原点回帰プロレス 世界マスクマントーナメント波乱! S・タイガー1回戦敗退!!

 新間寿プロデュース原点回帰プロレス第3弾が終了した。
 今大会から始まった、『タイガーマスク』劇中のふく面ワールドリーグ戦を彷彿とさせる『世界マスクマントーナメント』は、概ね予想通りの展開かと思われたが、メインでなんと、リアルジャパンプロレスの絶対王者スーパー・タイガーが、一瞬の返し技とはいえ、3カウントを奪われ敗れる大波乱。優勝戦線が一気に混沌としてきた。 

 セミファイナルで登場の“大鵬Ⅲ世”納谷幸男は、百戦錬磨のベテラン崔&KAZMAのコンビに客席のアルコールを吹きかけられるなど、インサイドワークに苦戦。パートナー河野のアシストで勝利は納めたものの、試合経験の少なさが顔を覗かせてしまったと言えよう。
 試合後「お前に負けたんじゃない」「幸男ちゃん」と挑発されて激昂した納谷。リングサイドで見ていて震える様なその「怖さ」を試合中にファンに伝わる様に出せるかが今後の課題か。

 カメラマンがマスク着用を義務づけられた第4試合の6人タッグでは、ブラソ・デ・オロ・ジュニアが、ルチャ一家で育ったサラブレットらしいスケールの大きな動きでファンを魅了した。

 メイン終了後、大会を総括したプロデューサーである新間寿リアルジャパン会長は、
「つまらなかったら途中で帰ろうと思っていたが…」
と、往時の初代タイガーマスクに比べてまだまだ物足りないとは言いながらも、手応えを感じている様子で締めくくった。

■ リアルジャパンプロレス 新間寿プロデュース 初代タイガーマスク佐山サトル認定『原点回帰』プロレス 第3弾~世界マスクマン・トーナメント開幕戦~
日時:7月3日(火) 開始18:30 
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1523人(満員=主催者発表) 

<第7試合 メインイベント 『世界マスクマン・トーナメント』1回戦 シングルマッチ30分1本勝負>
●スーパー・タイガー(第13代レジェンド王者/リアルジャパンプロレス)
 11:03 ドスカラスクラッチ
〇ドス・カラスJr.(メキシコ)

<第6試合 セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負>
〇河野真幸(WRESTLE-1) 納谷幸男(リアルジャパンプロレス
 12:13 シャイニングウィザード⇒片エビ固め
崔領二(プロレスリングLAND’S END) ●KAZMA SAKAMOTO(フリー)

<第5試合『世界マスクマン・トーナメント』1回戦 シングルマッチ30分1本勝負>
〇ブラック・タイガー Jr. (UWA)
 1:09 ハイブリッドブラスター
●スーパーデストロイヤー:アイン(国籍不明)

<第4試合 6人タッグマッチ 45分3本勝負〉
佐藤光留(パンクラスMISSION) 岩崎孝樹(DNA) ブラソ・デ・オロ・ジュニア(メキシコ)
 7:12 〇プラソ ムーンサルトドロップ ●バイキン 
 8:03 ●プラソ パワーリフトスラム⇒体固め 〇アンヘル 
 6:11 〇プラソ Wアームストレッチ ●ディアブロ
バイキン・キッド(メキシコ) レイ・アンヘル(メキシコ) マスカラ・ディアブロ(メキシコ)

<第3試合『世界マスクマン・トーナメント』1回戦 シングルマッチ30分1本勝負>
〇イホ・デ・ブラック・タイガー(UWA)
 B・Tボム⇒片エビ固め
●トスカーノ(メキシコ)

<第2試合 『世界マスクマン・トーナメント』1回戦 シングルマッチ30分1本勝負>
〇ドン・クロコダイル(オーストラリア)
 9:22 クロコダイルクラッチ
●スーパーデストロイヤー:カイン(国籍不明)

<第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
●間下隼人(リアルジャパンプロレス)
 5:44 ひざ十字固め
〇松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)

拡大版は『週刊ファイト7月12日号』に収録されました。

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年07月12日号WWE両国 棚橋弘至 原点回帰 DEEP パンクラス ONE総帥 ラウェイ日本