オング・ラ・エヌサンx長谷川賢が死闘!ONE Championshipミャンマー地元王者防衛で爆発

(C)ONE Championship

 6月29日(現地時間)にミャンマー・ヤンゴンで『ONE Championship: Spirit of a Warrior』が開催された。
 2011年7月14日、ビクター・キュイとチャトリ・シットヨートンによってシンガポールで設立されたアジア最大のMMA団体としてアジア各国の主要都市で大会を開催しているONE Championshipだが、アジアの主要各国の大都市での開催を続けており、今回はミャンマー・ヤンゴンで開催された。
 今大会のメインはONE世界ミドル級(他の団体ではライトヘビー級に該当)王座戦が組まれ、地元ミャンマーの王者オング・ラ・エヌサンが日本の長谷川賢の挑戦を受けた。下馬評は世界の強豪相手に勝利してきたエヌサン有利。試合も、地元で声援を受けるエヌサン有利で、長谷川はスタミナを消耗してふらふらになる。最後の5R、エヌサンのパンチラッシュに長谷川も前に出るが、最後はエヌサンのフック、アッパーが炸裂し、長谷川は前のめりにダウン。エヌサンが地元で最高のKO勝利、王座防衛を果たした。
 チャトリ・シットヨートンCEO&チェアマンは、両者の激闘に対してWarrior Bonus(戦士ボーナス)として両方に$50,000の上乗せ金を発表している。

■ ONE Championship: Spirit of a Warrior
日時:2018年6月29日(現地時間)
会場:ミャンマー・ヤンゴン トゥウンア・ナショナルインドアスタジアム

<ONE世界ミドル(※93.0キロ)王座タイトルマッチ>
○オング・ラ・エヌサン(ミャンマー/米国/王者)
 5R 3分13秒 TKO
●長谷川賢(日本/挑戦者)


<バンタム級(※65.8キロ)>
○レアンドロ・イッサ(ブラジル)
 1R 1分26秒 リアネイキドチョーク
●ローマン・アルバレス(北マリアナ諸島)

<フェザー級(※70.3キロ)>
○サゲッダーオ・ペットパヤータイ(タイ)
 判定 3-0
●マー・ジャワン(中国)

<フェザー級(※70.3キロ)>
○山田哲也(ロシア)
 2R 4分05秒 TKO
●ハファエル・ヌネス(ブラジル)

<ストロー級(※56.7キロ)>
○クリッサダ・コンスリチャイ(タイ)
 判定 3-0
●ジェレミー・ミアド(フィリピン)

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
▼来年3・30両国国技館One Championship上陸!
 チャトリ・シットヨートンCEO@有楽町ペニンシュラ東京ホテル
’18年07月12日号WWE両国 棚橋弘至 原点回帰 DEEP パンクラス ONE総帥 ラウェイ日本