佐藤天がオクタゴンデビュー戦でKO勝利!メインイベントではハーマンソンがソウザを撃破!UFCファイトナイト・フロリダ


Jeff Bottari/Zuffa LLC/UFC

 総合格闘技団体UFC(Ultimate Fighting Championship)は日本時間2019年4月28日(日)にアメリカ・フロリダ州サンライズにあるBB&Tセンターにて”UFCファイトナイト・フロリダ”を開催した。
 メインイベントではジャカレ・ソウザとジャック・ハーマンソンのミドル級マッチが行われ、序盤からリズムを作ったハーマンソンがソウザにペースを握られることなく優位を保ち、フルラウンドの末にユナニマス判定勝ちを収めている。


 また、オクタゴンデビュー戦を迎えた佐藤天は経験豊富な猛者ベン・サンダースと拳を合わせ、第1ラウンドこそ相手の様子を見ながら慎重に攻める姿勢を貫くも、第2ラウンドは相手のアゴに強打を見舞い、ダウンさせた後も攻撃の手を緩めることなく鋭いエルボーで追撃、レフェリーストップによるTKO勝利で鮮烈デビューを果たした。

 次回、UFCはフロリダから北上し、カナダ・オンタリオ州オタワのカナディアン・タイヤ・センターを舞台に、日本時間5月5日(日)にUFCファイトナイト・オタワを開催する。メインイベントではライト級ランキング4位につけるアル・アイアキンタと同8位の”カウボーイ”ことドナルド・セラーニが対戦し、デレク・ブランソン対エリアス・セオドルのミドル級マッチやカブ・スワンソン対シェーン・ブルゴスのフェザー級マッチなど注目のカードが多数組まれている。

■ UFCファイトナイト・フロリダ
日時:現地時間2019年4月27日(土)、日本時間28日(日)
会場:アメリカ合衆国フロリダ州サンライズ BB&Tセンター

【メインイベント】
<ミドル級マッチ 5分5ラウンド>
○ジャック・ハーマンソン
 判定3-0(47-48、46-49、47-48)
●ジャカレ・ソウザ

ジャック・ハーマンソン
「とにかく、何年もかけて築いてきた自分のスキルを信じた。自分の持っているそういうスキルは10年の鍛錬で培ったものだし、キャンプからではないからフルキャンプは必要なかった。今回の試合はかなり予想通りだったと言える。相手よりも自分の方が打っていけると思っていたけど、向こうも必死に来るのは分かっていたし、何度か食らうこともあった。危険だった。自分の方が厄介で賢くて彼よりも万能だと思っているし、今日はそれを見せられたはずだ。次もまたトップの人とやりたい。もっともっと上に行って、タイトルを取りに行く。1ラウンドフィニッシュが4回あるし、直前のオファーで世界のトップファイターの1人を相手に勝ったんだ。上位に入るだけの十分な活躍だと思うし、コンテンダーの1人になれると思っている」

【セミメインイベント】
<ヘビー級マッチ 5分3ラウンド>
○グレッグ・ハーディ vs.
 1ラウンド(2分15秒)TKO
●ドミトリー・スモリャコフ

グレッグ・ハーディ
「最初の試合の状況を考えると復活できて最高だ。自分を取り戻せたし、地元のファンの前で本気で戦えた。楽しかったよ。落ち着いていけたし、最初とまったく逆の状態で臨めたから、とにかく相手の動きのスキをすべて狙っていたんだ。何もかもが見えているような感覚で、分かっていなかったのはあれだけ素早くレンジを抜け出せたこと。すべてが一瞬で決まった気がする。今はもっとやりたい。それだけだ。ボスが誰の名前を言おうと戦う。俺はやる。やろうぜ!」

