RAWアンダーテイカー顔見世!ブロック・レスナー参戦サウジアラビア11・2『クラウン・ジュエル』発表!

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 現地時間9月17日、RAW班は同じテキサス州と言っても、サンアントニオからはかなり遠いダラスに移動。天井からではないにせよ、金網からともにアナウンサーテーブルめがけて落ちたばかりのドルフ・ジグラーとセス・ロリンズが、またシングル戦敢行というのも、色んな意味でどうなのかという気もするが、移動も含めて皆さんタフである。前日の余韻が冷めやらぬなかで生中継大会が開催された。
 このエピソードでは、満を持して噂に昇っていたサウジアラビア開催『クラウン・ジュエル』大会が公式発表に。これで前夜、ブロック・レスナーのWWE契約延長の謎が解けたことになる。リヤドにあるキング・ファハド・インターナショナル・スタジアムで開催されるビッグイベントは、女人禁制こそ解けてないが、なにしろ予算が桁違い。ここでブロック・レスナーが試合をすることになる。この大会は日本時間11月3日、WWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。その他、史上初のWWEワールドカップ・トーナメントの開催も同時に発表された。
 女子では、ナイア・ジャックスがリング復帰。エンバー・ムーンのタッグ・パートナーということのようだ。

◆11・2『クラウン・ジュエル』でトリプルスレット形式ユニバーサル王座戦が決定
 PPV『ヘル・イン・ア・セル』でレスナーにユニバーサル王座戦をぶち壊されたローマン・レインズがリングに登場すると、「王座戦は計画通りではなかったが、俺はまだユニバーサル王者のままだ。レスナー!リマッチがしたいなら今出て来い」とレスナーを挑発すると、そこへ昨夜の対戦相手ブラウン・ストローマン、バロン・コービンGM、レスナーの代理人ポール・ヘイマンが次々に現れた。ストローマンは「お前はレスナーが試合を壊したことに感謝しろ。俺はお前からベルトを奪ってやる」レインズに宣戦布告すると、コービンGMは「いい解決策を考えた。11・2サウジアラビア公演で3人のトリプルスレット王座戦はどうだ」とビックマッチを提案。その後に現れたヘイマンは「レスナーがUFCでスターになればなるほど、WWEで大金が稼げる。レスナーはお前達2人にベルトを奪われたから昨日は乱入したんだ。サウジアラビア公演では王座戦を要求するぞ」とレスナーのリマッチ権行使を告げた。

 その後、番組ではサウジアラビア公演『クラウン・ジュエル』でトリプルスレット形式のユニバーサル王座戦が公式発表された。

◆アンダーテイカー、トリプルHとの最後の対決に「魂を奪って安らかに眠らせてやる」

 10月6日のPPV『スーパー・ショーダウン』で“最後の対決”としてトリプルHと対戦するジ・アンダーテイカーがRAWのリングに再び姿を現した。「トリプルHも昔は戦士だったが、最近は役員会議室に居るコーポレイト(会社)の人間となってしまった。最後の対決の結果は最初の時と同じだ。あいつを土に埋めてゲームオーバーだ」と勝利宣言すると、「ショーン・マイケルズがトリプルHに付くのなら、俺のセコンドには弟のケインが付く」と自身のセコンドを明かした。そして、最後には「マイケルズを引退に追い込んだように、今回はトリプルHを引退に追い込んでやる。引退だけでなく、奴の魂を奪って安らかに眠らせてやる」と墓堀人アンダーテイカーは圧倒的な存在感でリングを後にした。
 PPV「スーパー・ショーダウン」は日本時間10月6日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

