ハムザット・ダルジエフが新王者!M-1 Challenge 86

(C)M-1

 11月24日(現地時間)にロシア・ナズランで『M-1 Challenge 86: Battle in Nazran』が開催された。
 ロシア最大のメジャーMMA団体となっているM-1は、定期的に大会を開催し、ロシアのテレビ局でも生放送されている。そして参戦選手はロシア国内にとどまらず世界各国から集めている事でも意義あるMMA団体となっている。
 今大会のメインはフェザー級王座戦で、王者イヴァン・ブッシンガーが挑戦者ハムザット・ダルジエフを迎え撃った。ブッシンガーは元M-1ライト級王者マゴメド・イドリソフとの王者対決に敗れたものの、フェザー級王者として連勝を重ねてきている。対するダルジエフはMMAデビュー戦で敗れて以来、9連勝と勢いに乗っている。試合はブッシンガーがワンツーでダルジエフからダウンを奪うも、ダルジエフがすぐに体勢を立て直して電光石火のテイクダウンを奪う。グランドから逃れたいブッシンガーを逃がさず、ダルジエフが強烈なパウンドを叩き込む、ブッシンガーが意識を失ってダルジエフがTKO勝利で、新王者に輝いたのだった。

■ M-1 Challenge 86: Battle in Nazran
日時:2017年11月24日(現地時間)
会場:ロシア・ナズラン

<フェザー級王座タイトルマッチ>
○ハムザット・ダルジエフ(ロシア/挑戦者)
 1R 2分35秒 TKO
●イヴァン・ブッシンガー(スロバキア/王者)

<キャッチウェイト>
○ミハイル・ラゴジン(ロシア)
 3R 4分59秒 TKO
●ジョセフ・ヘンレ(米国)

<ライト級>
○アレクシ・マンティキヴィ(フィンランド)
 2R ギロチンチョーク
●バシール・ガギエフ(ロシア)

<フライ級>
○クリス・ケレイデス(カナダ)
 3R 1分38秒 キムラ
●オレグ・リッチコバハ(ロシア)

▼[ファイトクラブ]UFCジャパン会見詳細:アリスター、サキの潜在力絶賛~2階級上げてショーグン秒殺男に挑む岡見の覚悟~夜叉坊涙の理由

[ファイトクラブ]UFCジャパン会見詳細:アリスター、サキの潜在力絶賛~2階級上げてショーグン秒殺男に挑む岡見の覚悟~夜叉坊涙の理由

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年11月30日号吉田万里子デビー新日タッグ天龍前田ドリー新日キック勇気の授業