【メインカード】
<ウェルター級マッチ 5分3ラウンド>
○マイク・ペリー
 判定3-0(28-29、28-29、28-29)
●アレックス・オリベイラ

マイク・ペリー
「今回の試合は最高の状態だったし、エキサイティングな試合を見せたいと思ってそれができた。これ以上はないよ。俺がこの仕事をしているのは楽しませたいからだし、みんなを興奮させたり、席から思わず立ったりしてしまうような最高の試合を見せたいからだ。今日はそんな感じだったみたいだな。オクタゴンで数名の名前を挙げたけど、癒えるまでに少し時間がかかるだろう。ケリを入れて痛めてしまった。走れるようになる前に歩けるようにならないと。また走れるようになったら、ゼロに戻ってどうしていくかを考えるよ」

<ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド>
○グローバー・テイシェイラ
 2ラウンド(3分37秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)
●イオン・クテラバ

グローバー・テイシェイラ
「今回の試合は最高の調子で臨んだし、本当に落ち着いていた。相手の打撃を受けていたし、最初のラウンドはパンチを食らってしまった。体が温まるのに少し時間がかかってしまったけど、自分らしくいけるようになった。スピニングエルボーを食らって、いわばバナナの皮を踏んだようにスリップした。まだやり続けられていることは自分にとって特権だと思うし、このまま行き続ける。戦い続け、戦闘を続けないといけないと思っている。UFCが次に何を用意してくれるのか待とう。また勝利を目指してがんばるよ。コーリー・アンダーソンとやりたいと言ってはみたけど、誰とでもやるつもりだ」

<バンタム級マッチ 5分3ラウンド>
○コーリー・サンドヘイゲン
 判定2-1(29-28、28-29、28-29)
●ジョン・リネカー

コーリー・サンドヘイゲン
「ある意味で彼のホームタウンだった。ブーイングを受けたのは最悪だけど、勝ったのは俺だ。コロラドだったらきっとみんなが応援してくれただろうけど、ここだったからね。ま、しょうがない。接戦になることも分かっていた。正直、自分が勝ったかどうか分からなかった。クリーンヒットは受けなかったし、もちろん、何発かは食らったけど、自分の方がしっかり打てていたし、相手よりもはるかに試合をコントロールしていた。こういうパフォーマンスをすれば、タイトルについて話してもいいかな。みんなが同じくらいだ。自分はどうか分からないけど、俺だっている。ベルトまであと1試合か2試合くらいだと思う。うまくカードを切れていたらね。特に指名する相手はいないから、誰とでも戦うつもりだ。自分が最高だと思っているし、常にそれを証明している。経験も積んできた。とにかく、戦闘に挑んでいかないと。ベルトを巻くためにはそういうのが重要だし、次に戦うファイターはそういう相手がいい。これまでもいろんな逆境に立ち向かってきたし、自分のためにもみんなのためにも力を示しているつもりだ。あと1試合か2試合でいけるはずだ。(チョークに)ナーバスにならなかったと言ったらウソになるだろう。でも、チョークには強いんだ。俺が見てきた中で一番のチョークを誇るコーチがいるから、俺はチョークにはめっぽう強い。少しばかりナーバスにはなったけどね。試合終盤でよかったと思う。締められてはいたけど、グリップが少し緩んだのが分かったから、切り抜けられると思った」

<ライト級マッチ 5分3ラウンド>
○ルーズベルト・ロバーツ
 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
●トーマス・ギフォード

ルーズベルト・ロバーツ
「今回の試合はいい感じで臨めたけど、ノックアウトできたらよかったのにね。まだ(UFCでは)ノックアウトがないから、できるようにがんばっている。もっとうまくできたら良かったなと思う。試合はフィニッシュしないと。6月でも7月でも、いつでもオクタゴンに戻ってくる準備はできている。ショーン・シェルビーが言ってくれれば、いつでもいく。オクタゴンでマット・フレボラに挑戦したい。兄弟のジュリアン・ターナーと戦っているから、リベンジしないといけないんだ」

