NXT紫雷イオ挑戦は4way戦持越し!Fight Forever合唱の至宝戦Aブラック&リコシェ対#DIY

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 日本時間木曜配信解禁のNXTは、『ダスティ・ローデス・タッグチーム・クラシック』の準決勝だ。フォゴットン・サンが決勝進出を決めれば、番組のトリはお待ちかね、ジョニー・ガルガノ&トマソ・チャンパの#DIYと、RAWやSMackDownに連続出場で露出中のアリスター・ブラック&リコシェの至宝戦である。


 録画収録の結果まで知っているマニアだろうが、なかろうが、#DIYが仲間割れになることは普通に考えてわかるわけで、ジョニーの妻キャンディスもにんまりという幕切れ(画像)は想定内の絵作りになろう。ただ、大人のファンはそんなことはどうでもいい。もの凄い試合を魅せてくれというだけであって、配信解禁を待ちわびていた世界中のWWEネットワーク加入者には、待望の放送回ということになった。そして、CMでぶった切られるか、4分しか尺を与えられないお茶の間向け番組と違って、たっぷり時間をとったメインは期待を上回る至宝戦に。期せずして、フルセイル大学の集う信者からは”Fight Forever”の合唱まで巻き起こったのだ。そう、これならずっと見ていたい。そう思わせる中身の濃さとなった。

 本誌既報の通り、トマソ・チャンパが首の手術となり長期欠場へ。ブルックリンの『NXTテイクオーバー』は練り直しとなったが、この配信回と時を同じくして新たなテーピングが行われている。スポイラーを書いたりはしないが、『レッスルマニア』週間の最大の注目が『NXTテイクオーバー』であることには変わりがない。

◆イオ、カイリが王座挑戦!王者シェイナ乱入で王座戦はフェイタル4ウェイ戦へ

 NXTで女子王座挑戦権をかけて紫雷イオとビアンカ・ブレアが激突した。王者シェイナ・ベイズラーがゲスト解説で見守る中、「よっしゃ!」の日本語気合を連呼するイオが619からスプリングボード式ドロップキック、ダブルニーと波状攻撃を仕掛けると、ビアンカも長い髪の毛をムチのように使って反撃。さらにイオが雪崩式フランケンシュタイナーからムーンサルトを繰り出すも、ビアンカはこれをヒザで迎撃すると逆にスピアーを決めて白熱の攻防を展開。しかし、ここで突如王者シェイナが乱入して試合は反則裁定に。シェイナはイオを場外に引っ張り出すと、ビアンカを捕まえて切り札クラッチ。さらに救援に駆け付けたカイリ・セインやイオが攻撃するも、シェイナの強引な切り札クラッチで締め落とされた。

 試合後のバックステージでシェイナは「誰もタイトル挑戦に値しない」と乱入の理由に言及したが、ウィリアム・リーガル=コミッショナーにより『NXTテイクオーバー:ニューヨーク』でのNXT女子王座戦はフェイタル4ウェイ戦になることが発表された。

◆リコシェ&アリスター・ブラックvs.フォーガットン・サンズ決勝戦へ

 同日のNXTではダスティ・ローデス・タッグチーム・クラシックの準決勝が行われ、リコシェ&アリスター・ブラックとフォーガットン・サンズがそれぞれ勝ち上がって決勝戦へ進出。トーナメント優勝者はNXTタッグチーム王者ウォー・レイダーズとNXTテイクオーバー:ニューヨークで激突する。
『NXTテイクオーバー:ニューヨーク』は日本時間4月6日にWWEネットワークでライブ配信される。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼追悼デストロイヤー好評~米ケーブルPPV死滅~WWE新日NY決戦

[ファイトクラブ]追悼デストロイヤー好評~米ケーブルPPV死滅~WWE新日NY決戦

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年03月28日号初代虎Dキッド追悼 RISE那須川天心 W-1イケメン 新日WWE 安威川敏樹