LAXとブライアン・ケイジが新王者に輝く!Impact Wrestlingリベリオン2019

(C)TNA

 4月28日(現地時間)にオンタリオ州トロントで『Impact Wrestling Rebellion』が放送された。
 インパクト・レスリング(Impact Wrestling)は、アメリカ合衆国のプロレス団体。運営はアンセム・レスリング・エキシビジョンズ(Anthem Wrestling Exhibitions, LLC)。過去に団体名を幾度か変更しており、古い順にNWA-TNA(National Wrestling Alliance : Total Non Stop Action、2002年 ~ 2004年)、TNA(Total Non Stop Action Wrestling、2004年 ~ 2016年)、GFW(Global Force Wrestling、2017年7月 ~ 2017年9月)を名乗っていた。 多くのインディー団体が収入不足により倒産していく中で、経費の最小化で収入を確保する戦略を取っている。それは興行の開催場所の固定と安定した放映収入、そして選手の契約形態に反映されている。ほとんどの選手は専属契約という形ではないため他団体へ出場する選手も多い。また、ほぼ契約選手のみで興行を行うWWEとは対照的に、日本やメキシコなど海外の他団体との交流も積極的に行っている。
 今大会は「リベリオン」と銘打ったPPV大会で、4大王座戦が組まれた。メインではインパクト世界タッグ王座戦が行われ、王者ルチャ・ブラザーズ(ペンタゴンJr.、フェニックス)がLAXの挑戦を受けた。テーブルや椅子が飛び交う中、ルチャ・ブラザーズがテーブルへの合体パッケージドライバーやペンタゴンドライバーを繰り出すが、それでもLAXはフォールを奪わせない。業を煮やしたペンタゴンJr.は画鋲をテーブルにまき、梯子から攻撃しようとするも、逆にLAXに捕まり画鋲がばら撒かれたテーブルに向けてパワーボムで叩きつけられてしまう。そのままLAXがフォールを奪って勝利。LAXが王座返り咲きとなった。試合後、LAXのマネージャーであるコナンの仲介で両チームががっちり抱き合い若い。更にインパクト・レスリングのロースター達もリングに集まり、両チームを祝福し大団円となった。
 またインパクト世界王座戦は、悪党王者ジョニー・インパクトにブライアン・ケイジが挑戦した。今回は特別レフェリーがレジェンドであるランス・ストームとなっており、公平に裁くと宣言しておりインパクトは不満を持っている。試合は今までインパクトの悪辣な攻撃に我慢し続けてきたケイジの怒りが爆発、パワー殺法でインパクトを圧倒する。当然、インパクトの妻であるタヤ・バルキリーなどが介入し、更にインパクトはレフェリーのストームを攻撃してリングは無法地帯となるも、ケイジはインパクトのベルト(凶器)攻撃からのスターシップペインでもフォールを返し、逆にバルキリーをパワーボムで退治してしまったのだった。そして復活したストームが反則勝ちにしようとすると、ケイジはそれを制して、インパクトを捕まえて必殺のドリルクロウを決め、ケイジがインパクトをフォールして見事勝利。ケイジが遂に悲願のインパクト世界王座を戴冠した。しかし、試合後、なんと新日本プロレスを離脱したマイケル・エルガンがリングに登場。ケイジの王座への挑戦をアピールしたのだった。そしてエルガンはケイジを捕えてエルガンボムを決めてしまう。エルガンがインパクト・レスリングに新加入して早くも王座獲りに名乗りをあげた。

■ Impact Wrestling Rebellion
日時:2019年4月19日(現地時間・放送日)
場所:カナダ・オンタリオ州トロント

<インパクト世界タッグ王座タイトルマッチ>
○LAX(挑戦者)
 ピンフォール
●ペンタゴンJr.、フェニックス(王者)

<インパクト世界王座タイトルマッチ>
○ブライアン・ケイジ(挑戦者)
 ピンフォール
●ジョニー・インパクト(王者)

<シングルマッチ>
○テッサ・プランチャード
 クロスフェイス
●ゲイル・キム

<Xディビジョン王座タイトルマッチ>
○リッチ・スワン(挑戦者)
 クロスフェイス
●サミ・キャラハン(王者)

<ノックアウツ王座タイトルマッチ>
○タヤ・バルキリー(王者)
 ピンフォール
●ジョーディン・グレイス(挑戦者)

<6人タッグマッチ>
○ムース、ザ・ノース
 ピンフォール
●ラスカルズ

<インタージェンダー・マッチ>
○スカーレット・ボルドー
 ピンフォール
●ロヒト・ラジュ

<シックスパック・スクランブル>
勝者:エース・オースチン
参戦選手:ピーティ・ウィリアムス、ジェイク・クリスト、エイデン・プリンス、カズン・ジェイク、エディ・エドワーズ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]ビック・ジョン・クイン訃報-WWE株価100ドル-新日AEW-影響TIME誌

[ファイトクラブ]ビック・ジョン・クイン訃報-WWE株価100ドル-新日AEW-影響TIME誌

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

’19年05月02日号平成RIZIN Cボリショイ引退 TIME100ロック 新日キック パンクラス