【プレリム】
<ウェルター級マッチ 5分3ラウンド>
○佐藤天
 2ラウンド(1分18秒)TKO
●ベン・サンダース

佐藤天
「オクタゴンに向かう時、大観衆を見回しながら本当にワクワクしました。あまり緊張しなかったので、今回の経験を本当に楽しめたと思います。僕は常にフィニッシュすることを目標にしていますし、ノックアウトが試合を決める最高の形だと思っています。第1ラウンドは相手がアドバンテージを持っていたと思いますが、期待していたパフォーマンスができてうれしいです。もしかしたら、少し緊張していたのかもしれません。あまりたくさんの打撃を当てられませんでした。次の試合では自分のポテンシャルをすべて発揮できるように、しっかりリラックするようにしたいです」

<ヘビー級マッチ 5分3ラウンド>
○アウグスト・サカイ
 判定2-1(28-29、28-29、29-28)
●アンドレイ・アルロフスキー

アウグスト・サカイ
「ここに来られてうれしいし、仕事をまっとうできて本当にうれしい。タフな試合だった。このスポーツのベテランで、とても経験のあるファイターが相手だったからね。もうちょっと力のある打撃を入れていきたかったけど、今はとにかく家に返ってリラックスして、ミスを修正し、UFCで3勝目を挙げるために戻ってきたい。第1ラウンドの序盤、試合展開がどうなるかを少し感じたかったけど、ちょっと長く待ちすぎたかもしれない。パンチもキックもいいタイミングを見つけられなかった。練習してきたことを発揮できなかったんだ。第2ラウンドは自分の試合をしたかったし、第3ラウンドはもっといきたかった。自分のベストパフォーマンスではないけれど、勝利を挙げられた。一歩一歩進んでいく。焦りたくない。家に戻ってトレーニングして、ミスを直して、それからUFCが次に何を用意してくれるか、それ次第だ。俺はいつでもいける」

<女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド>
○カーラ・エスパルザ vs.
 判定3-0(30-27、29-28、29-28)
●ビルナ・ジャンジロバ

カーラ・エスパルザ
「試合はいつも何が起きても対応できるようにして臨んでいる。対戦相手が何をしてくるかなんて分からないから。でも、私にとっては対戦相手が変わると、すべての研究を一からやり直さないといけない。相手の映像をすべて見て、柔術の試合や戦い方、見られるものはすべて見て相手のやり方を紐解こうとする。彼女のこともたくさん知ったわ。今回の試合の戦略は今日みんなが目にした通りよ。最初の1分か2分のうちに向こうが私をテイクダウンしようとするだろうと思っていたから、彼女の柔術を怖がらずにパンチで対抗して自分の試合で立ち向かいたかった。”あなたが誰だろうと、私は私のやりたい試合をするし、あなたをテイクダウンするつもりよ”と言ったの。次はどうするかって? 誰が用意されようと、いつも通り誰とでも戦うだけよ。対戦相手の連絡を受けても、いつも見もしないわ。相手の試合を見たことがなければ、イエスと言うだけ。もう一度、一番になるために自分の道を歩み続けたい」

<ライト級マッチ 5分3ラウンド>
○ギルバート・バーンズ
 2ラウンド(4分15秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)
●マイク・デイビス

ギルバート・バーンズ
「何度も何度も対戦相手が変わってきたから、もうそれについては気楽に考えている。新たな相手と戦うにあたっては、相手の方が俺よりもプレッシャーを感じているだろうと思っているからね。俺もそういう立場になったことがある。予想していたよりも落ち着いていた。試合中はずっと観察しているような感じだった。冷製で、試合の展開を見ていたんだ。本来の状態よりもだいぶ落ち着いていた気がする。何度か相手を勢いづかせてしまったけれど、それでも基本的には俺が圧倒していたはずだ。ケガもしていないし、擦り傷ひとつない。いいショットやテイクダウンも決められた。相手がグラウンドのディフェンスを練習してきているのは分かったけど、少しずつスペースを開けられたし、自分の経験を生かしてチョークを仕掛けた。この階級ではベストグラッパーの1人に数えてもらえるんじゃないかな。BJJ(ブラジリアン柔術)のタイトルも持っているし、俺の原点はそこだ。そこで俺は生まれた。柔術はずっとやってきたし、試合の合間に大会に出たりもしている。ずっと進化しているのさ。もっと完璧なファイターになりたい。ただ、BJJのルーツは維持したい。相手が怖がるくらいにね。できるだけ早く、また試合がしたい。さっきも言ったようにケガはない。コーチにも言っていたんだ。”勝ってケガがなかったら、できるだけ早くまた試合ができるようにしたい”ってね。コーチたちにはケガをしなかったとしても、トレーニングや減量から体が癒えるように少なくとも1週間から10日は休めと言われている。だから、1週間だけ休んだらまたエンジン全開だ。もう一度戦いたい。軽い状態を保って、あまり体重を増やさずにトレーニングを続けて、誰が相手だろうとすぐにまた試合したい」

