紫雷イオNXT番組デビュー!Jガルガノvs.Aブラック金網戦!CS放送J SPORTSにてLIVE放送&字幕版配信決定!

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 コア層のWWEユニバースにとって、日本時間の木曜にWWEネットワーク配信が始まる『NXT』が一番面白いんじゃないか、あるいは英国版の『NXT UK』も凄いとかになって、そこにRAWやSmackDownの番組構成への不満が出ている根拠がある。マニアは収録時点で試合結果まで知っているにもかかわらずだ。今週は、ビンス・マクマホン御大以下、ファミリーが巡業にも集結してリング上から「改革宣言」をやったわけだが、「どこが変わっとんのか?」と言われてしまう始末なのである。
 そんななか、予告通り紫雷イオの番組デビューがお披露目。また、『NXT UK』では、リア・リプリーの英国NXT女子王座防衛戦もあり、こりゃ日本式のJoshi Puroresuやないかという白熱の攻防であって・・・。まぁ百聞は一見にしかずなのだ。

 そしてNXTはジョニー・ガルガノvs.アリスター・ブラックの因縁戦が今度は金網で。こんなのをあの狭いフルセイル大学スタジオで目の前で見たら、皆さん度肝を抜かれること請け合いだろう。お約束でトマソ・チャンパが乱入。そして・・・

WWEネットワーク
※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。
※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。
※1カ月無料トライアル実施中

205 LIVE
◆ヒデオ、新パートナー・デバリ引き連れノームに快勝

 ヒデオ・イタミが新たなパートナー、アリーヤ・デバリと205 Liveのリングに登場した。デバリは「この男にリスペクトを示せ。そうでないと今日の試合はキャンセルだ」と一方的に称賛を強要すると、ドレイク・マーベリックGMが登場して一時は出場停止処分を下すも、突如現れたノーム・ダーの説得でヒデオ対ノームの試合が組まれることとなった。 
 ヒデオがレッグドロップなど打撃技を中心に攻め込むと、ノームもエルボーやスープレックスを繰り出して反撃。しかし、経験と実力に勝るヒデオは裏拳からの串刺しドロップキックを炸裂すると、最後はドラゴンスリーパーの体勢から強烈なヒザをノームに叩き込んで3カウント。ヒデオが格下のノーム相手に実力を発揮して快勝した。

◆戸澤&ケンドリックが因縁のギャラハー&グラックに激勝

 205 Liveで戸澤陽&ブライアン・ケンドリックが因縁のジャック・ギャラハー&ドリュー・グラックとルールなしのストリートファイトで激突した。入り乱れて攻防する4人はトラッシュカン、モップ、パイプ椅子、マイクなどあらゆる物を凶器として使用。戸澤はグラックのトラッシュカンやマイクを使用した攻撃に苦しむも、逆にグラックにパイプ椅子を投げつけると、ひもでポストに縛り付けてバックハンドチョップ連打を見舞った。
 試合終盤、戸澤が奮闘してダイビング・セントーンをギャラハーに炸裂させると、さらにグラックには風車蹴りからトペ・スイシーダを狙ったが、これをグラッグがトラッシュカンで迎撃。しかし、その隙にケンドリックがコーナートップからのジ・ケンドリックでギャラハーを沈めて3カウント。激闘を制した戸澤&ケンドリックが因縁のギャラハー&グラックに激勝した。

◆イオがタッグ戦で因縁のMMAフォー・ホースウィメンを一蹴

 NXTで“天空の逸女”紫雷イオがダコタ・カイ(イーヴィー)とタッグを組んで因縁のMMAフォー・ホースウィメン、マリナ・シェファー&ジェサミン・ デュークと対戦し、イオが完璧なムーンサルトをマリナに決めて勝利した。

 ダコタとジェサミンで試合がスタートすると、ダコタはレフリーの死角からマリナの攻撃を食らって劣勢となってしまう。しかし、変則キックでダコタが状況を打開してイオに交代すると形勢逆転。イオはマリナに619を決めて勢いに乗ると、スワンダイブ式ドロップキックからのランニングダブルニーで追撃。さらにダコタがエプロンで介入を狙うジェサミンをビックブーツで排除すると、最後はイオが必殺のムーンサルトをマリナに炸裂させて3カウント。技量を見せ付けたイオがダコタとのチームワークを発揮して因縁のMMAフォー・ホースウィメンを一蹴した。

◆J SPORTSでWWE(R)のライブプログラム​の放送/配信が決定!

