6・17 RISE 125 藤田大和インタビュー『天心、大晦日まで待っていてくれ!』原口健飛インタビュー『自分にしかできないオリジナル技をお見せします!』


■ 藤田大和インタビュー『天心、大晦日まで待っていてくれ!』
Road to RIZIN KICK Tournamentに参戦する藤田大和の事前インタビューをお知らせします。
 
3月24日のRISE123(東京・後楽園ホール)では、RISEフェザー級7位(当時)の泰良拓也を相手にワンサイドの試合展開で1RKO勝ちを収め、衝撃のRISEデビューを果たした藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)。RIZINで那須川天心と二度も闘ったアマチュアボクシング出身の大物はRoad to RIZIN KICK Tournament優勝を果たして天心との3度目の対決を狙う。
(インタビュー FUSE)
 
 
──今回、RIZIN立ち技最強GPの出場権を懸けたワンデイトーナメントに出場することが決まりました。
藤田 RISEビッグイベント参戦というのも勿論そうですが、また天心君にリベンジするための機会を与えてもらったことでモチベーションは凄く高くなりましたね。
 
──那須川選手とは2度対戦していていずれも敗れています。2度目の対戦となった昨年大みそかは1R KO負けという結果に終わりましたが、“次やれば”というような手応えを掴んだのでしょうか?
藤田 手応えというよりは悔しさの方が大きかったですね。去年10月の初対戦時に手応えはかなり掴んでいて、再戦ではいきなりパンチを当てにいったことでちょっとしたミスをしてしまい、勝負を焦りすぎた部分もありました。そこが反省点ではあるのですが、3度目はいけるかなと思っています。
 
──那須川選手に対してはMMAルールよりもキックルールでリベンジしたい想いは強いのでしょうか?
藤田 そうですね。まぁ、相手の土俵ですけど、キックルールで今年はしっかりリベンジすると決めました。
 
──今回のトーナメント出場メンバーを見てどういう印象がありますか。
藤田 みんなキックボクサーだなという印象ですね(笑)。特に印象が残っている選手はいないです。僕はキックボクサーのことを知らないので名前ぐらいしか知りません。
 
──ボクシングから転向して、キックの同階級の選手のことを調べたりすることはないのでしょうか。
藤田 してないですね。
 
── 一回戦で対戦する宮崎就斗選手についても情報は入手していない?
藤田 自分が出た3月のRISEに出ていたので試合をちょっと見ただけですが、特に油断さえしなければ負けない相手かなと。試合を見ていても特に僕を驚かせるようなものはありませんでした。
 
──那須川選手と同じTARGET所属ということで、藤田選手への対策は万全でくると思われます。
藤田 今回僕とやるのは天心君じゃないんでそこは問題ないです(笑)。
 
──宮崎選手はローキックを得意としています。
藤田 ローは耐えられるので全然問題ないと思います。ボクサーはローに弱いと一般的に言われてますよね。去年10月に転向してたくさんローを蹴られましたが、全然大丈夫でした。痛くも痒くもないと言ったら言い過ぎですが、戦う上で支障はありませんでした。
 
──次の試合に向けて練習で強化していることはありますか?
藤田 いつも通りやるだけですね。
 
──今度の試合でファンに見てもらいたいところは?
藤田 自分のパンチ。しっかり倒せるところを見ていて下さい。
 
──何ラウンドにKOでしょう?
藤田 それを言っちゃうと力んでしまうので(苦笑)、しっかり倒しますということで。
 
──3月のRISEでは、RISEフェザー級7位・泰良拓也選手を相手に得意のパンチで1RKO勝ち、と強烈なインパクトを残して勝つことが出来ました。
藤田 結果的に1RKOという周りの期待には応えることができましたが、周りからのプレッシャーがあった分、倒しにいこうとして動きが硬くなってしまいました。そこは修正して次回につなげたいと思います。
 
──ご自身のパンチはキックボクサーのパンチとは質が違うと感じますか?
藤田 そうですね。レベルは違うと自分でも実感してますし、そういう部分を今後も試合で出していきたいですね。
 
