“世界ヘビー級王者”関本大介吠える! 6・20後楽園初代タイガーマスク 佐山サトル『ストロングスタイルプロレスVol.2』まもなくゴング!

 いよいよ間もなくに迫ってきた6・20後楽園『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.2“』。
 セミファイナルで“グラップラー世界一”タカ・クノウと注目の一騎打ちを控える世界ヘビー級王者”関本大介のインタビューが到着した。

――リアルジャパン6・20後楽園ホール大会で、関本大介選手はタカ・クノウ選手と対戦します。このカードが決定して、いかがですか。
関本大介「そうですね。タカ・クノウ選手とは何度かタッグマッチでは対戦もしているんですけども、自分の知識としては、いろんな格闘技とか体術というんですかね、そういったものを極めたグラップラーという認識です」

――絡んだのはリアルジャパンのリングのみですが、近いところでは2017年9月14日の後楽園で関本大介&LEONA組vs.タカ・クノウ&間下隼人組のタッグマッチがおこなわれ、関本選手が間下選手をアルゼンチンバックブリーカーで破っています。その試合も含め、クノウ選手と闘ったときの印象は?
関本大介「試合はあまり憶えていないんですけど、クノウ選手のグラウンドテクニックで翻弄されたことだけは憶えています(苦笑)」

――6・20後楽園は、初めての一騎打ちとなりますが。
関本大介「そうですね。まあ正直、逃げ場がないというか、うまくグラウンドに引き込まれないように、関本大介のプロレスがタカ・クノウにどれだけ通用するのか、ある意味ボクのなかではチャレンジのつもりで向かっていきたいなと思っています」

――関本選手にとって、クノウ選手はやりにくいタイプになりますか。
関本大介「ボク、実はタカ・クノウさんみたいなプロレスをする選手が好きなんですよ」

――意外といえば意外ですね。
関本大介「見ていて勉強になるというか、おもしろいんですよね。ひとつの関節の取り方をとっても、こういう取り方があるんだとか、試合を見てひじょうに勉強になる選手だなと思ってます」

――関本選手といったら純プロレスラーじゃないですか。ザ・プロレス、という感じで。
関本大介「18歳からプロレスしかやってませんから(笑)。18歳から20年間、プロレス漬けの毎日だったんで。プロレスしかやってないので、プロレスしか知りません(笑)。それがまあ、ボクのなかではタカ・クノウという、あらゆる格闘技に精通した人間にどこまでできるのかというのが自分としては挑戦なんですね。ベルトもなにも懸っていないですけど、挑戦の気持ちです」

――タカ・クノウ選手のようなタイプの選手とシングルで闘うのは珍しいですよね
関本大介「船木(誠勝)さんとはやってます。でも船木さんはもともとプロレスから始まった人ですからね、クノウ選手とはちょっと違う。船木さんはプロレスからUWF、パンクラスというものを創りだした。ヒクソン(・グレイシー)とも闘った男ですから。そういう人間とやれたというのはボクにとってすごい財産なんですね」

――クノウ選手は格闘技の世界からプロレスのリングにも上がるということで、こんどは入口が違う選手ということになりますね。
関本大介「そうですね。船木さんとは入口が違う。柔術家であり、あと肉体を鍛えるということにも精通されている方ですよね。あらゆるものを知っている人間とプロレスしか知らない人間が闘う。関節にどういう力を加えたら壊れるかというのを熟知していると思っているので、確かに恐い気持ちはありますが、それよりも自分が20年間やってきたプロレスがどこまで通用するのか、そっちの方でワクワクしてますね」

――関本選手は挑戦とおっしゃいましたが、クノウ選手にとっても重要な試合だと思います。関本選手がクノウ選手の技術を引き出すのか、それとも潰すのか、どういう姿勢で臨みますか。
関本大介「どうでしょうね。ボクはそういう姿勢というか、そういうことを考えられる人間ではないので、ボクはボクのプロレスでおもいっきりぶちかましたいですね。タカ・クノウさん、すべて受け止めてくださいよという気持ちです」

――そう考えると単純にテクニック対パワーの闘いになるのかなと。
関本大介「いや、ボクからしたら本当にタカ・クノウさんというのは全知全能の神のようなイメージなんですよ」

