メキシコ中部地震で中止だった大会が再開!CMLL 金曜日定期戦


(C)CMLL

 10月6日(現地時間)にメキシコ・アレナメヒコでCMLL 金曜日定期戦が開催された。
 メキシコ中部地震(現地時間 2017年9月19日13:14 (18:14 UTC) にメキシコプエブラの南約55 km (34 mi)を震源として発生した Mw7.1 の地震である。プエブラ州、モレロス州および、首都メキシコシティに被害が生じ、20以上の建物が崩壊した)によりCMLLのアレナメヒコ興行も休業となっていたが、2017年10月2日より定期戦が再開する事となった。今大会のメインは、初代ミスティコことカリスティコがマルコ・コルレオーネ、ディアマンテ・アスールと組んで、ウルティモ・ゲレーロ、ショッカーというルードの重鎮と対戦という分かりやすい善玉・悪玉の対決となった。そして試合も、最後はリング中央でカリスティコがウルティモ・ゲレーロにラ・ミスティカを極めて勝利という、地震で苦しむメキシコ国民に勇気を与える勝利だった。
 セミファイナルもミスティコ、ドラゴン・リー、ソベラノJr.がメフィスト、レイ・ブカネロ、ルシフェルノというルード軍と対戦。こちらもミスティコがラ・ミスティカでメフィストを仕留めて勝利した。
 ロス・インゴベルナブレスのルーシュとピエローは、トランプ信望者としてメキシコをバカにするサム・アドニスと組んでネグロ・カサス、バルバロ・カベルナリオ、エル・フェリーノと対戦。カサス組がルードなのだが、試合はアドニスとインゴベルナブレスがコールと同時に襲いかかるという展開。しかしカサスがルーシュを必殺のラ・カシータ(ラ・マヒストラル)で仕留めて1本先取。これに激怒したアドニスは、レフェリーの目の前でカサスに反則のローブロー。これで反則負けになり、2-0でカサス組が勝利となったが、試合後もカサスを3人でリンチするロス・インゴベルナブレスとアドニス。特にカサスとアドニスの抗争は激化しそうだ。

■ CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦
日時:2017年10月5日(現地時間)
会場:メキシコ・アレナメヒコ

<6人タッグマッチ>
○カリスティコ、マルコ・コルレオーネ、ディアマンテ・アスール
 2-1
●ウルティモ・ゲレーロ、ショッカー、グラン・ゲレーロ

<6人タッグマッチ>
○ミスティコ、ドラゴン・リー、ソベラノJr.
 2-1
●メフィスト、レイ・ブカネロ、ルシフェルノ

<6人タッグマッチ>
○ネグロ・カサス、バルバロ・カベルナリオ、エル・フェリーノ
 2-0
●ルーシュ、ピエロー、サム・アドニス


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]覚悟とは何か?KNOCK OUT熱狂~613人ZERO1~縮小業界の課題とNWA買収~RIZIN

[ファイトクラブ]覚悟とは何か?KNOCK OUT熱狂~613人ZERO1~縮小業界の課題とNWA買収~RIZIN

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年10月12日号 Knockout新間寿Zero1縮小業界ランズエンド大仁田引退ポーゴ失格