ロレンツ・ラーキンが判定勝ち!Bellator 193

(C)Bellator

 1月26日(現地時間)にカリフォルニア州テメキュラで『Bellator 193: Larkin vs. Gonzalez』が開催された。
 BELLATOR(ベラトール)は、アメリカを本拠地として2009年に設立された、総合格闘技団体。本国アメリカでは「スパイクTV」で放送され、設立わずか7年で世界第2位の団体に上り詰めた。ド派手な演出やファンの心を鷲掴みにするマッチメイクは、スポーツライクな路線を突き進む他のプロモーションとは一線を画している。そして、日本でもインターネットテレビ局「AbemaTV」(アベマ・ティーヴィー)と正式契約し、生放送も開始され盛り上がっている。
 今大会は一週間前にビッグマッチを行ったばかりなので、隙間大会というか、知名度よりも通好みのカードが組まれた。メインは元UFC戦士のロレンツ・ラーキンとベラトール生え抜きと言ってもよいフェルナンド・ゴンザレスの一戦。UFC上がりと生え抜きの対抗戦という図式となった。試合は、ラーキンがテイクダウンを狙わず、スタンドでの打撃で試合を有利に進め、ポイントを稼いで判定勝ち。UFCからの刺客が勝利した形となった。
 また、同じく元UFCでジ・アルティメット・ファイター、シーズン3優勝者のケンドール・グローブも登場。もっともグローブはUFCリリース後、世界各国のMMA団体に参戦したあとベラトールに定住しているのだが、こちらは、日本のライジンに参戦経験もあるA.J.マシューズと対戦した。試合は僅差の判定でマシューズが勝利。かつてのアルティメット・ファイターも勝てなくなってきた。

■ Bellator 193: Larkin vs. Gonzalez
日時:2018年1月26日(現地時間)
会場:アメリカ・カリフォルニア州テメキュラ ペチャンガ・リゾート&カジノ

<キャッチウェイト(180ポンド)>
○ロレンツ・ラーキン(米国)
 判定 3-0
●フェルナンド・ゴンザレス(米国)

<ライト級>
○サエッド・アワッド(米国)
 判定 3-0
●J.J.アンブローズ(米国)

<ミドル級>
○A.J.マシューズ(米国)
 判定 2-1
●ケンドール・グローブ(米国)

<ライト級>
○ジェイク・スミス(米国)
 1R 0分57秒 TKO
●スティーブ・コゾラ(米国)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]裏ネタ大放出!超人ホーガン立候補!? ボビー・ラシュリー 新日 さらに

[ファイトクラブ]裏ネタ大放出!超人ホーガン立候補!? ボビー・ラシュリー 新日 UFC さらに

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年02月01日号RAW25周年新日CMLL裏ネタ太平洋技名タニマチ最強PURE-J村田諒太