――道を極めた人、みたいな?
関本大介「そうですね。道を極めた人。自分のなかでは本当にリスペクトの念しかないような選手なので、個人的な闘いだと思っています。個人的な気持ちで闘いに臨みたいなと思いますね。リアルジャパンさんには申し訳ないですけど、個人としてのこの気持ちが、かなりたかぶってます」

――ホームリングの大日本などでは実現しないようなカードですからね。
関本大介「実現しないですね、絶対しないです(笑)。だから今回、このカードが実現して嬉しいですね」

――そのクノウ選手からコメントが来ているので、お知らせします。「今回は大日本のトップ選手との対戦の機会をいただき、佐山総監に心から感謝しております。私もグラップリング王者の誇りを持って全力で臨みます。相手が相手なので、関節を遠慮なく極めていきたいですね」とのことですが。
関本大介「おーっ! おーっ! 恐いなあ…。これはちょっと、ちょっと、あれっすね、いまからとりあえず鍛えられるだけ身体を鍛えて、うん、力で関節を極めさせないようにしないと」

――いままでのトレーニングとはまた別のものになりそうですか。
関本大介「そうですね、ハイ。実はまあ、ちょっと先月(4月)くらいから、石川雄規さんにコーチをお願いして、ちょっとグラップリングを教えてもらってるんですよ」

――対策をすでに練っているわけですか。
関本大介「というか、これはカードが決まる前からボクが教えてもらいたいなと思ってて石川雄規さんにお願いしていたんです」

――このカードが決まってちょうどいいタイミングになったわけですね。
関本大介「ハイ、そうですね。なんかもう、とにかく関節を極められないように、そして最終的にはつかんで、ぶん投げる!」

――ジャーマンでぶっこ抜く?
関本大介「ハイ。そういう、もうイメージしかないです、ボクには」

――もうイメージができていると。逆に、イメージ以外のものでこられたら恐いですね。
関本大介「そうですねえ…。そうですね。ちょっと関節技をこれからさらに研究して、なんとか勝ちたいと思います」

――大日本のストロングヘビー級王座こそ明け渡してしまいましたが、関本選手は現在、ZERO1の世界ヘビー級王者ですよね。ZERO1の6・22新木場で大谷晋二郎選手を相手に防衛戦をおこないます。そのタイトルマッチ2日前にリアルジャパン参戦でタカ・クノウ選手と闘うわけですが。
関本大介「はい、タイトルマッチが2日後ですね」

――世界ヘビー級王者としてリアルジャパンに参戦することになりますが、リアルジャパンのレジェンド王座をかつて関本選手も保持していました。関本選手がレジェンド王座を失ってから3年になります。レジェンド王座についてはどうですか。
関本大介「やっぱり、興味ありますよ。狙えるものは狙っていきたいし。いま王者はスーパー・タイガー選手ですか。ひじょうに打撃が鋭い選手ですけども、狙えたらいいなと思っていますよ」

――“原点回帰プロレス”がおこなわれていたこともあり、最近レジェンド王座戦がおこなわれていないのですが、関本選手もタカ・クノウ戦の結果しだいでは挑戦に名乗りを挙げてもいいのではないかと思います。
関本大介「ハイ、今回の試合がどうなるかわかりませんが、とにかくなんとかね、勝利してそこにつなげられたらいいなと思っています」

――ベルトを取ったり取られたりした船木選手との再戦にも期待がかかりますが。
関本大介「そうですね、ハイ。船木さんとも、またやってみたいですね。3年前ですかね。ということは3年間闘っていないということでもありますね。ベルトを取られてからは一度も肌を合わせていないと思うので。ここのところずっと当たっていないので、船木さんとまた闘えるようになりたいです。それもまた、楽しみですね。6月20日の後楽園では、なんとか大日本プロレスの関本大介というものを、リアルジャパンマットでも創りあげる一歩になればいいなと思ってます」