──今回のトーナメント反対ブロックの原口健飛選手もボクシング経験があり、17歳でプロデビュー。2016年には高校生ながら西日本新人王決定トーナメントで準決勝へ進出している実績があります。警戒していますか?
藤田 そんな実績があるとは知りませんでした(笑)。眼中にないということではないのですが、今は目の前の宮崎選手との試合をクリアーしてから次のことを考えていきたいと思います。
 
──那須川選手にメッセージはありますか?
藤田 天心君とやるとしたら大みそかの舞台。そこまで待っていてくれという感じですね。

■ 原口健飛インタビュー『自分にしかできないオリジナル技をお見せします!』
 
昨年、10年ぶりに復活した『DEAD OR ALIVE TOURNAMENT』一回戦で優勝した内藤大樹と延長戦までもつれ込む激闘を繰り広げ、我々に大きなインパクトを残した原口健飛(Kick Lab)。今回は早くも2回目となるトーナメント参戦となったが、原口は初戦となるMOMOTARO戦で「当たれば、200%倒れる」と豪語するオリジナルの必殺技を繰り出す用意があることを打ち明けた。
(インタビュー FUSE)
 
 
──今回、RIZIN立ち技最強GPの出場権を懸けたワンデイトーナメントに出場することが決まりました。
原口 いつもは-60kg契約でやっていますが、今回は-58.0kg契約ということで減量がきついのですが、せっかくのビッグチャンスなので頑張ってダイエットして挑もうと思います。
 
──下の階級でやることで身体の動きはどうですか?
原口 落とし切ったら大丈夫だとは思いますが、そこまでがしんどいですよね。でもモチベーションがいつもと違うので、その分、楽しく減量出来るのかなと思います。今までで最高のモチベーションですから。
 
──トーナメント出場メンバーを見てどのような印象を受けました?
原口 一番やりたくなかったのがMOMOTARO選手でした。一発目でやるのも嫌ですし、決勝戦でやるのも嫌です(苦笑)。
MOMOTARO選手は僕と同じくうまい選手なのでちょっとやりにくいかなと。ここで勝てばあとは優勝まで行けると思います。
 
――MOMOTARO選手は伝統派空手をベースとしているだけに独特のファイトスタイルですね。
原口 そうですね。向こうもやりにくいと思うのでお互いに見合う試合になりそうです。スキは結構あるのですが、目がいいので無駄打ちしたくないですし、カウンターもあっちは上手ですからね。
 
――試合に向けた練習で今強化していることはありますか。
原口 MOMOTARO選手対策に入ってます。特に何かを磨いているというわけでもなく、いつも通りに練習しています。今から新しいものを覚えようと思っても間に合わないと思うので、いつも通りの自分を出せば勝てるのかなと。
 
──反対ブロックの宮崎就斗選手と藤田大和選手はどっちが勝ち上がってくると予想しますか?
原口 絶対に藤田選手でしょうね。藤田選手はボクサータイプで僕よりも身長が低いので、蹴りで勝負するしかないです。僕もボクシング経験がありますが打ち合わずにカウンターで倒してきたタイプです。藤田選手の圧力に耐えられるかどうかも重要なポイントです。打ち合ったら負けるので、蹴り技で翻弄して、出て来たところを狙っていきます。
 
──ワンデイトーナメントだけに1日2試合を想定しての練習になりますか?
原口 そうですね。空手時代のワンデートーナメントの経験がありますし、今回は2試合なので気合いで乗り切ります。前回、RISEに参戦した時は初戦負けでしたが、トーナメントだったのでその経験も活きそうです。
 
──原口選手は関西の格闘技イベント『アクセル』でプロデビューしているだけに、関東の選手には負けたくないという意地はありますか?
原口 そこもモチベーションのひとつです。僕が持っている団体のベルトはレベルが低いと思われているみたいなので、僕が勝っていけばベルトの価値は上がっていきます。団体自体は小さいかもしれませんが、僕が強くなれば、アクセルには強いチャンピオンがいると思われ、自然と団体も大きくなっていきます。そのために僕は頑張っています。
 
