイドを取り囲む中、(実人生でも新婚の)『第1回メイ・ヤング・クラシック』にも出ていた黒人女子選手ルネ・ミッシェルもコスチューム&タイツ姿で試合をやらせてもらえるドレイク・マーベリック(TNAロックスター・スパッド)なんだが・・・。お約束で再びRトルゥースに戻ったと思ったのもつかの間、その大勢の中にいたマイケル・ケネリスが丸め込んでベルトとともに舞台裏に消えると。しかし、腹に詰め物を入れたマリア・ケネリスが夫に寝ろと命じてハイヒールで踏んで3カウントに。これで妊娠中の女性が王者だから、誰も手を出せないという、ECWポール・ヘイマンの昔のスキッド展開が続くと。しかし、これで視聴率上がるのだろうか。

 ちなみにハウスショー不振でグッズ売上減少のWWEは、「サイバーマンディー」ということで最大75% offのTシャツ類をダンピング販売なのであった。

■ WWE RAW
日時:7月29日(現地時間)
会場:アーカンソー州ノースリトルロック ベライゾン・アリーナ

◆ガントレット戦制したリコシェとAJスタイルズのUS王座戦が決定!

 “ハイフライヤー”リコシェがガントレット戦を制してPPV「サマースラム」でAJスタイルズとのUS王座戦が決定した。US王座挑戦権をかけてセザーロ、レイ・ミステリオ、サミ・ゼイン、アンドラデ、リコシェの5人がガントレット戦で激突。レイ・ミステリオはアンドラデにマスクはがされ坊主頭も露出してたんだが、最後に登場してアンドラデと対戦したリコシェがリバースDDTをアンドラデに叩き込むと、コーナー上での攻防を制して630°スプラッシュを炸裂。見事、アンドラデから3カウントを奪ってUS王座挑戦権を獲得したリコシェは「みんな目に見えるものを信じる。だからもう一度US王座を奪取してみんなに信じてもらう」と決定した王座戦へ向けて意気込みをコメント。これをバックステージで観ていたAJスタイルズは嘲笑ってリコシェを馬鹿にした。

◆王者レスナーがロリンズを襲撃して残忍なF5葬
HBKの入場曲と衣装で出てきたジグラーだが・・・

 ユニバーサル王者ブロック・レスナーが試合途中のセス・ロリンズを襲撃して病院送りにした。PPV「サマースラム」でユニバーサル王座に挑戦するロリンズがドルフ・ジグラーと対戦すると、両者は白熱の攻防を展開。ジグラーがロリンズをポストに叩き付けて必殺のジグザグを放てば、辛うじてカウント2で逃れたロリンズがジグラーにスーパーキックを見舞ってカーブ・ストンプを狙った。しかし、ロリンズがチャンスを迎えたところで突然王者ブロック・レスナーと代理人ポール・ヘイマンが姿を現すと、レスナーはロリンズを捕まえてジャーマン・スープレックス2発。さらにレスナーは場外でバリケードやポストにロリンズを叩き付けると、持ち出したパイプ椅子上にF5を3連発。この残忍な襲撃にさすがのヘイマンも危険と判断してレスナーに攻撃を止めるよう懇願すると、レスナーは担架で運ばれるロリンズを嘲笑って一旦はバックステージに戻っていった。
 しかし、再び現れたレスナーはロリンズが乗った救急車を止めてロリンズを引きずり出すと、冷酷にも再びF5でロリンズを担架上に叩き付けて止めを刺した。

◆PPVを前にナタリアがベッキーを襲撃してシャープ・シューター!

 RAW女子王者ベッキー・リンチがアレクサ・ブリスと激突した。ベッキーが序盤からアレクサを投げ飛ばしてディスアーマーを狙えば、アレクサはニッキー・クロスがレフェリーの死角でベッキーを攻撃すると、ドロップキックでベッキーを場外へ蹴り飛ばした。しかし、ベッキーがクローズライン2発からベクスプロイダーで攻め込むと、アレクサは右足を負傷したと急に泣き崩れてしまう。すると、今度は親友アレクサの怪我で感情的になったニッキーがベッキーに挑戦するも、ベッキーはマンハンドルスラムでニッキーをマットに叩き付けて2連勝を飾った。
 しかし、試合後には怪我をしたはずのアレクサが背後からベッキーに襲い掛かると、PPV「サマースラム」でRAW女子王座挑戦が決定しているナタリアも姿を現し、倒れ込んだベッキーにシャープ・シューターを決めて痛めつけた。トロント決戦はサブミッション・マッチになるらしい。

 因縁が激化するベッキー対ナタリアのRAW女子王座戦、リコシェとAJスタイルズのUS王座戦、レスナー対ロリンズのユニバーサル王座戦が行なわれる真夏の祭典PPV「サマースラム」は日本時間8月12日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼G1序盤とオスプレイWWEスーパースター抗争!AEW毎週水曜TNT

[ファイトクラブ]G1序盤とオスプレイWWEスーパースター抗争!AEW毎週水曜TNT

▼追悼ハーリー・レイス-G1折り返し展望-サマースラム不安-ONEマニラ

[ファイトクラブ]追悼ハーリー・レイス-G1折り返し展望-サマースラム不安-ONEマニラ

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年08月08日号レイス追悼 G1愛知 RIZIN RISE ラウェイ日本 世志琥 AEW ムエローク