キラー・クロスがジョニー・インパクトにチョークで勝利!インパクト・レスリング

(C)TNA

 1月11日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 インパクト・レスリング(Impact Wrestling)は、アメリカ合衆国のプロレス団体。運営はアンセム・レスリング・エキシビジョンズ(Anthem Wrestling Exhibitions, LLC)。過去に団体名を幾度か変更しており、古い順にNWA-TNA(National Wrestling Alliance : Total Non Stop Action、2002年 ~ 2004年)、TNA(Total Non Stop Action Wrestling、2004年 ~ 2016年)、GFW(Global Force Wrestling、2017年7月 ~ 2017年9月)を名乗っていた。 多くのインディー団体が収入不足により倒産していく中で、経費の最小化で収入を確保する戦略を取っている。それは興行の開催場所の固定と安定した放映収入、そして選手の契約形態に反映されている。ほとんどの選手は専属契約という形ではないため他団体へ出場する選手も多い。また、ほぼ契約選手のみで興行を行うWWEとは対照的に、日本やメキシコなど海外の他団体との交流も積極的に行っている。
 今放送では番組冒頭で現インパクト世界王者であるジョニー・インパクトが登場し、PPV大会「ホームカミング」でブライアン・ケイジを相手に王座防衛をした事を勝ち誇るが、そこにケイジが登場。ケイジはインパクトから完全にフォールを奪っていたが、その時、レフェリーが場外で人気テレビ番組「サバイバー」優勝者と揉めており幻のフォールとなってしまったのだった。なので当然、ケイジは本来は勝っていたのだから再び挑戦させろとアピール。するとそこにPPV大会「ホームカミング」でインパクトを襲ったキラー・クロスも現れたのだった。インパクトはクロスに怒り心頭で襲いかかるが、クロスも応戦、そしてそこにケイジも割って入り、三つ巴の乱闘となってしまった。結果、インパクトはまずはクロスに復讐したいと、クロスとの反則が許可されたノーDQマッチで決着をつける事になった。試合はインパクトの怒りが爆発し、椅子を使ってクロスを追い詰めるが、コーナーから椅子で仕留めようとするインパクトの前にムースが乱入。ムースはインパクトを叩き落とすと、リングに放り込む。そこで復活したクロスがインパクトにキラー・ジャケット・チョークを極めたのだった。がっちり極まったチョークで動けなくなったインパクトを見てレフェリーがストップ。なんと王者インパクトはノンタイトル戦ながらクロスに完敗した形となった。

■ Impact Wrestling
日時:2019年1月11日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ・テネシー州ナッシュビル

<ノーDQマッチ>
○キラー・クロス
 キラー・ジャケット・チョーク
●ジョニー・インパクト

<シングルマッチ>
○テッサ・プランチャード
 ピンフォール
●カリ・コリンズ

<シングルマッチ>
○サミ・キャラハン
 ピンフォール
●ウィリー・マック

<タッグマッチ>
○ペンタゴンJr.、フェニックス
 ピンフォール
●ザ・ラスカルズ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

▼[ファイトクラブ]プロレス年末年始総括!1・4東京ドーム~AEW決起ウラ~相次ぐ訃報

[ファイトクラブ]プロレス年末年始総括!1・4東京ドーム~AEW決起ウラ~相次ぐ訃報

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年01月17日号年末年始総括 RIZIN 新日 AEW 猪木&ボック 馬場&女帝 W1 新日キック