おっこんdeプロレス~第34戦~光珠が一瞬の隙を突き、峰雄からピン

■おっこんdeプロレス
~第34戦~
日時:5月27日(月)
会場:水道橋・広島お好み焼き おっこん
観衆:35人(超満員札止め)

<シングルマッチ 15分1本勝負>
藤田峰雄 vs. 竹田光珠
○藤田(13分01秒 逆エビ固め)光珠●

じっくりとしたレスリングの攻防を繰り広げる二人だったが、5分過ぎに試合が動き出す。
光珠が突然、「こんな試合を見に来たんですか!?藤田峰雄vs竹田光珠!こんな試合を見に来たんですか!?」と絶叫。
文字にするのを憚られるような試合展開に。
最後は光珠の股間をガッチリホールドしながらの逆エビ固めで峰雄がギブアップ勝ちを収めた。

<ナイスカップルマッチ 20分1本勝負>
竹田誠志、ライディーン鋼 vs. 大谷譲二、泰里
▲誠志組(8分23秒 無効試合 ※収拾付かず)大谷組●

両チームがカップルの体でふるまうタッグマッチ。
大谷組は今時のカップルのような会話で対戦相手の入場を待つ。
竹田と鋼が入場しナイスカップルな会話を繰り広げたら、なんと誠志が彼女の様子。
わかりやすい男女のいざこざから大谷が激昂し試合は無効試合に。
「まだ控室に男子が居るだろ?男vs女の6人タッグにするぞ!」と、急遽6人タッグマッチが行われた。

<特別試合 男と女の6人タッグマッチ 時間無制限1本勝負>
<男チーム>ライディーン鋼、竹田光珠、大谷譲二
 vs.
<女チーム>藤田峰雄、竹田誠志、泰里
●藤田(3分28秒 ウラカン・ラナ)光珠○

性別がイマイチ違うような気がしないでもない組み合わせだったが、
光珠が一瞬の隙を突き、峰雄からピン。

大会は久々に光珠が締めた。

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]イケメンの居ないWRESTLE-1の風景

[ファイトクラブ]イケメンの居ないWRESTLE-1の風景

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年06月06日号AEW旗揚げ 新日板挟み WWE苦悩 SEAdLINNNG外様王者 パンクラス足踏