以下リリース文(原文ママ)

 WWE2大看板番組「ロウ」と「スマックダウン」は、J SPORTS 4でLIVE版と日本語字幕版でそのフルストーリーを視聴者に存分にお楽しみ頂けるようになります。また、その充実のラインアップをこれまでの放送だけでなく、インターネット動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」※2でもご視聴いただけるようになりました。それに伴いまして、 「J SPORTSオンデマンド」にWWEパック<月額1,800円/U25割 900円(税抜)>が登場します。

 ライブプログラムに加え、J SPORTSでは「ロウ」(毎週月曜日午後10時、初回1月7日)「スマックダウン」(毎週火曜日午後10時、初回1月8日)の1時間のハイライト番組をJ SPORTS 3とJ SPORTSオンデマンドでも放送/配信いたします。

 さらに、 「ロウ」と「スマックダウン」のストーリー完結として月1回のペースで開催される「PPV(ペイ・パービュー)大会」はJ SPORTSオンデマンドで字幕版をPPV配信することが決定※3。「ロイヤルランブル」を皮切りに、毎年4月ごろに行われる世界最大級のスポーツイベントとも言われる「レッスルマニア」など、PPVの字幕版はJ SPORTSオンデマンドのみでご視聴いただけます※4。

 今回の契約延長について、WWE共同社長のミシェル・ウィルソンは「私たちとビジョンや情熱を共有するJ SPORTSは、ファンを巻き込み、WWEを存分に楽しめる環境を作ってくれています。今回、J SPORTSとの歴史あるパートナーシップを継続できることを、私たちは誇りに思っています。今回の契約により、アクションに満ち溢れファミリーフレンドリーな唯一無二のWWEブランドを、これからも続けて日本全国の皆様にお届けすることができます」と、コメントしています。

 また、J SPORTS代表取締役社長 木下伸は「J SPORTSとWWEとの関係は、我々がマルチチャンネルでの放送を開始した1998年から始まり、今年で20周年を迎えます。当契約では、放送に加え配信までサービス領域を拡大し、これまで以上に番組ラインナップも充実することができました。現在の当社サービスではご提供できなかったPPV大会までのフルストーリーについても、今後は日本のWWEファンの皆様にお楽しみいただくことで、WWEの世界観をより存分に味わっていただけることと存じます」とコメントしています。

※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で約650万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です

※2 J SPORTSオンデマンドは有料サービスとなります。詳細は、「J SPORTSオンデマンド」で検索ください

※3 「PPV大会」は「J SPORTSオンデマンド」にて大会ごとにお買い求めいただき、ご視聴いただけます。

※4 WWEネットワークでは引き続きライブ・英語版と日本語実況板をお楽しみいただけます。

WWE 放送・配信スケジュール

*スケジュール変更になる場合があります

<ロウ>

【英語版】

毎週火曜日午前10時~ J SPORTS 4(生中継)+J SPORTSオンデマンド

【字幕版】

毎週月曜日午後6:00~ J SPORTS 4+J SPORTSオンデマンド

【ハイライト】

毎週月曜日午後10時~ J SPORTS 3+J SPORTSオンデマンド

※放送日時は変更の場合があります。

<スマックダウン>

【英語版】

毎週水曜日午前10時~ J SPORTS 4(生中継)+J SPORTSオンデマンド

【字幕版】

毎週火曜日午後6:00~ J SPORTS 4+J SPORTSオンデマンド

【ハイライト】

毎週火曜日午後10時~ J SPORTS 3+J SPORTSオンデマンド

※放送日時は変更の場合があります。

<PPV>

年間12大会開催される予定です。

1月に開催される「ロイヤルランブル」は2月3日配信いたします。

PPVはJ SPORTSオンデマンドのみでご視聴いただけます。

今後のラインアップは開催日程が決まり次第、J SPORTS公式WEBサイトでご案内いたします。

J SPORTS オンデマンドのご紹介

■「WWEパック」

「ロウ」と「スマックダウン」のLIVE・日本語字幕版・ハイライト番組を

ご視聴いただけます。

<料金>

月額:1,800円(税抜) U25割:900円(税抜)

■PPV

「PPV」は大会ごとにお買い求めいただき、ご視聴いただけます。

<料金>

1大会:2,000円(税抜) 4大大会のみ:3,000円(税抜)

詳しくはJ SPORTSオンデマンドWEBサイトでご確認ください。

https://jod.jsports.co.jp/product/index/wwe

尚、「ロウ」と「スマックダウン」のLIVE・日本語字幕版・ハイライト番組は「総合パック」でもご視聴いただけます。

<料金>

月額:2,400円(税抜) U25割:1,200円(税抜)

J SPORTS 公式WEBサイト WWE特集ページ リニューアル!SNSで最新情報も発信!

■J SPORTS公式WEBサイトで特集企画をチェック!

https://www.jsports.co.jp/wwe/

■J SPORTS公式Twitter WWEアカウント


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼訃報の2018年-MSG不入り-Queen-Jジョーンズ騒動-年末年始展望

[ファイトクラブ]訃報の2018年-MSG不入り-Queen-Jジョーンズ騒動-年末年始展望

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年01月03-10合併号Deep 昭和プロレス仙台 立川格闘技祭り 鷹の爪大賞年間回顧