ドブレジャン・ヤギュシュムラドフが王座防衛!ACA 92

(C)ACA

 2月16日(現地時間)にポーランド・ワルシャワで『ACA 92』が開催された。
 ACAは、ACBとアフマット・ファイト・ショーが合併したものだ。ACB(アブソリュート・チャンピオンシップ・ベルクート)はロシアの総合格闘技団体。アフマット・ファイト・ショーはロシア・東欧で開催するキックとMMAの混合イベントで過去には多くのレジェンド達が参戦していた。この両団体がACA(アブソリュート・チャンピオンシップ・アフマット)として新たにスタートしたのだった。
 今大会は新生ACAとして初のポーランド大会となり、メインではライトヘビー級王座戦が組まれた。王者ドブレジャン・ヤギュシュムラドフが地元ポーランドのカロル・セニンスキの挑戦を受けた。セニンスキは前戦で大物ルーク・バーナットに勝利した実績で王座挑戦となったが、地元なので抜擢された面も強く下馬評では王者が有利。そして試合も下馬評のままヤギュシュムラドフがグランドで上を奪って強烈なパウンド、肘打ち連打で見事なTKO勝ち。ヤギュシュムラドフが王座防衛を果たした。
 また最近はロシア東欧を主戦場にしている元ベラトール戦士、トニー・ジョンソンJr.も参戦。デニス・スモルダレフを抑え込んで肩固めを決めて見事に一本勝ちしている。

■ ACA 92
日時:2019年2月16日(現地時間)
会場:ポーランド・ワルシャワ

<ライトヘビー級王座タイトルマッチ>
○ドブレジャン・ヤギュシュムラドフ(トルクメニスタン/王者)
 4R 4分16秒 TKO
●カロル・セニンスキ(ポーランド/挑戦者)

<ヘビー級>
○ダニエル・オミランチョク(ポーランド)
 判定
●ゼリムハン・ウミエフ(ロシア)

<ミドル級>
○イブラヒム・チュジガエフ(ロシア)
 判定 2-1
●ピヨトル・ストルース(ポーランド)

<ヘビー級>
○トニー・ジョンソンJr.(米国)
 1R 2分42秒 肩固め
●デニス・スモルダレフ(エストニア)

<ライト級>
○アブドゥルアジス・アブドゥルバクヘヴァ(ロシア)
 1R 1分36秒 チョーク
●ブライアン・フォスター(米国)

<ウェルター級>
○アスラムベク・サイドフ(ポーランド)
 2R 1分22秒 TKO
●シロ・ロドリゲス(ブラジル)

<フェザー級>
○ダニエル・オリヴェイラ(ブラジル)
 3R 1分28秒 TKO
●アドラン・バタエフ(ロシア)

<ミドル級>
○ラドスラウ・パジュスキ(ポーランド)
 判定 3-0
●ヤロスロウ・レッチ(ポーランド)

<ライトヘビー級>
○ホルヘ・ゴンザレス(メキシコ)
 1R 3分05秒 TKO
●ルーク・バーナット(英国)

<ミドル級>
○アブドゥル・ラフマン・ザナエフ(ロシア)
 判定 2-1
●ヴァンドレス・カルロス・ダ・シウバ(ブラジル)

<ライト級>
○アミルハン・アダエフ(ロシア)
 判定 2-1
●エフレイン・エスクデロ(米国)

<ライト級>
○オウレル・ピルテア(ルーマニア)
 判定 3-0
●クンカール・パシャ・オスマエフ(ロシア)

<バンタム級>
○ジョジール・シウバ(ブラジル)
 判定 2-0
●マゴメド・ジナゾフ(ロシア)

<ヘビー級>
○マテウス・ラゾウスキ(ポーランド)
 1R 0分53秒 TKO
●ダウィド・コビエラ(ポーランド)

<フライ級>
○グルゼゴズ・ジョニアク(ポーランド)
 判定 2-0
●シャムカン・エルザヌカエフ(ポーランド)


▼ミャンマーエーヤワディ地区で開催したラウェイ独特の勝ち抜き戦!“アウン・ラン・ファイト”で勝者ベルト獲得!

[ファイトクラブ]ミャンマーエーヤワディ地区で開催したラウェイ独特の勝ち抜き戦!“アウン・ラン・ファイト”で勝者ベルト獲得!

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年02月21日号新日大阪 KnockOut WWEベラ 堺屋太一モラレス ペイジ映画 SEAdLINNNG