新団体JKAジャパンキックボクシング協会設立発表!5・12プレ旗揚げ戦 8・4旗揚げ戦

 噂されていた新日本キックボクシング協会の分裂が公になった。ビクトリージム、治政館、市原ジム、誠真ジムなどが参加する。以下、プレスリリース

 このたび所属しておりました新日本キックボクシング協会と今後の方向性などの話し合いの結果、円満に退会することとなり新団体を発足する運びとなりました。

 令和元年5月1日より「ジャパンキックボクシング協会」を設立し同じく前団体から退会した有志のジムと新たに加盟するジムで団結し、5月12日(日)後楽園ホール大会のプレ旗揚げ戦より活動をスタートしていきます。

 日頃の皆様のお引き立てに心から感謝するとともに、何卒倍旧のご支援お引き立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

ジャパンキックボクシング協会
代表 長江 國正

(団体名)ジャパンキックボクシング協会(JAPAN KICKBOXING ASSOCIATION)
(設立日) 令和元年5月1日
(執行部)
代 表 長江國正(治政館ジム会長)
副代表 統括本部長 小泉 猛(市原ジム会長)
興行本部長 八木沼広政(ビクトリージム会長)
事務局長 鴇 稔之(KICK BOX会長)

ジャパンキックボクシング協会事務局
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-12-2バリアビルB1F TEL 03−5710−9393

 前団体で現役王者であり所属団体移籍の為、ベルトを返上した下記の両選手につきましては当協会におきましても初代王者に認定することが決定しました。

ジャパンキックボクシング協会 フライ級チャンピオン 石川直樹(治政館ジム)

ジャパンキックボクシング協会 フェザー級チャンピオン 石原將伍(ビクトリージム)

 またジャパンキックボクシング協会旗揚げ戦は8月4日(日)後楽園ホール大会とし年内興行は11月大会(後日発表)を予定しております。

■ ジャパンキックボクシング協会 プレ旗揚げ興行 KICK-Origin
日時:5月12日(日)開場 16:45 開始17:00
会場:後楽園ホール

<11・ダブルメインイベント 52.5K契約3分5R>
石川直樹(ジャパンキック フライ級王者/治政館)
vs.
儀部快斗(タイ国RAM100スタジアム114ポンド王者/エクシンディコンジムJAPAN)

<10・ダブルメインイベント 泰国チェンマイスタジアム認定バンタム級タイトルマッチ3分5R>
馬渡亮太(チェンマイスタジアム認定バンタム級王者/治政館)
vs.
ペットモンコン・ソウジンンジャルンカンチャン(挑戦者・同級1位/タイ)

<9・セミファイナル 日泰国際戦フェザー級3分3R>
瀧澤博人(元日本バンタム級王者/ビクトリー)
vs.
ニシャオ ソー・ジンジャルンカンチャン(チェンマイスタジアム認定フェザー級王者/タイ)

<8・日泰国際戦58K契約3分3R>
皆川裕哉(ジャパンキック フェザー級1位/KICK BOX)
vs.
ペッワンチャイ・ラジャサクレックムエタイジム/タイ)

<7・ジャパンキックvsMAキック交流戦63K契約3分3R>
興之介(ジャパンキック ライト級5位/治政館)
vs.
翼(MAライト級2位/菅原道場)

<6・ジャパンキックvsNKB交流戦 54K契約3分3R>
幸太(ジャパンキック バンタム級3位/ビクトリー)
vs.
海老原竜二(NKBバンタム級5位/神武館)

<5・ジャパンキック フェザー級ランキング戦3分3R>
櫓木淳平(ジャパンキック フェザー級2位/ビクトリー)
vs.
渡辺航己(ジャパンキック フェザー級3位/JMN)

<4・ジャパンキック バンタム級ランキング戦3分3R>
田中亮平(ジャパンキック バンタム級5位/市原)
vs.
翼(ジャパンキック バンタム級6位/ビクトリー)

<3・ジャパンキック ライト級3分3R>
林 瑞紀(ジャパンキック ライト級4位/治政館)
vs.
HARUKA(ジャパンキック ライト級/JMN)

<2・ジャパンキック ウェルター級3分3R>
モトヤスック(ジャパンキック ウェルター級/治政館)
vs.
山本大地(ジャパンキック ウェルター級/誠真)

<1・ジャパンキック フェザー級3分2R>

<ダークマッチ>
又吉淳哉(ジャパンキック フェザー級/市原)
vs.
花塚ノリオ(E.D.O道場)