シュワイジャオの成長を語るラヴェル・マーシャル氏

 長年の実績を誇るNHBの主宰にして、同じく長年の本誌通信員であるエディ・ゴールドマンは、ニューヨークで開催された「シュアイジャオ」のセミナーで主催者であるラヴェル・マーシャル氏に取材した。

 シュアイジャオ(摔跤、摔角、shuāijiǎo)とは、中国漢族の伝統武術・格闘技。またそれを基にしたスポーツ。互いに組み合い、投技で勝敗を競う。ただし現在の中華人民共和国で単に摔跤というとレスリングまたは、類似の格闘技全般を表し、漢族の伝統的格闘技は中国式摔跤(Zhōngguóshì shuāijiǎo))として区別される。

 シュアイジャオは中国でも最も長い歴史を持つ格闘技であり、漢書(1世紀)には手縛と記述されている。後に時代によって角抵・角抵戯・角觝・角力・相撲・摔角と表現が変わる。宋の時代には、争交と呼ばれる。960年に調露子が著した『角力記』がシュアイジャオに関して体系的に記された最初の書物とされている。その後中国の王朝交代にともない、モンゴル族や満州族の格闘技を吸収し、影響を受けてきた。

 北京の北平シュアイジャオ、河北省保定の保定シュアイジャオ、天津周辺の天津シュアイジャオがある。
 近代に入って、1953年第1回の中華人民共和国少数民族運動会において正式種目となる。1956年と1957年、中国スポーツ委員会は試合ルールの制定と、競技者の体重による階級制を導入し、近代スポーツとしてスタートした。現在では全国体育大会、農民運動会の正式種目にもなっている。

 現在のルールでは競技者は体重により10階級に分けられており、1ラウンド3分間の試合を1分間のインターバルをはさんで3ラウンド行う。試合は8m四方のマットで行われる。

 マーシャル氏は「シュワイ・ジャオは、中国ではモンゴルやヨーロッパ、特にロシアで人気が高まっている。しかし、アメリカでは、まだ一般的ではありません。かつてのサンボのような状態になっています。だが人気が高まっていると思います。今後10年間で更に盛り上がるでしょう」と語った。

 マーシャル氏は中国にシュワイジャオを習得の為に留学する予定である。今後、アメリカやヨーロッパで普及させるには資金的な問題、競技人口の問題、そしてルールを改善する必要があるとしながらも、護身術として価値がある事を説いた。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼RIZIN爆弾投下!メイウェザー払えんのか?~中止宣言の自爆まで舞台裏全容

[ファイトクラブ]RIZIN爆弾投下!メイウェザー払えんのか?~中止宣言の自爆まで舞台裏全容

▼国内外マット界!WWE新日-天龍オールスター実行委員退出-メイウェザー参戦

[ファイトクラブ]国内外マット界!WWE新日-天龍オールスター実行委員退出-メイウェザー参戦

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年11月22日号レジェンド集合 WWEベッキー メイウェザー参戦 新日キック ラウェイ