大谷&高岩25周年記念大会に613人。星川尚浩と共に後楽園満員宣言!

 ZERO-1、9・30後楽園が終了した。大谷と高岩の25周年記念の大会だったが、メーンで登場の高岩が敗戦。
 終了後、唯一残った旗揚げメンバー、星川が車椅子や仲間の助けを借りながら元気に登壇しての祝福ムードで締めくくられたが、大谷の口からは入場者数が613人と発表された。
 「現実から逃げない」「満員にしてみせる」と意気込みを語った大谷は、プロレスの教科書から「負けても何度でも立ち上がる者が真の勝者」と引用。
 第2試合終了時には、三又GMもブーイングを浴びながら小幡優作と握手をし、満員に向けて他団体の強豪のスカウトを約束しており、年内興行で後楽園を満員を狙う。
 きたるべき星川の25周年を満員の後楽園、否、さらなる大会場で行えるように、新たな闘いが始まった大谷と高岩だった。 

■ 大谷晋二郎&高岩竜一25周年記念大会
日時:9月30日(土) 開場17:15 開始18:00 
会場:東京・後楽園ホール
観衆:613人

<第1試合 KAMIKAZE復帰戦 タッグマッチ20分1本勝負>
●横山佳和 ショーン・ギネス
 9分53秒 ムーンサルトプレス⇒体固め
TARU 〇KAMIKAZE

KAMIKAZEが復帰戦を豪快なムーンサルトで締めた

<第2試合 ZERO1vsTPG シングルマッチ 20分1本勝負>
〇小幡優作
 5分1秒 ダイビングダブルニードロップ⇒片エビ固め
●TPGマスク

三又と口論した長井はマスクを脱いで立ち去った

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
〇佐藤耕平 鈴木秀樹
 13分36秒 パイルドライバー⇒片エビ固め
●将軍岡本 稲葉大樹

<第4試合 NWA・UNヘビー級王座決定戦 30分1本勝負>
●ハートリー・ジャクソン
 8分3秒 タイガースープレックスホールド
〇スーパー・タイガー
※スーパー・タイガーが第30代王者に

<第5試合 NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合 30分1本勝負>
[王者]
〇日高郁人 菅原拓也
 11分49秒 高津川
SUGI ●PSYCHO
[挑戦者]
※第26代王者組が3度目の防衛に成功

試合後、パンクラスコンビが乱入

<第6試合 世界ヘビー級選手権試合 30分1本勝負>
[王者]
〇田中将斗
 21分7秒 スライディングD⇒片エビ固め
●宮本裕向
[挑戦者]

<大谷晋二郎&高岩竜一25周年記念試合 タッグマッチ30分1本勝負>
大谷晋二郎 ●高岩竜一
 21分33秒 ムーンサルトプレス⇒片エビ固め
藤波辰爾 〇金本浩二

※詳報は10月6日発売号に掲載

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

[ファイトクラブ]邪道も笑いも内包し、リアルジャパンがストロングスタイルな理由

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