ミステルカカオの海外遠征インタビュー

 バーレスク、ポールダンス、エアレアルとメキシカンルチャが融合したハリウッドのアダルト向けのエンターテイメント『LUCHA VaVOOM』(ルチャバブーン)のハロウィンショーへ、ミステルカカオ、菊タロー、バンクーバー・キャットの出場が決まった。

 アメリカ・ロサンゼルスで開催される同大会へ、菊タローは10月25日&26日、ミステル・カカオはアメリカ・ロサンゼルスで開催される同大会へ10月26日、27日、28日、バンクーバーキャットは10月28日の出場(いずれも現地時間)となる。

 さらにミステルカカオは11月14日(現地時間)、メキシコ・CMLLの総本山であるアレナメヒコでの定期戦への出場も決定。海外活動を積極的に展開するカカオに話を聞いた。

▼ミステルカカオ&菊タロー&バンクーバー・キャットが『LUCHA VaVOOM』出場

ミステルカカオ&菊タロー&バンクーバー・キャットが『LUCHA VaVOOM』出場


――2015年につづき、またこの『LUCHA VaVOOM』(ルチャバブーン)への衆生が決まりました。今回はどういった経緯だったんですか?

カカオ はい、『LUCHA VaVOOM』(ルチャバブーン)側からオファーが来まして。以前、出たときと同様、今回もハロウインショーです。ですので、ハロウインに合ったキャラなんでしょうか(笑)。前回出たときも好評をいただいたようで、今回は(バンクーバー・)キャットも一緒です。

――同大会での日本人女子レスラーの出場は過去を含めても、キャット選手のみですね。

カカオ そうです。向こうの人は、キャットハーレークイーンのコスチュームに興味あるみたいで、ハーレイ・キャットが逆上陸する形になりますね。

――『LUCHA VaVOOM』(ルチャバブーン)は、上質のエンターテイメントとして、異空間の会場を演出されているようで、ずいぶん日本のプロレスとは雰囲気が違うようですね。

カカオ まず、なんといっても客層が違いますね、会場もハリウッドですから、セレブ達が来られたりして。それと、実況・解説があって、自分が得意技をやると、自分のテーマ曲が鳴ったりるんで、最初は面食らってやりにくかったですけど、今回は慣れもあると思うので、実況・解説の邪魔をせずに、それに技を出した後、曲が鳴ってもアピールを忘れずにやろうかなと思います。

――さらにバーレスク、ポールダンス、エアレアルとの融合も同大会の魅力ですね。

カカオ ポールダンスもバーレスクももちろんルチャも、すべて一流の人たちばかりなんですよ。ルチャのほうも今回はCMLLからストーカJrが出ます。いつもはブルー・デーモン(ジュニア)や(エル・イホ・デル)サントとかやはり一流どころが出てますからね、それに負けずアピールしたいなと思います。

――その中でカカオ選手はどんなところをアピールしたいですか。

カカオ マスクマンだからか、あまり日本人と思われてないみたいでして、メキシコの一人の思われてるかもしれないのいで、今回はきっちり日本をアピールしたいですね。

――そして11・14日、アレナメヒコでの定期戦出場も決まりました。CMLLへも久々の登場ですね。

カカオ 3年ぶりになりますね。CMLLとは会社同士の仕事のほうが重要なんですけど、せっかくメキシコに行くならアレナメヒコに出たいなと思ってました。いつもは(CMLLに出ても)マスクを剥がされたりとか、乱闘に巻き込まれるところが多かったので、しっかりとルチャできるところ見せたいなと。今回はぜひレスリングをみせたいと思ってます。

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本

[ファイトクラブ]メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年11月02日号猪木生前葬新日3K中邑真輔ヤマモ酒江端塁蹴拳町田光ポーゴ殉死