◆ロンダ、ベラ・ツインズと盟友ナタリヤの仇討ち

 PPV『ヘル・イン・ア・セル』で王座防衛を果たしたロンダ・ラウジーがRAWに登場すると、「私はブレット・ハート、ストーンコールド、リック・フレアーのようなベストなチャンピオンになりたい。だから今日はオープンチャンレンジで誰の挑戦でも受けるわ」と闘う王者としての意欲を見せると、なんとロンダの盟友ナタリヤの音楽が流れ出した。しかし、実際にはライオット・スクワット3人が倒れたナタリヤを引きずって登場。「ナタリヤがこうなったのはあなたのせいよ。オープンチャレンジには私が応えてあげる」とルビー・ライオットがロンダに襲い掛かった。ロンダはルビーとリブ・ローガンに一撃食らわすと、セーラ・ローガンも投げ飛ばして迎撃したが、3対1の状況で劣勢になると、そこへ『TOTAL DIVA』の番宣を兼ねたベラ・ツインズが現れて救済。ベラ・ツインズがセーラ、リブを蹴散らすと最後はロンダがルビーを変形サモアンドロップで沈めてナタリヤの仇を取った。
 『スーパー・ショーダウン』ではロンダ&ベラ・ツインズ対ライオット・スクワットが行なわれる。

◆レインズ、シールドの救援で王座防衛に成功

 メインイベントで王者ローマン・レインズとバロン・コービンがユニバーサル王座を賭けて対戦した。前日の『ヘル・イン・ア・セル』での疲労が残るレインズだったが、コービンの攻撃を凌いで反撃するとコービンがパイプ椅子を使用。レフリーが反則負けをコールするも、コービンがGM権限で反則判定なしのノーDQとして強引に試合再開させてしまう。そして、そこへ共闘するブラウン・ストローマンが乱入してレインズに襲い掛かると、さらにドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイアも加勢。劣勢となったレインズにはシールドのセス・ロリンズ、ディーン・アンブローズが救援に駆けつけると大乱闘に発展した。ロリンズ&アンブローズがダブルトペ・スイシーダを炸裂させると、最後はレインズがスピアーでコービンを沈めて3カウント。レインズが劣勢を跳ね返して王座防衛に成功した。
 『スーパー・ショーダウン』ではシールド対ストローマン&ジグラー&マッキンタイアが行なわれる。

■ WWE RAW
日時:2018年9月17日(現地時間)
会場:アメリカ・テキサス州ダラス アメリカン・エアラインズ・アリーナ

<ユニバーサル王座タイトルマッチ>
○ロマン・レインズ(王者)
 ピンフォール
●バロン・コービン(挑戦者)

<タッグマッチ>
○エンバー・ムーン、ナイア・ジャックス
 ピンフォール
●ミッキー、アリシア

<シングルマッチ>
○アライアス
 反則
●ボビー・ラシュリー

<IC王座タイトルマッチ>
○セス・ロリンズ(王者)
 ピンフォール
●ドルフ・ジグラー(挑戦者)

<タッグマッチ>
○AOP
 ピンフォール
●グレゴリー・ジェームズ&バレット・ブラウン

<シングルマッチ>
○ベイリー
 ピンフォール
●デイナ・ブルック

<シングルマッチ>
○チャド・ゲイブル
 ピンフォール
●ビクター

<シングルマッチ>
○ドリュー・マッキンタイア
 クレイモア
●ディーン・アンブローズ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼カイリ・セインの上から目線に戸澤陽が怒り爆発!? WWE爆笑会見

[ファイトクラブ]カイリ・セインの上から目線に戸澤陽が怒り爆発!? WWE爆笑会見

▼WWE大阪総括~主役カイリ・セイン~ノア丸藤正道20周年記念

[ファイトクラブ]WWE大阪総括~主役カイリ・セイン~ノア丸藤正道20周年記念

▼『ALL IN』がもたらす地殻変動!コーディ新NWA王者 クリス・ジェリコ乱入

[ファイトクラブ]『ALL IN』がもたらす地殻変動!コーディ新NWA王者 クリス・ジェリコ乱入

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
▼WWEヘル・イン・ア・セル裏考察:ブロック・レスナー乱入!ベッキー・リンチ戴冠
’18年09月27日号山本KID PURE-J WWE 原点回帰 ラウェイ Jewels 巌流島 中国キック