平成最後のやれんのか!殺しのカード川尻達也3R取るも1-2スプリット判定で北岡悟「明日からまた生きるぞ!」仮面女子・川村虹花惨敗

 朝の9時からという開始時間にもかかわらず、熱心なファンが大勢来ていたのは書き留めねばなるまい。第一試合に登場した地下アイドル仮面女子の川村虹花は、レスリングのあいに押し込まれパウンドを食らって惨敗に。しかし、パンチは当てていた。また、あいちゃんというのは詳しくなかったのだが、可愛いじゃないかというのはある。
 メインは、故・I編集長なら「殺しのカード」になるのだろうが。3Rはスタミナ切れを起こした北岡悟に川尻達也が優勢だったが、前半の貯金があり、スプリット判定で北岡が生き延びた。お約束というか「明日からまた生きるぞ!」とマイクアピールしていた。

■ Cygames presents RIZIN 平成最後のやれんのか!
日時:12月31日(月) 開始 9:00
会場:さいたまスーパーアリーナ 観衆7,498人(=主催者発表)

<メインイベント 第7試合 70kg契約ライト級(肘有り) 5分3R>
●川尻達也(T-BLOOD/元修斗世界ライト級(70kg)王者)
 判定1-2
○北岡 悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜/元DEEP&戦極ライト級王者)

<第6試合 68kg契約(肘有り) 5分3R>
●リオン武
 2R 2分39秒 左膝蹴りTKO
○朝倉未来

<第5試合 女子57.5kg契約(肘有り) 5分3R>
○渡辺華奈(Fighter’s Flow)
 1R 0分11秒 右フックKO
●杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We)

<第4試合 61kg契約バンタム級相当(肘有り) 5分3R>
●ムン・ジェフン(韓国/オクタゴンジム)
 判定0-3
○朝倉 海(トライフォース赤坂/元THE OUTSIDER 55-60kg級王者)

<第3試合 キックボクシング(肘無し・組んでの攻撃は1回) 64kg契約 3分3R>
○白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISEライト級(63kg)2位、元WPMF日本スーパーフェザー級王者)
 3R 1分43秒 右飛び膝蹴りKO
●ウザ強ヨシヤ(テッサイジム/team REBELS)

<第2試合 キックボクシング(肘無し・組んでの攻撃は1回) 92kg契約 3分3R>
○内田雄大(チーム・アーツ)
 判定3-0
●小西拓槙(クロスポイント吉祥寺/ISKAインターコンチネンタル・スーパーウェルター級王者)

<第1試合 RIZINチャレンジルール 女子49.25kg契約 5分2R>
●川村虹花(仮面女子)
 1R 3分01秒 グラウンドパンチTKO
○あい(KRAZY BEE)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼訃報の2018年-MSG不入り-Queen-Jジョーンズ騒動-年末年始展望

[ファイトクラブ]訃報の2018年-MSG不入り-Queen-Jジョーンズ騒動-年末年始展望

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年01月03-10合併号Deep 昭和プロレス仙台 立川格闘技祭り 鷹の爪大賞年間回顧