[ファイトクラブ]超絶筋肉美・渡辺華奈 鮮烈腕ひしぎデビュー! 女子MMAブーム爆発間近!

[週刊ファイト12月7日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼[ファイトクラブ]超絶筋肉美・渡辺華奈 鮮烈腕ひしぎデビュー! 女子MMAブーム爆発間近!
 photo text by こもとめいこ♂

・DEEP JEWELS 18画像増量で詳報!
・渡辺華奈、修斗アマ優勝者相手にMMA鮮烈デビュー。
・仮面女子・川村虹花はデビュー戦でボクシングの実力者を圧倒。
・「アイドルと格闘技さいたまスーパーアリーナへ立つ」に井田真木子さんの『少女プロレス伝説』がリンク

 仮面女子川村虹花のデビュー戦が話題となり、満員札止めとなった『DEEP JEWELS 18』
 もう1人、格闘技ファンから注目されたのが、元実業団柔道・JRの渡辺華奈4段。
 TBSのSASUKE、KUNOICHIで披露した筋肉美でお茶の間でもお馴染みだが、柔道家としては指定強化選手に選ばれ、東海大⇒実業団と進んだ実力者。

 元は63kg級から階級を落としての57kg級だけに、すらっとした、これぞアスリート! な、筋肉質体型はほれぼれする肉体美。
 
 
 167cmと女子としては比較的高身長で、同じ57kg級・ロンドン五輪金メダルの松本薫は164cm。
 70kg級でリオ五輪金メダルの田知本遥が同じ167cmなので、柔道家としてはその体型がややハンデとなっていた感もある。
 それだけに、MMAへの転身は、格闘家としての本来のポテンシャルを活かす絶好のチャンスともいえる。
 
 デビュー戦ながら第8試合ということで、主催側の期待も伺える試合順。その相手は、全日本アマチュア修斗選手権フライ級優勝のひかりで、こちらも実力者。
 

 柔道の猛者とはいえ、打ち合いになればひかり有利と思われたが、巧みにディフェンスして決定打を打たせない渡辺華奈は間合いを詰め、ロープ際で鮮やかな内股を決めグラウンドへ。


 ただ、ひかりも柔道歴15年を誇る修斗の猛者だけに簡単には極めさせない。
 しかし、2R、マウントでパンチを浴びせた渡辺華奈にひかりは戦意喪失気味になり、ほぼ勝負が決したところに腕十字が極まってタップとなった。


記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む