「俺が防衛しないとW-1の未来がなくなってしまう」大阪で初のW-1王座防衛戦!〜芦野祥太郎選手インタビュー

9月29日のエディオンアリーナ大阪第2競技場大会で、征矢学とW-1チャンピオンシップのリマッチを行なうことになった芦野祥太郎。チャンピオンに返り咲いての初防衛戦、そして自ら望んでの地方での初めての防衛戦ということもあり、気合いが入っている。第二次芦野政権では何を見せてくれるのか? そのプランなどを語ってくれた。

──まず羆嵐選手と一緒に出たタッグリーグがまさかの全敗で終わったんですけど、これについてはどのように思われているんですか?

芦野 不甲斐ない結果ですよね。まあ、そこは結果を出せなかったことを真摯に受け止めます。ただ、元々タッグリーグにモチベーションがなかったというか、タッグリーグに魅力がないんですよね。一応、W-1の中でタッグの一番を決めるというコンセプトがあるにもかかわらず、征矢&稲葉、岩石&佐藤、カズ&ペガソとかこれまで組んだことのないチームがポロッと出てきてしまうというか、出れちゃう。そこに魅力を感じなかったですね。だから、全敗でもいいっかって感じなんですよね。だって、負けたのだって丸め込みですから、ペガソも稲葉も。その丸め込みで勝とうとする根性の汚さですよね。正々堂々と勝とうとしない。力で相手をねじ伏せようと思わないんですかね?

──芦野選手が負けること自体珍しいんですけど、丸め込みでは負けた気がしない、と。

芦野 全くしないですね。オウンゴールみたいなもんですよ。彼が強いんじゃなくて、俺がミスしたから負けたって感じですね。

──ペガソ選手からは無差別挑戦の言葉も出ましたけど、どのように思っていらっしゃるんですか?

芦野 まだ早いんじゃないですか? まあ、ペガソがどう動くかによると思うんですけど。

──丸め込みの敗戦だけでは受ける気はあまりしないというところでしょうか? ただ、タッグリーグへのモチベーションも結局高まらず、最後の公式戦となった米子大会でのアンディ&パンテーラ組との公式戦は自ら反則負けという形で壊してしまいました。

芦野 もう決勝に上がれないことが決まったチーム同士の公式戦がメインなんですよ。「なんじゃそりゃ?」じゃないですか。だったら、反則負けでいいやっていう。29日の大阪での防衛戦に向けて体力を温存しようということです。結局、征矢とペガソが入ってきて4vs4になりましたけど、それはおいといて。

──ということはタッグリーグ中も頭の中は防衛戦のほうに集中していたということですか?

芦野 もちろんそうですね。だから、征矢にももうちょっと集中してほしかったんですけど、また#STRONGHEARTSのスパイがどうのこうのってふざけたことをやってるじゃないですか? 逃げたんじゃないですかね? 真剣な闘いに息が詰まっちゃって逃げたんでしょうね。

──自分から望んだリマッチなんですけどね。

芦野 自分から望んだんでしょうけど、彼のワイルドというスタイルがあって、それが逆に足かせになっちゃってる。真面目にやりたいんだけど、それを捨てきれないんでしょうね。だからベルトを取ってからも何がやりたいのかがわからなかった。今もそれが続いているので、一生迷い続けるんじゃないですか?

──芦野選手から見るとちょっと中途半端なイメージがあると。

芦野 どっちかに振り切らないと。結局、前のワイルドってやっていた征矢学のほうが魅力的だったんですよ。丸坊主にして中途半端に染めてるけど、それじゃあ何をやりたいのか伝わらない。彼なりにW-1のために何かを変えようと思っているんでしょうけど、結果として現れないですよね。

──それが芦野選手がベルトを持っていなかった時期にハッキリと現れてしまったということですか?

芦野 防衛回数に出ちゃいましたよね。シングルのベルトを持っていてシングルのタイトルマッチをやらないっていうのが問題じゃないですか? タッグばっかりだったし、その間に俺はタッグでチャンピオンになったけど、結局メインに出ずっぱりでしたからね。征矢はそれを崩せなかった。行動はどうあれ、この結果は受け止めてもらわないと。

──同じチャンピオンを張った者同士として物足りないチャンピオンだったと。

芦野 子どもたちにW-1を広めたいみたいなことを言ってたけど、その子どもたちはチャンピオンのタイトルマッチを見られないわけですよ。優しいけど、闘ったらあんなに強いチャンピオンの姿を見せられない。その時点で間違えちゃってますよね。

──防衛戦は会社が決める部分も大きいと思うんですけど、だったら自分で動いて防衛戦をやる機会を作れということですか?

