ビッグバン、新日本キックボクシング協会、ニュージャパンキックボクシング連盟、MA日本キックボクシング連盟が日本キックボクシング協議会発足

 3月10日、後楽園ホールで開催された『Bigbang 統一への道 35』にて、日本キックボクシング協議会の発足が公式発表された。ビッグバン、新日本キックボクシング協会、ニュージャパンキックボクシング連盟、MA日本キックボクシング連盟の4団体がスクラムを組んで、対抗戦などを実現していく計画だという。

 その3月10日は、キックファンにとってはRISEと、新生K-1が興行戦争。どっちに行くか、どっちを見るかに二分され、ビッグバン大会は注目されなかった嫌いは残るものの、格闘技界全体からしたら、MMAよりキックのほうが一般層の関心が高いのではないかという盛り上がりになったことが記憶に新しい。また、新日本キックボクシング協会が内部で揉めている噂も伝わっており、この日本キックボクシング協議会が第三極になるのか注目されるところだ。インサイド情報は電子書籍版にて追いかけていく。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼追悼デストロイヤー好評~米ケーブルPPV死滅~WWE新日NY決戦

[ファイトクラブ]追悼デストロイヤー好評~米ケーブルPPV死滅~WWE新日NY決戦

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年03月28日号初代虎Dキッド追悼 RISE那須川天心 W-1イケメン 新日WWE 安威川敏樹