──アクセル愛を感じます。
原口 愛というよりは、お世話になっている団体なので僕の力でアクセルを大きくしていけたら、と思いますね。

──昨年11月のRISE初参戦で、初の東京での試合だったわけですが、関西でやるのとはいろいろと違いました?
原口 初めて緊張しましたし、入場して会場に来ていた人の多さにビックリしました。あんな大きな場所で試合をするのは初めてだったんです。
 
──もうすでにRIZIN立ち技最強GP出場は視野に入ってますか?
原口 そうですね。9月に絶対に勝って年末のGPに出たいですね。

──以前に対戦をアピールしていた那須川天心選手のエントリーがすでに決定しています。そこは意識しています?
原口 減量がこれからしんどくなってくるので、やるなら今年かなと。(那須川と)やる唯一のチャンスだと思うのでぜひやっておきたいですね。
勝ち負け関係なく、世界最強の男と一度やっていれば、この先どんな選手とやっても試合は怖くなくなるだろうし、学ぶことは多いと思います。
 
──ちなみに来年はどの階級でやっていく予定ですか?
原口 たぶん自然と60kg級の身体になってくると思います。身長が高いのでそれ以上に重くなるかもしれないので階級を上げていきたいのですが、今は60kgでRISEのベルトを狙って行こうかなと。

――ファンに向けてメッセージをお願いします。
原口 テクニック対決になると思うのですが、僕の技の質は高いと思うので、この違いを見て下さい。勝ち負けはあんまり気にしていなく、どれだけデカイ会場を盛り上げるかを考えています。天心君のこの前の試合(中村優作戦)で見せた胴回し回転蹴りが盛り上がっているので、僕も自分にしか出来ない技を見せたいと思います。

――新しく考えている技があるのでしょうか。
原口 出来るかわかりませんが、タイミングが合えばやろうかなと。今回綺麗に戦ってくれるタイプでサウスポーだから出せるかもしれません。初めてサウスポーと戦うので、初めて出しますよ。技の名前ですか? 決めてないです(笑)。周りの人に見て決めてもらおうと思います。当たれば200%倒れるのですが、出すタイミングがあるかないか……(笑)。期待してて下さい。
 

■ Cygames presents RISE 125(サイゲームス プレゼンツ ライズ ハンドレッドトゥエンティファイヴ)
日時:2018年6月17日(日) 開場13時/本戦開始15時予定 ※開場後オープニングファイトを予定
会場:千葉・幕張メッセ・イベントホール(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
GAYO!生配信

<RISE世界フェザー級(-57.15kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R>
那須川天心(TARGET/Cygames/RISEバンタム級王者)
vs.
ロッタン・ジットムアンノン(タイ/ジットムアンノンジム/ルンピニースタジアムスーパーフェザー級1位、ラジャダムナンスタジアム同級2位)
 
<第3代RISEフェザー級(-57.5kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R>
森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラAKK/同級1位)
vs.
工藤政英(新宿レフティージム/同級2位)
 
<スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R>
野辺広大(RISE ON/INSPIRIT/同級1位、前王者)
vs.
裕 樹(ANCHOR GYM/同級2位、RISE三階級王者)
 
<SuperFight!-62kg契約 3分3R延長1R>
チャンヒョン・リー(韓国/RAON/RISEスーパーフェザー級王者)
vs.
町田 光(橋本道場/初代REBELS 60kg級王者、第2代INNOVATION Sフェザー級王者)
 
<SuperFight! -90kg契約 3分3R延長1R>
清水賢吾(極真会館/RISEヘビー級王者、SB日本ヘビー級王者)
vs.
“Strek”バダ・フェルダオス(オランダ/dojo Peter Arts/オランダ ヘビー級王者)
 
<-67kg契約 3分3R
HIROYA(TRY HARD GYM/初代Krush -65kg級王者)
vs.
髙谷裕之(FIGHT FARM/第2代DREAMフェザー級王者)
 
<Road to RIZIN KICK Tournament 3分3R延長1R>
MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者、RISE DEADE OR ALIVE -57kg TOURNAMENT2017準優勝)
vs.
原口健飛(Kick Lab/JAPAN CUP 2017 -57kgトーナメント優勝、Accelフェザー級王者)
 