芦野 そうですよ。無理矢理でも防衛戦をしていく気概がないと。いろいろ挑戦できる団体だと思うんですよW-1は。今、挑戦しないでいつやるのっていう話じゃないですか? だから、俺が1年間で高めてきたものを徐々に崩されていった感じですよ。しかも、その征矢に誰も挑戦していこうとしないし。

──羆嵐選手だけでしたね。

芦野 結局、Enfants Terriblesなんですよ。2017年も2018年もEnfants Terriblesがずっとメインを張ってW-1を仕切っていたということなんですよ。やっぱりW-1本隊の実力不足。NEW ERAがあった時はまだ「若手でがんばります」なんて言ってたけど、今じゃベテランの言いなりですからね。近藤の言うことを聞く土肥がいて、河野は佐藤や納谷の子守をしている。こんな状況では団体は上がらないですよ。だから、大阪での防衛はマストなんですよね。ここで俺が防衛しないとW-1の未来がなくなってしまうんじゃないかっていうぐらいの危機感を感じて試合に臨みますよ。それでタッグリーグに集中できなかったというのもあったんですけどね。

──自分が負けるとW-1が終わるっていう感覚があると。

芦野 せっかく進んでいたのにまた元に戻りますよ。#STRONGHEARTSが来ていて、何が主軸なのかがわからなくなってきている部分が会社にもあると思うんですよ。それをもう一度正したい。一番に目指すべきはこのシングルのベルトなんだよってことを大阪で示さないといけないですね。

──なるほど。ちなみに征矢選手とは今年3回目のタイトルマッチになりますね。

芦野 防衛したらもう受けないです。負けたら今度こそ一番後ろに並べって。リマッチ権なんて契約にあるわけじゃないんだから。今回はギブアップしてないって言うから、特別にリマッチを受けたわけであって、レフェリーストップだって技から逃げられないからそうなったわけだし、お前の負けだよって話なんですよ。ちょっと勘違いしてますよね。

──ただ、過去2回のタイトルマッチで、征矢選手との闘いはいずれも激闘になってきました。改めてその印象を教えていただけますか?

芦野 やりづらいですね。独特の空間があるんでこっちのペースを崩されちゃう。こういうタイミングでこの技が来るんだろうなって想定していると、早いタイミングで来たり、あるいはひとテンポ遅れて技が来たりするので、そこでダメージを負ってしまいますね。でも、彼はラリアットしかないんで。新木場の試合後に「ギブアップ取る!」とか言ってましたけど、関節技をナメんなよって。まあ、アンクルでありT−ボーンスープレックスであり、武器はこっちのほうが多いですから。どういう関節技で来るかわからないですけど、付け焼き刃では勝てませんよっていうのを証明するだけですね。

──なるほど。でも、文体のメインカードにもなったタイトルマッチを大阪でやるというのは意義があると思いますね。

芦野 W-1で地方で無差別のタイトルマッチをやるのは初なんで。新たな試みとしてチャンピオンに返り咲いた時にやろうと思っていたんですよ。もっと地方でタイトルマッチをやりたい。征矢が言っていたチャンピオンとしてW-1を広めていきたいというのはそういうことだと思うんですよ。また違った芦野政権を見せられると思うんでね。それから他団体の人ともやりたいですね、W-1のリングで。いろいろいるじゃないですか? 胸いっぱいプロレスをやっていきたい人とかいるでしょ? そういう人たちともやっていきたいですね。

──第一次政権とは違ったものを見せられると。

芦野 W-1の中ではもう一周しちゃっているんで。やっぱり地方でやるとか、違ったものを見せていかないと。でも、前にやった選手でもこのベルトに対しての強い気持ちを見せてくれるならやりますよ。防衛戦自体は毎月必ずやります。それは約束します。

──わかりました。では、タイトルマッチを楽しみにしている大阪のファンに一言お願いします。

芦野 W-1チャンピオンシップが大阪で初の開催ということで非常に気合いが入っています。必ず征矢を倒して1回目の防衛をして、この大阪を皮切りにまた長期政権を築いていきます。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第47回 情報先取りの『ファイト』はいつの時代も悪者扱い

[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第47回 情報先取りの『ファイト』はいつの時代も悪者扱い

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年09月27日号山本KID PURE-J WWE 原点回帰 ラウェイ Jewels 巌流島 中国キック