 大日本プロレスのストロング路線を牽引し、ZERO1の世界ヘビー級王者でもある関本と、グラップリング世界一のクノウがシングルで闘ったら、いったいどんな試合になるのだろうか。その夢が6・20後楽園で現実のものとなる。
 両者は過去、3度ほどリアルジャパンマットで絡んでいる。2014年7・2後楽園では6人タッグでチームを組んだ(藤波辰爾&長州力&スーパー・タイガー組vs高岩竜一&タカ・クノウ&関本大介組)。15年9・18後楽園では石川雄規&アレクサンダー大塚&タカ・クノウ組vs高岩竜一&関本大介&長谷川秀彦の6人タッグで初対戦。さらに17年9・14後楽園のセミファイナルで関本大介&LEONA組がタカ・クノウ&間下隼人組と対戦している。関本とクノウの間で決着が付いたことはなく、それほど長い時間絡んだわけでもない。よって今度が正真正銘、逃げ場のないタイマン対決。試合は関本のパワーとクノウのテクニックという図式になるのだろうが、闘いはやってみなければ何が起こるかわからない。
 関本はリアルジャパンマットでもレジェンド王座のベルトを巻いた。一方のクノウは2度の挑戦経験があるが、プロレスではまだベルトに到達していない。この試合の内容結果いかんでは、今後のレジェンド王座戦線に絡んでくる可能性もあるだろう。関本のジャーマン、アルゼンチンバックブリーカーが爆発するか、それともクノウのサブミッションがプロレス界屈指のパワーファイターからタップを奪うのか。大注目の一騎打ちが、ついに実現する。
(取材・文:新井 宏)

◎『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.2』6・20(木)後楽園ホール決戦の見どころ!
“猪木イズム最後の伝承者”藤田和之が初代タイガーマスクのリングに来襲! 迎え撃つはリアルのエース、スーパー・タイガー&船木誠勝。関本大介がグラップリング世界一 タカ・クノウと大注目の一騎打ち!

 リアルジャパンプロレスが6月20日(木)、東京・後楽園ホールにて『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.2』を開催。メインでは、「猪木イズム最後の伝承者」と言われる藤田和之がついにリアルジャパンプロレス初参戦を果たす。藤田はケンドー・カシンとのタッグでスーパー・タイガー&船木誠勝組と対戦、いきなりリアルジャパンのエースとぶつかることとなった。ほか、関本大介vsタカ・クノウという異次元の一騎打ちなど、魅力的なカードがそろった今大会。その見どころに迫ってみた。

 大会は、倉島信行vs将軍岡本の一騎打ちで幕を開ける。ドラディションの倉島はオープニングマッチに強いこだわりを持つ“ミスター第1試合”で、参戦時にはリアルジャパンの門番的役割も担っている。
 最初の試合が大会成否の方向性を決める、その役割をわかっているからこそ、頑丈な肉体を持つ倉島はこのポジションに深い愛着と責任感を持っているのだ。ストロングスタイルを標榜するリアルジャパンにとって、このような選手の存在は貴重。そこに今回、殴り込みをかけるのが岡本だ。岡本はZERO-1のヒールユニット、ブードゥー・マーダーズの一員として暴れているが、この試合においては個人としての勝負になるだろう。岡本は
「第1試合で倉島だと? テメエらオレをナメてんだろ。すぐに終わらせてやるよ。倉島の無様な姿を拝ませてやる! 」
と豪語しているが、それをストップさせることが門番の役割。今大会の方向性を定めるのは、倉島か、それとも岡本か!?

 第2試合で雷神矢口と山本SANの大型タッグが誕生。ゴールデン・ロッカーズというチーム名も決まり、結成第一戦の相手として、南野たけし&那須晃太郎組と肌を合わせる。
 矢口と山本SANは今大会が初のタッグ結成だが、実戦をおこなう前からすでに意気投合。それもそのはず、この2人は実に共通点が多く、これまでほとんど接点がなかったのが不思議なくらいなのである。まずは格闘技のバックボーンを持つ大型レスラーという共通点。また、矢口が浅草プロレス、山本SANがCOMBOという団体を主宰する者同士。さらに金髪で、ともにミュージシャンというプロレスとは直接関係ないところでもつながっている。この試合がリアルジャパンの勢力図はもちろん、2人のプロレス人生に大きな影響を与える可能性もありそうだ。そのためにも、まずは相手チームを圧倒することが求められてくるだろう。ゴールデン・ロッカーズにはインパクト大の勝利を期待したい。
 とはいえ、相手の南野&那須にもこの試合は大きな意味を持つ。山本SANが2年ぶりのリアルジャパン参戦なら、南野と那須も久しぶりの登場だ。南野は両ヒザの手術後日本を離れ、アメリカに戦場を求めた。ここ数年の成果をストロングスタイルのリングで披露するチャンスを得たのである。那須も約3年ぶりのリアルジャパン登場で、ランズエンド所属としてのお披露目でもある。両者ともに生まれ変わった姿をどこまでアピールできるのか。ビジュアル的にはゴールデン・ロッカーズに移りがちな視線をどこまで自分たちに引き寄せられるかも注目ポイント。今後、タッグ戦線に火が付くかどうかも、この試合に懸かっている。

