テクニコ軍がロス軍退治に成功!CMLLアレナメヒコ金曜定期戦

(C)CMLL

 5月3日(現地時間)にメキシコ・アレナメヒコで『アレナメヒコ金曜定期戦』が開催された。
 CMLLの活動中心はメキシコシティでアレナ・メヒコでの定期興行が有名である。かつてはEMLL(Empresa Mexicana de la Lucha Libre)と呼ばれていた。今日現存するプロレス団体において世界最古の歴史を持つことが特徴である。1931年、サルバトール・ルテロ・ゴンザレスがアメリカとメキシコの国境にあるエルパソでプロレス興行を見たことからメキシコでのプロレス興行を企画してメキシコシティの廃墟同然のボクシング会場「アレナ・モデロ」と賃貸契約を結び会場を修復して会場名を「アレナ・メヒコ」に変更。1933年、EMLLとして設立。9月21日、アレナ・メヒコにて興行が開催されたのが団体の興りである。
 今大会のメインはカリスティコ、ボラドールJr.、エル・バリエンテのテクニコ軍が、ロス・インゴベルナブレスと対戦。特にボラドールJr.とルーシュはライバル意識が強く激しくやり合う。そしてリングで二人だけになった時、ボラドールJr.はバッククラッカーでルーシュからフォール勝ち。直接フォールを奪われたルーシュは悔しさをあらわにした。しかし二本目はロス軍が猛攻で奪い返し、試合は三本目に突入。三対一になってテクニコ軍を痛めつけるロス軍だが、場外でボラドールJr.とルーシュが揉めている間に、リング上でバリアンテがリングをフォール、続いてカリスティコがテリブレにミスティカを極めテクニコ軍が勝利。今回はテクニコ軍がロス軍に完勝した形になった。
 セミファイナルは元祖ダイナマイト兄弟のマスカラ・アニョ・ドスミルが甥っ子の新生ダイナマイト兄弟サンソン、クアトレロを従えてウルティモ・ゲレーロ率いるロス・ゲレーロス・ラグネロスと対戦。ルードの名ユニット同士の対決は、ドスミルの老獪な戦略で三対一の形を作ってゲレーロスを攻め続け、まずはダイナマイト一族が先取。しかしゲレーロスも反撃し、なんとリング上でゲレーロがドスミルをジャベで仕留め、直接対決で勝利を奪った。そして三本目、再びリング上でゲレーロとドスミルが一対一になりゲレーロがフォールを奪おうとした時、新生ダイナマイト兄弟がレフェリーのフォールを妨害。その隙にドスミルはゲレーロに反則のローブローを決めたのだった。そしてレフェリーが見逃したのを良い事に堂々とドスミルがフォール勝ちしてしまった。苦悶の表情のゲレーロは怒りのマイクアピールで、ドスミルに究極の決着戦、カベジェラ戦(敗者、髪切りマッチ)をやろうとアピール。ダイナマイト一族はゲレーロスに襲いかかりマスクも剥ぎ取り大乱闘になったが、ルードの大物同士の髪切りマッチ実現の可能性が出てきた。

■ CMLL アレナメヒコ金曜定期戦
日時:2019年5月3日(現地時間)
会場:メキシコ・アレナメヒ

<6人タッグマッチ>
○カリスティコ、ボラドールJr.、エル・バリエンテ
 2-1
●ルーシュ、エル・テリブレ、ベスティア・デル・リング

<6人タッグマッチ>
○マスカラ・アニョ・ドスミル、サンソン、クアトレロ
 2-1
●ウルティモ・ゲレーロ、エウフォリア、グラン・ゲレーロ

<タッグマッチ>
○アンヘル・デ・オロ、ニエブラ・ロハ
 2-1
●ダム・ブルックス、メカ・ウルフ

<シングルマッチ>
○ソベラノJr.
 ピンフォール
●メフィスト



※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼平成プロレス日米逆転劇-レジェンド集結拡大版-WWE不穏-さくらえみ騒動

[ファイトクラブ]平成プロレス日米逆転劇-レジェンド集結拡大版-WWE不穏-さくらえみ騒動

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年05月09日号令和元年 WWE ドラディション アクトレスガールズ KnockOut 浅草橋