9・22 NJKF後楽園大会4選手インタビュー

『NJKF 2018 3rd』(9月22日、東京・後楽園ホール)ではWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・琢磨 (東京町田金子)とNJKFフライ級王者・松谷桐 (VALLELY)が揃って出場。それぞれ澤田曜祐 (NJKFスーパーフェザー級1位/PIT)と高坂侑弥 (WMCバンタム級3位/エイワ)を迎え撃つ。負傷があり昨年11月に王座を奪取して以来の試合となる琢磨と、今年6月に新王者となったばかりの松谷。2人が王者の強さを示す試合となるか、あるいは波乱の展開となるのか。

■琢磨
――久々の試合となりますが、この間どのように過ごしていましたか?
琢磨 去年11月の試合が終わって練習中に膝の靭帯と半月板を負傷してリハビリなどをして過ごしていて、試合間隔が空いてしまいました。でも今は試合に向けて最高の状態に仕上げています。
――最近は地元ラジオのパーソナリティもされているそうですが、これについて教えてください。
琢磨 ラジオ番組は地元の役員をしている方からお話を頂き、最初はゲストとして出させてもらって話すのが好きなので自分の番組を持たないかと話を頂き、今はパーソナリティーをやらせて頂いてます。反響があってすごくありがたいです。
――昨年はNJKFとWBCムエタイ日本統一王座のベルトを2本獲得しましたが、チャンピオンとなったことで何か変わったことや気づいたことはありましたか?
琢磨 団体を背負う覚悟と絶対勝ちにいく、最高の試合をするという気持ち、自覚が変わりました。
――今回の対戦相手・澤田選手の印象をお願いします。
琢磨 澤田選手は体がしっかりしている印象で、そんなに器用なイメージはないので噛み合うと思います。
――琢磨選手は試合を通じて力や感動を与えたいということよく言われますが、その思いやきっかけはどういうところにあるのでしょうか。
琢磨 4年前、脊髄損傷で進退が懸かった時すごく自分と向き合うことがあって、復帰するまでにたくさんの人の支え・応援のおかげで復帰ができて、自分も同じような境遇で苦しんでる人に自分の試合を見て頑張ろうという気持ちや勇気を与えたいと思ったからです。それが自分の伝えたい思いです。
――試合の意気込みをお願いします。
琢磨 今回復帰戦でたくさんの人のサポートでリングに上がります。感謝と自分の道を切り開く思いで思いっきり楽しんでぶっ倒しに行きます。応援よろしくお願いします。


■澤田曜祐
――前回4月の試合では白井達也選手に3R KO負けとなってしまいました。振り返っていかがですか?
澤田 白井選手はとても頑丈でパンチもあり素晴らしい選手でした。それにひきかえ自分はガードは甘く、攻めもワンパターンでダメダメでした。
――現在ランキング1位となりタイトルマッチも目前となりました。どんな気持ちでこれに臨みますか?
澤田 今後の人生に関わってくることなので、どうしても勝ちたいです。最高の状態で挑みます。
――今回の対戦相手となる琢磨選手の印象をお願いします。
澤田 パンチもキックも何でもできて、とにかく巧いという印象です。自分はいつも通り前に出て行って、手数はいつも以上に出して倒したいです。
――スーパーフェザー級は減量がキツいと以前話していましたが、今回はそれより重い60.5㎏の契約です。仕上がりもよいのではないですか?
澤田 そうですね、減量時の疲労もそこまででは無いのでいい動きができそうです。もちろん試合は最高のものにしたいです。
――十分キャリアを積んできた澤田選手ですが、この段階に来て思うこと・気づいたことなどはありますか?
澤田 はじめの内に教えてもらったことが1番大事ってことですね。ガードを上げろ、もっと蹴れ、力むな、いまだに言われることはほとんど変わらないですけど、負け続けてこれらを実感しています。
――試合へ向けての意気込みをお願いします。
澤田 格上とかは考えず、とにかく倒しに行きます。


■松谷桐
――ともに16歳、一航選手との無敗対決を制しチャンピオンとなった6月の試合を振り返っていかがでしょうか。
松谷 急遽、自分にタイトルマッチが回ってきてあの試合をしっかり勝てたのは本当によかったと思います。
――チャンピオンとなり、何か変わったことはありますか?
松谷 気持ちの面です! 練習から何もかも、“チャンピオンとしてしっかりやらなければ”と思うようになりました。
――今回は王者となっての第1戦です。どんな思いがありますか? 緊張、それとも責任感?
松谷 今回の試合はチャンピオンとして出場するので負けられないという気持ちはすごくあります。
――タイトルマッチの前から、「ベルトを獲ってからがスタート」と話していましたね。
松谷 今回もそうですが相手もだんだん強くなってきているので、ベルトを獲ってからがスタートだなと改めて思いました。
――試合へ向け、学校も休みの期間だったと思いますが、どのように過ごしてきましたか。
松谷 夏休みもいつもと変わらない感じで練習をしていました。
――対戦相手・高坂選手の印象をお願いします。
松谷 攻撃の返しがとても上手いので気をつけることはたくさんあるなと思います。
――試合の意気込みをお願いします。
松谷 今回はチャンピオンとしの出場で下手な試合はできないので、派手に倒して見せる試合をしたいと思います。


■高坂侑弥
――「前回の試合から本当に色々考えた」とツイートがありましたが、どんな思いがあったのでしょうか。
高坂 思うような結果が出せていない中、前回大舞台での大チャンスだったので、もしこれを逃したら引退ということも考えていました。試合が終わった後はあまり何も考えられなくて、1ヶ月ほどキックから離れていました。でも、そんな中で仲間の熱い試合を見たり、離れてみてまだ完全燃焼できていない自分に気づいて再起を決めました。逆に自分の気持ちを整理して、再確認するいい機会になったかなとプラスに捉えています。
――夏の間は熱海で合宿をされていたようですが、いかがでしたか?
高坂 階段や坂道、砂浜ダッシュなどとにかく走り込みました。いつもと違った環境下なのでまた違った気分でトレーニングができて、精神的にも肉体的にも一回り強くなれたかなと思います。
――初のNJKFとなりますので、ご自身がどんな選手であるかを教えてください。
高坂 キック主体な部分がありましたが、今はパンチの強化をしていてそれが上手く身についてきました。元々は距離を取って戦うタイプでしたが、今は違うタイプをイメージして練習しています。今までとはまた違ったスタイルになっているのでそこはお楽しみです。
――松谷選手の試合は見たことがありますか?
高坂 試合映像は見たことがありませんが、若くて勢いのある選手というイメージです。無敗で強いとは思いますが経験値でいえばまだまだ浅い。いろんなパターンを想定していますが、最終的には倒して勝つイメージができています。くぐってきた修羅場の数が違うのでその差を見せます。
――試合の意気込みをお願いします。
高坂 最近はスランプなのか自分のスタイルを迷って確立できていなかったと思います。 今は自分の頭の中で考えていることと動きを上手くリンクさせられるようになってきているので、今回はしっかり爆発させて倒して勝ちます。インパクトを残してもう一度KNOCKOUT出場にアピールできるような試合をします。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]パンクラスがレベルズとグループ化「スケールメリット」と格闘技界ウラ

[ファイトクラブ]パンクラスがレベルズとグループ化「スケールメリット」と格闘技界ウラ

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年09月27日号山本KID PURE-J WWE 原点回帰 ラウェイ Jewels 巌流島 中国キック