 第3試合はロッキー川村vs.間下隼人のシングルマッチ。
 このカードは間下の直訴から今大会で実現することになったという。というのも、両者による一騎打ちは5年ほど前にハードヒットのリングで組まれ、間下が川村に秒殺負けを喫したのだ。しかも間下は顔面を砕かれ、そのときの恨みを忘れていない。間下は
「元々歪んでいた性格に顔まで歪んでしまったこの恨み、晴らさずにおくべきか! 」
と息巻いている。間下のコメントに対し川村は
「飢えた虎の眼をしていた、あの眼を取り戻せ。そのためにも初心に還れ。虎の眼、EYE OF THE TIGERだ! 」
とある意味余裕の返答。間下が一矢報いるか、それとも川村が返り討ちにしてみせるのか。いずれにしても、一瞬たりとも目が離せない、危険な闘いが待っていることは間違いない。

 第4試合は、アレクサンダー大塚&崔領二組vs.竹田誠志&岩崎孝樹組というタッグマッチ。
 PRIDEでの実績もあるアレクは、旗揚げ以来頻繁にリアルジャパンに参戦しているプロレス&格闘技の強豪だ。今回は崔との大型コンビでの登場となる。レギュラーに近い存在のアレクだが、このところ目立った活躍は見せられていない。それだけに、ジェラルド・ゴルドーから学びランズエンドを率いる崔とのタッグで何か新しいものが生まれるのではないかとの期待がかかる。
 対戦相手の竹田誠志はリアルジャパン初参戦で、ストロングスタイルとは対極に位置するデスマッチの第一人者。大日本プロレス、FREEDOMSでデスマッチチャンピオンに輝き、デンジャラス極まりないスペクタクルファイトで圧倒的存在感を見せつけてきた。その一方で、彼は総合格闘技のバックボーンも備えている。レスリングを始めたのもデスマッチファイターになるためだった。その過程でアマレスの国体に出場し、U-FILE CAMPに入門。格闘技の経験が異色のデスマッチファイターを生み出したと言っていいだろう。パートナーの岩崎孝樹は昨年の“原点回帰プロレス”シリーズに参戦し、大抜擢のタイトルマッチでメキシコのレイ・アンヘルに勝利、UWAアジアパシフィックヘビー級王座をかっさらってみせたラッキーボーイだ。岩崎ももとはと言えば、元UWFインターナショナル 山本喧一主宰ジム出身という格闘技畑の選手。格闘技がバックボーンの4人がそろったタッグマッチは初参戦の竹田を筆頭に、すべての顔合わせが刺激に満ちている。