<Road to RIZIN KICK Tournament 3分3R延長1R>
宮崎就斗(TARGET/RISEフェザー級5位)
vs.
藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/アマボクシング全日本選手権’11バンタム級(56kg)優勝)
※1日で決勝戦まで実施
 
<ミドル級(-70kg)3分3R延長1R>
イ・ソンヒョン(韓国/RAON/前RISEライト級王者)
vs.
松倉信太郎(TRY HARD GYM/Krush YOUTH GP 2012 -70kg級王者)
 
<スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R>
一 馬(MONSTAR GYM/同級4位)
vs.
白鳥大珠(TEAM TEPPEN/元WPMF日本スーパーフェザー級王者) 
 
<-58kg契約 3分3R延長1R>
篠塚辰樹(TEAM TEPPEN/RISEフェザー級6位)
vs.
半澤信也(トイカツ道場/J-NETWORKフェザー級10位)
 
<-53kg契約 3分3R>
奥脇一哉(はまっこムエタイジム/元REBELS-MUAYTHAIフライ級王者)
vs.
金子 梓(新宿レフティージム)
 
<-46kg契約 3分3R
佐藤レイナ(team AKATSUKI/NJKFミネルヴァ アトム級2位、元TRIBELATEピン級王者)
vs.
那須川梨々(TEAM TEPPEN/2017年KAMINARIMON女子Bクラストーナメント-45kg級優勝)

<-68kg契約 3分3R延長1R>
“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/J-NETWORKウェルター級王者、RISEウェルター級2位)
vs.
ヤン・ジンファン(韓国/Team Hon/世界キックボクシング-65kg級王者)
 
<オープニングファイト KAMINARIMON×新空手 アマチュア最強決定戦 -63kg契約 2分2R(延長1分1R)>
清水佑太郎(Club TOSHI/2018年KAMINARIMONアマチュア最強決定トーナメント-63kg級優勝)
vs.
澤谷 龍也(HAWK GYM/2018年新空手K-2選抜トーナメント-63kg級優勝)
 
<オープニングファイト KAMINARIMON×新空手 アマチュア最強決定戦 -57.5kg契約 2分2R(延長1分1R)>
須田翔貴(TEAM TEPPEN/2018年KAMINARIMONアマチュア最強決定トーナメント-57.5kg級優勝)
vs.
大野 力(己道会/2018年新空手K-2選抜トーナメント-57.5kg級優勝)

【料 金】
 ・VIP 50,000円(完売)
 ・SRS 30,000円(残り僅か)
 ・RS 10,000円(完売)
 ・S席 8,000円(完売)
 ・2階スタンド席 6,000円(完売)
 ・3階スタンド席 5,000円
 ※当日券は各500円アップ/未就学児は保護者膝上に限り無料
 
【販 売】
 ・チケットぴあ TEL:0570-02-9999 http://pia.jp/t/
  (ぴあカウンター、サークルK、サンクス、セブンイレブン各店)
 ・ローソンチケット TEL:0570-084-003 http://l-tike.com/
  (ローソン店頭ロッピーにて)
 ・イープラス=http://eplus.jp/battle/(携帯&パソコン同じアドレス)
  (ファミリーマート各店)
 ・RISEクリエーション 03-5319-1860
 ・RISEオフィシャルショップ https://rise2003.stores.jp/
 
【ほ か】
 ・問い合わせ RISEクリエーション 03-5319-1860
 ・ホームページ www.rise-rc.com
 ・Facebook www.facebook.com/rise2003
 ・Twitter @RISE_2003
 ・Instagram www.instagram.com/rise_2003official
 


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼国際式ボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチからみた直前の減量と最近主流の水抜き減量

[ファイトクラブ]国際式ボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチからみた直前の減量と最近主流の水抜き減量

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年05月24日号浜田文子逮捕 新日社長Lion’sGate SEAdLINNNG 新日キック ラウェイ

’18年05月31日号TV放送権WWE-UFC 全日後楽園 R木村命日 I編集長 秋山準 浜田文子