【アーリープレリム】
<ライト級マッチ 5分3ラウンド>
○ジム・ミラー
 1ラウンド(2分12秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)
●ジェイソン・ゴンザレス

ジム・ミラー
「初めて、子供を連れてきて、この経験を共有できたのは最高だ。トレーニングを見させて、スパーリングセッションも見学させた。テレビでは試合を見てくれていたんだけどね。ケージサイドに行きたいと言われた時は”マジか、うまくやっていいところを見せなきゃ”と思ったし、ちょっとプレッシャーにもなったけど、モチベーションにもなった。最高の人たちを相手にしているし、くよくよ考えるタイプではないけれど、ダスティン・ポワリエが暫定のベルトを手にしたばかりだからな。俺たちの試合以降はかなり調子が良いようだけど、あのキャンプは最悪だったし、俺にとっては最悪の試合だった。当時はいろいろとあってそれに対応しないといけなかったんだ。自分の階級にいるベストファイターの1人と戦うこと以外にやるべきことがあった。だから、健康で100%のトレーニングを積んでいれば、あいつに勝てると思っている。自分がちゃんと強みを生かせたら誰が相手でも勝てると思っている」

<女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド>
○アンジェラ・ヒル
 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
●ジョディ・エスキベル

アンジェラ・ヒル
「スパーリング日の後に、コーチから今回の試合について連絡があったの。チームメイトのうち3人は試合が近かったから、わりと私もアクティブだった。調子を整えられていたのはチームメイトに感謝かな。直前のオファーでこの試合に臨めたんだから。ジョディは本当にタフだったし、技術的なアドバンテージは私の方にあったと思うけど、彼女の粘り強さは分かっていたし、前に出るのをやめることはないだろうなと思っていた。彼女は間違いなく、試合に勝つためにカーディオに頼っているから、8週間のファイトキャンプ後に得られるようなカーディオがなかった私はちょっとその辺が心配だったけれど、それでもペースを出していけたし、明確な打撃も当てられた。やれることはやったと思っている。また次の試合に向かうわ。彼女がジェシカ・アギラ-ととてもいい試合をしていたから、(アギラ-との)試合がいいマッチアップになるんじゃないかしら。私はとにかく勝ち続けたい。相手が誰だろうと気にしない。いい流れに乗ってみんなに自分のすごさを知ってもらいたいだけよ」

<ウェルター級マッチ 5分3ラウンド>
○ディエゴ・リマ
 判定2-1(29-28、27-30、28-29)
●コート・マクギー

ディエゴ・リマ
「タフな試合だった。今週ずっと言い続けているように、彼とは3ラウンド戦うつもりでいた。自分の前に立ちはだかってくるのは分かっていたし、スキがあるんじゃないかと思ったけど。それに、見てもらった通り、向こうを痛めつけたとはいえ、本当に強い人だから、俺の打撃を受けても前に出続けるんだ。最高の試合だった。次がどうなるかは分からない。俺は勝つという自分の仕事をした。とりあえず休んで、家族と少し時間を過ごす。タイミングがきたら、また戻ってくるよ」


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]ビック・ジョン・クイン訃報-WWE株価100ドル-新日AEW-影響TIME誌

[ファイトクラブ]ビック・ジョン・クイン訃報-WWE株価100ドル-新日AEW-影響TIME誌

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

’19年05月02日号平成RIZIN Cボリショイ引退 TIME100ロック 新日キック パンクラス