 そして今大会メインに、大注目のカードが組まれた。“猪木イズム最後の継承者”と言われる“野獣”藤田和之がリアルジャパンマット初上陸。ケンドー・カシンとのはぐれIGFインターナショナルコンビでスーパー・タイガー&船木誠勝組と激突するタッグマッチだ。
 4人とも総合格闘技のバックボーンがある選手だが、クセモノのカシンがいるだけにどんな闘いになるのかまったく予想がつかない。ここ数年の藤田はカシンとのチームが多く、“邪道”大仁田厚との禁断の遭遇も実現させている。大仁田と言えば、リアルジャパンマットで初代タイガーマスクとの因縁も深い。藤田は17年11・16東方英雄伝におけるタッグマッチで船木と初対戦。船木には18年6・3全日本の神戸で藤田に乱入され33周年記念試合をぶち壊された遺恨がある。巡り巡ってたどり着くリアルのリングで藤田はいったいどんなファイトを見せるのか。
 船木とともに藤田&カシンを迎え撃つのはリアルジャパンのスーパー・タイガーである。スーパーは言わずと知れた初代タイガーの愛弟子でリアルジャパンのエース。現レジェンドチャンピオンシップ王者でもある。船木は初代タイガーに憧れてプロレスラーとなりパンクラスを旗揚げ、ヒクソン・グレイシー戦に代表されるように総合格闘技にも進出した。プロレスラーとしてデビュー後海外に渡り、格闘技からプロレスにカムバックした経歴は不思議なほど佐山サトルと似通っており、フリーながらも初代タイガー欠場のリアルジャパンを守ると宣言したことも頷ける。その言葉通り、船木にはレジェンド王座戦線を盛り上げてきた功績もある。だからこそ、スーパーと船木はリアルジャパンのツートップと言えるのだ。よって、リアルジャパンは最高の布陣で最強の外敵、藤田&カシンを迎え撃つこととなる。が、ここでリアル・サイドが敗れてしまったら…。試合後、いったいどんな風景が待っているのか。
 カシンはすでにはぐれIGFが挑戦するシングルでのタイトルマッチ実現を要求しているが、ネクストはあるのか、それとも…。迎え撃つスーパーは「令和元年、ここから新たなストロングスタイルが始まる」と決意を新たにしているものの、果たしてリアルジャパンが掲げるストロングスタイルの闘いになるのだろうか、すべては藤田とカシンの出方次第。大会前から気になって仕方がない、こんどのリアルジャパン6・20後楽園大会。絶対に見逃せない!  
(新井 宏)

■ ストロングスタイルプロレス実行委員会 初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.2
日時:6月20日(木) 開場17:30 開始18:30 
会場:東京・後楽園ホール

<第6試合 メインイベント タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパンプロレス/第13代レジェンド王者) 船木誠勝(フリー)
 vs.
藤田和之(はぐれIGFインターナショナル) ケンドー・カシン(はぐれIGFインターナショナル)
※藤田和之はリアルジャパンプロレス初参戦。カシンは、2017年04月27日(木)後楽園大会以来約2年振りの参戦。

<第5試合 セミファイナル シングルマッチ 45分1本勝負>
関本大介(大日本プロレス)
 vs.
タカ・クノウ(チーム太田章)

※過去の両者の対戦は、2017年09月14日(木)後楽園ホール大会でタッグマッチで実現。関本が、タカ・クノウのパートナー、間下隼人をカダ式背骨折りで下している
タカ・クノウ(チーム太田章) ●間下隼人(リアルジャパン)
 13分28秒 カナダ式背骨折り 
〇関本大介(大日本プロレス) LEONA(ドラディション)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
アレクサンダー大塚(AO/DC) 崔領二(ランズエンドプロレスリング)
 vs.
竹田誠志(フリー) 岩崎孝樹(ガンバレ☆プロレス/UWAアジアパシフィック王者)
※竹田誠志はリアルジャパンプロレス初参戦

<第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
ロッキー川村 (パンクラスイズム横浜)
 vs.
間下隼人(リアルジャパンプロレス)
※ロッキー川村は元ミドル級キング・オブ・パンクラシスト。元ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシストの実力者

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
〝ゴールデン・ロッカーズ”雷神矢口(浅草プロレス) 山本SAN(COMBO)
 vs.
南野タケシ(フリー) 那須晃太郎(ランズエンドプロレスリング)
※雷神矢口と山本SANが新ユニット『ゴールデン・ロッカーズ』を結成! (金髪&ロックバンドが共通点)
※山本SANは約3年振り、南野タケシは約4年振り、那須晃太郎は約3年振りのリアルジャパンプロレス参戦となる

<第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)
 vs.
将軍岡本(ブードゥー・マーダーズ)

※負傷など、やむを得ない事情により出場選手は変更の可能性あり

主催:ストロングスタイルプロレス実行委員会
問合せ :ユーレカ事務局 03(3833)3662
■席種・料金:VIP席(特典付):12,000円/RS席:8.000円 /A席:6.000円
B席5.000円/トライアルシート:3,000円
■チケット販売所:
e+(イープラス):https://eplus.jp/tiger/(パソコン&スマートフォン)、
ファミリーマート店内Famiポート、ぴあ、ローソン、後楽園ホール他。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ストロングスタイルプロレスの現状と今後への提言

[ファイトクラブ]ストロングスタイルプロレスの現状と今後への提言

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年07月04日号WWEヤバッ AEW/新日 長州/猪木引退 リアルジャパン 闇営業/逃亡者