カリスティコ率いるテクニコ軍が勝利!CMLL 定期戦


(C)CMLL

 1月12日(現地時間)にメキシコ・アレナメヒコで『アレナメヒコ金曜定期戦』が開催された。
 今大会のメインは初代ミスティコことカリスティコがマルコ・コルレオーネ、ディアマンテ・アスールと組んで、エル・テリブレ、クラネオ、バンジェリスというルード軍と対戦。テクニコ対ルードというルチャリブレ本来の王道6人タッグマッチとなった。試合は、ルード軍がルードらしく覆面剥ぎ、集団攻撃、金的攻撃など反則でテクニコ軍を攻めまくるという、これまたルチャリブレの王道展開となった。そしてなんとバンジェリスが大物カリスティコを仕留めるという金星を達成。しかし、2本目、息を吹き返したテクニコ軍はカリスティコがバンジェリスにミスティカを極め、コルレオーネがアエロ・イタリアでクラネオを仕留めて1対1に戻した。そして最後はアスールが、必殺のジャーマンスープレックスでテリブレを仕留めテクニコ軍が勝利。終わってみれば大団円という形になった。

 セミファイナルでは、トランプ大統領信者、反メキシコギミックで悪の限りを尽くし、遂にネグロ・カサスに髪切りマッチで敗れて丸坊主になったサム・アドニスが登場。ルードのメフィスト、エフェストと組んで、因縁のあるブルー・パンデルと対戦した。アドニスはなんとロングヘアーのかつらをかぶって登場。反則でテクニコ軍を追いこむが、これに怒ったテクニコ軍の怒りが爆発。バリアンテがアドニスのかつらを取って放り投げて、戦線離脱に追い込む。その勢いのまま、バリアンテはメフィストを仕留めてフォール勝ち。テクニコ軍が快勝した。

■ CMLL アレナメヒコ金曜定期戦
日時:2018年1月6日(現地時間)
会場:メキシコ・アレナメヒコ

<6人タッグマッチ>
○カリスティコ、マルコ・コルレオーネ、ディアマンテ・アスール
 2-1
●エル・テリブレ、クラネオ、バンジェリス

<6人タッグマッチ>
○ブルー・パンテル、ストゥーカJr.、エル・バリエンテ
 2-1
●サム・アドニス、メフィスト、エフェスト

<シングルマッチ>
○ティタン
 ピンフォール
●レイ・コメタ


▼[ファイトクラブ]WWEロンダ・ラウジー~ドン・キャリスTNA執行部入り~マット界師走

[ファイトクラブ]WWEロンダ・ラウジー~ドン・キャリスTNA執行部入り~マット界師走

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年1月4-11日合併号1・4新日Lion’sGate国際プロGカブキDeepRizinラウエイ

’18年01年18日号RIZIN巌流島1・4新日星野監督金権PURE-J新日本キックWRESTLE-1