アンジェラ・リーがV.V Meiを5R判定で下し王座防衛!青木真也は三角締め一本~One Championshipシンガポール

 日本でもAbemaTVで中継されたOne Championship、メインが女子のアトム級王座戦だ。会場にブラックサバスの♪アイアンマンが鳴り響き、9歳の時に母を亡くしたV.V Meiが日の丸を背負って入場する。しかし、アンジェラ・リーは地元の英雄であり、交通事故からのカムバックというストリーもある。感極まって涙を流す入場もまたアリなのだろう。エンタメ格闘技のプレゼンテーションとしてもお膳立ては揃ったトリとなった。

 試合は、身長で10cm高いリーが前半戦を支配。Meiはなかなか中に入れず、2Rのアームバーは極まったかに見えたがそこは関節がやわらかい女子なのか。
 最終の5R、ようやくMeiにエンジンがかかりテイクダウンが決まり見せ場を作ったが、判定は前半戦の貯金もありユナニマスに。もっとも立派にメインを務め上げたと言えよう。
 なお、青木真也が三角締めを極めて復活勝利を飾っている。

■ One Championship 72:Unstoppable Dreams
日時:5月18日(現地時間)
会場:シンガポール、カラン シンガポール・インドアスタジアム

<One世界女子アトム級選手権試合(52.2キロ)/5分5R>
[王者]○アンジェラ・リー(EVOLVE MMA)
 判定3-0
[挑戦者]●V.V Mei(RIKI GYM/和術慧舟會GODS/HybridFighter)

<ONEスーパーシリーズ・ムエタイ・世界フライ級(61.2kg)王者決定戦 3分5R>
○サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ/元ルンピニー2階級王者)
 4R 2分47秒 右肘打ちKO
●セルジオ・ヴィールセン(オランダ/元IT’S SHOWTIME 61kg王者)
 オープンフィンガー・グローブ着用での肘アリのムエタイ。レフェリーは大成敦がダウンカウントを数えた。

<ONE世界フェザー級選手権試合(70.3キロ)/5分5R>
[王者]○マーチン・ヌグエン(豪州)
 判定2-1
[挑戦者]●クリスチャン・リー(米国)

<ライト級(77.1キロ)/5分3R>
○青木真也(日本/EVOLVE MMA)
 1R 3分15秒 三角絞め
●ラスル・ヤキャエフ(ロシア)