エメリヤエンコ・ヒョードルがTKO勝ち!Bellator 198

(C)Bellator

 4月28日(現地時間)にイリノイ州ローズモントで『Bellator 198: Fedor vs. Mir』が開催された。
 BELLATOR(ベラトール)は、アメリカを本拠地として2009年に設立された、総合格闘技団体。本国アメリカでは「スパイクTV」で放送され、設立わずか7年で世界第2位の団体に上り詰めた。ド派手な演出やファンの心を鷲掴みにするマッチメイクは、スポーツライクな路線を突き進む他のプロモーションとは一線を画している。
 今大会は、ヘビー級グランプリ一回戦、エメリヤーエンコ・ヒョードル対フランク・ミアーがメインで組まれた。MMAレジェンドであるヒョードルとミアが激突するという事で世界中のMMAファンの間で大きな話題となった。試合は、ミアがスタンドでヒョードルを金網際まで追い込むが、ヒョードルが切り返してテイクダウンを奪うという、一進一退の攻防となった。ミアは短期決戦を仕掛けスタンドでワンツーで攻めるが、ヒョードルが下がりながらのロシアンフック連打。これが、ミアを捕らえ、ミアは前のめりにダウン。ヒョードルの追撃のパウンドをレフェリーがストップして、ヒョードルがTKO勝利。ヒョードルがヘビー級グランプリ準決勝にコマを進め、チェール・ソネンと対戦する事となった。

■ Bellator 198: Fedor vs. Mir
日時:2018年4月28日(現地時間)
会場:アメリカ・イリノイ州ローズモント オールステイト・アリーナ

<ヘビー級グランプリ1回戦>
○エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
 1R 0分48秒 TKO
●フランク・ミアー(米国)

<フェザー級>
○エマニュエル・サンチェス(米国)
 1R 3分52秒 肩固め
●サム・シシリア(米国)

<188ポンド契約>
○ラファエル・ロバトJr(米国)
 1R 1分11秒 腕十字
●ジェラルド・ハリス(米国)

<ウェルター級>
○ネイマン・グレイシー(ブラジル)
 2R 3分18秒 肩固め
●ハビエル・トーレス(メキシコ)

<175ポンド契約>
○ディロン・ダニス(米国)
 1R 1分38秒b トォー・ホールド
●カイル・ウォーカー(米国)

※詳細拡大版は週刊ファイト5月8日号に収録されました。


※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年05月08日号かさいあみ 丸藤Cカーニバル 新日 WWS ラウェイ DEEP サウジGRR