3WAYでのヘビー級王座戦はノーコンテスト!インパクト・レスリング!

(C)TNA

 1月18日(現地時間・放送日)に放送された『Impact』は、インパクトグローバル王座(インパクト世界ヘビー級王座)をかけた3WAYマッチが行われた。現王者イーライ・ドレイクに、鳴り物入りでインパクト・レスリング入りしたジョニー・インパクト、そして元王者であり、現在はヒール転向を果たしたアルベルト・エル・パトロンが挑戦したこの試合は、3人が敵同士なので、勝負が決まりそうになると、必ず、残った一人がレフェリーの足を引っ張って、邪魔をするのでなかなか勝負が決まららない。散々、足を引っ張られたレフェリーが遂に3人に切れると、ドレイク、インパクト、パトロンの3人が一斉にレフェリーにキックを浴びせるという大波乱の展開となった。更に、次のレフェリーもドレイクに倒され、バックステージのレスラーもリングに乱入して、大混乱に。結果、試合はノーコンテストとなり、ドレイクの王座防衛となったが、王座戦線は更に混沌としてきたようだ。

■  Impact Wrestling Bound for Glory2017
日時:2018年1月11日(現地時間・放送日)
会場:カナダ・オンタリオ州オタワ(TVテーピング)

<シングルマッチ>
○ローズマリー
 ピンフォール
●KCスピネリ

<インパクトグローバル王座タイトル3WAYマッチ>
-イーライ・ドレイク(王者)
 ノーコンテスト
-アルベルト・エル・パトロン(挑戦者)、-ジョニー・インパクト(挑戦者)

<シングルマッチ>
○コンゴ・コング
 ピンフォール
●チャンドラー・パーク

<Xディビジョン王座タイトルマッチ>
○イシモリ(王者)
 ピンフォール
●デズモンド・エグザビア(挑戦者)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]年内最終号:1・4東京ドーム~宝城カイリ~WWE/UFCの観客動員減

[ファイトクラブ]年内最終号:1・4東京ドーム~宝城カイリ~WWE/UFCの観客動員減

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年1月4-11日合併号1・4新日Lion’sGate国際プロGカブキDeepRizinラウエイ