[ファイトクラブ]僕を大人にしてくれた、心優しき『白覆面の魔王』ザ・デストロイヤー

[週刊ファイト11月16日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼僕を大人にしてくれた、心優しき『白覆面の魔王』ザ・デストロイヤー
 by 安威川敏樹
・ミル・マスカラスとの『覆面世界一決定戦』
・デストロイヤーさん、僕が間違ってました
・デストロイヤー、甲子園に登場
・ハンセンにプロレスの厳しさを教えたデストロイヤー


 スポーツの秋、真っ盛りである。
プロ野球の日本シリーズでは、福岡ソフトバンク・ホークスが横浜ベイスターズを4勝2敗で破り、2年ぶり8回目の日本一に輝いた。

 ラグビー界では、2019年に日本で開催されるワールドカップの試合日程が発表された。そして日本代表はオーストラリア代表(ワラビーズ)とテストマッチを行い、30-63で完敗した。くりぃむしちゅー上田晋也は、ワラビーズの選手たちのパワーとしなやかさについて「まるでクラッシャー・バンバン・ビガロのようだ」と感想を述べている。
 試合終了後の日本テレビでの特番では、真壁刀義が日本代表の合宿に乱入した様子が映し出されていた。新日本プロレスの選手でも堂々と(?)日テレに登場するようになったもんだと、ヘンなところで感心したものである。馬場・猪木時代には考えられなかったことだ。
 真壁はスクラムなどを体験させてもらっていたが、悪戦苦闘。屈強なプロレスラーとはいえ、やはり餅は餅屋である。

 さて、そのプロレス界では、大仁田厚と豊田真奈美が引退興行を行うなどの動きがあった。
 その中で筆者の目を惹いたのが『白覆面の魔王』ザ・デストロイヤーが旭日双光章を受賞したことだ。悪役外国人レスラーが、皇室にまつわる賞を受賞したのは感慨深いことである。

▼“白覆面の魔王”デストロイヤーが旭日双光章受賞の栄誉!

“白覆面の魔王”デストロイヤーが旭日双光章受賞の栄誉!

 ミル・マスカラスとの『覆面世界一決定戦』

 ザ・デストロイヤーが日本にセンセーションを巻き起こしたのは、なんといっても力道山との対決だろう。今「センセーション」と書いたが、デストロイヤーの正式なリングネームはジ・インテリジェント・センセーショナル・デストロイヤーである。
 力道山とは、デストロイヤーの必殺技である足4の字固めの攻防で人気を博した。足4の字固めをかけられた力道山が体を反転させ、逆にデストロイヤーが悲鳴を上げたシーンは有名だ。

 しかし筆者が生まれた頃には、既に力道山はこの世の人ではなかったので、ザ・デストロイヤーで知っているのはミル・マスカラスとの『覆面世界一決定戦』である。
 日本でも覆面№1の地位を築いていたデストロイヤーだったが、人気の面では空中殺法のマスカラスに抜かれてしまい、デストロイヤーは激しく嫉妬する。
 そこでデストロイヤーは全日本プロレスの総帥・ジャイアント馬場に、マスカラスとの対戦を直訴するが、馬場は『覆面世界一決定戦』という勝ち抜き戦の企画があることを告げた。つまり実力的に、デストロイヤーとマスカラスとの世界一争いになるだろう、というのである。

「オー、ババ!いや、ババさん!!さすが、あんたはプロモーターとしても大物だッ、天才だ!」
とデストロイヤーは大喜び。

 一方のマスカラスは、足4の字固めを防げないとデストロイヤーには勝てないと思った。そこでアメリカに帰ると、足4の字固めが得意なレスラーと多く闘って、その防御法を研究した。
 そして、ある試合で偶然、足4の字固めをかけられたマスカラスが体を反転させると、相手レスラーは悲鳴を上げた。これぞ、力道山と同じ防御法だったのである。これでマスカラスは、デストロイヤーに対して少なくとも引き分けには持ち込めると自信を持った。

 その情報を得たデストロイヤーは、妙な特訓を開始した。素早く動くパンチング・ボールに、ジャンプして自らの脳天をぶつけるという練習である。謎の特訓の意味は、マスカラスとの試合で明らかになる。

 1974年7月25日、東京・日大講堂(旧・両国国技館)で遂にザ・デストロイヤーとミル・マスカラスが激突した。一進一退の攻防が続くが、デストロイヤーはなぜか必殺の足4の字固めを出そうとしない。マスカラスの反転返し技が怖いのか。そして、試合の幕が突然下りる瞬間が訪れた。

 デストロイヤーが体当たり。これをジャンプでかわそうとするマスカラス。
 しかし、マスカラスがデストロイヤーの頭上に来た瞬間に、デストロイヤーもジャンプした。 デストロイヤーの脳天がマスカラスの股間を直撃。特訓で使用した、素早い動きのパンチング・ボールは、ジャンプしたマスカラスの急所を想定していたのだ。
勝敗を度外視し、マスカラスを潰すための悪質な急所への反則攻撃である。自らの股間を押さえ、悶絶するマスカラス。デストロイヤーの大反則に、客席からヤジが飛ぶ。筆者も思った。デストロイヤーって、なんて汚いヤツなんだ!

デストロイヤーさん、僕が間違ってました

 と、ここまで読んでピンと来た人も多いだろう。そう、これは例によって漫画『プロレススーパースター列伝(原作:梶原一騎、作画:原田久仁信)』のミル・マスカラス編での試合展開である。そして、この試合は実際に行われていた。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む