アルベルト・エル・パトロン悪の大暴れ!インパクト!

(C)TNA

 11月9日(現地時間・放送日)に放送された『Impact』は、番組冒頭でインパクト・レスリング年間最大大会「バウンド・フォー・グローリー2017」でヒール転向したアルベルト・エル・パトロンの乱入でインパクトレスリング世界ヘビー級王座防衛を果たしたイーライ・ドレイクがリング上でアピールした。自分はまだ王者だと勝ち誇り、今大会からTVテーピングしているカナダを馬鹿にする発言で挑発したのだった。そこに怒って現れたのはカナダ出身のピーティ・ウイリアムスだった。ウイリアムスはドレイクの発言に怒り、王座挑戦をアピール。実力行使だとリングに乗り込んでドレイクを蹴散らしてしまったのだった。次の挑戦者はウイリアムスになるのだろうか?
 そして、そのドレイクを追い詰めたものの、パトロンの乱入で王座奪還に失敗したジョニー・インパクトは怒り狂い、バックステージでインタビューを受けようとしたパトロンに殴りかかった。激しく殴りあう両者、レフェリーが引き離しても、すぐに襲いかかり、遂にリングまで来てしまった。そして引き離されて隙の出来たインパクトに襲いかかったパトロンが、ロープ越しに必殺のクロスアームブリーカーを極めたのだった。インパクトを痛めつけて嘲笑うパトロン。この両者の因縁マッチが今後のストーリーの軸になるのは必至。今後のインパクト・レスリングから目が離せないだろう。

■ Impact!
日時:2017年11月9日(現地時間・放送日)
会場:カナダ・オンタリオ州オタワ TVテーピング

<シングルマッチ>
○アリー
 ピンフォール
●KC

<GHCヘビー級王座タイトルマッチ>
○エディ・エドワーズ(王者)
 ピンフォール
●エル・イホ・デル・ファンタズマ(挑戦者)

<シングルマッチ>
○マット・サイダル
 ピンフォール
●サンジェイ・ダット


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]プロレス暗黒時代にエースを託された中邑真輔に本当の喜びはなかった

[ファイトクラブ]プロレス暗黒時代にエースを託された中邑真輔に本当の喜びはなかった

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年11月09日号大仁田引退マスカラス藤波辰爾長州力新日崔領二PURE-J前田五郎