閉塞感充満の地方都市・新発田に束の間の熱狂! 疾風怒濤L.I.J

 鈴木みのるのふくしまド田舎締めから移動日無しで新潟へ移動した新日本プロレスの新発田大会が行われた。

新発田の中央商店街はシャッター通りと化しており、夕方にもご覧の状況。

 当日券売り場に制服姿の若者や子供連れが並んで、平日開催で1000人強を新発田に集める新日本プロレスブームを象徴するような活況の中、メーンはL.I.J対ケイオスの10人タッグ戦。

 入場ゲートにL.I.Jが1人づつ登場し、最後に内藤が姿をみせるとボルテージは最高潮。
 拳を突き上げて入場してきた内藤がいつもの様にリング上にIWGP挑戦権利証の入ったアタッシュケースを滑らせると勢いがつきすぎて反対側のエプロンに座ったヒロムの臀部にヒット。
 海野レフェリーとひとしきりそれで盛り上がるリラックスムードから、石井の膝を執拗に攻めると、グッズを身に着けて館内を埋め尽くすL.I.Jファンが声援を贈る。
 ヒロムがTIME BOMBで乱戦を制し、マイクを握るのは売り出し中のEVIL。
 ここ最近の決め台詞でオカダ戦をアピールすると、満を持して内藤にタッチ。
「1年振りの新発田大会!」
と煽って
「デ・ハ・ポン」
で締めた。

 ※詳報は9月15日発売号に掲載!

■ Road to DESTRUCTION
日時:9月11日(月) 開場:17:30 開始18:30
会場:新潟・新発田市カルチャーセンター
観衆:1026人

<第1試合 10分1本勝負>
△海野翔太
 10分00秒  時間切れ引き分け
△八木哲大

<第2試合 20分1本勝負>
●岡倫之 永田裕志
 8分13秒 アルゼンチンバックブリーカー
北村克哉 〇中西学

今日はモンスターレイジは敵味方
中西を驚かせる北村の咆哮

<第3試合 20分1本勝負>
川人拓来 リコシェ 田口隆祐 KUSHIDA 真壁刀義
 13分09秒  ジャストフェースロック
〇TAKAみちのく タイチ 金丸 義信 エル・デスペラード 飯塚高史

監督の菊座を木槌で攻めるタイチ

<第4試合 20分1本勝負>
バレッタ YOSHI-HASHI 〇後藤洋央紀
 8分50秒  GTR⇒片エビ固め
●チェーズ・オーエンズ 高橋裕二郎 バッドラック・ファレ

<第5試合 30分1本勝負>
〇ジュース・ロビンソン ハンソン レイモンド・ロウ
 8分01秒  パルプフリクション⇒片エビ固め
●レオ・トンガ タンガ・ロア タマ・トンガ

レオ、兄弟トリオで登場
ジュース、髪を顎で縛ってウォーマシン仕様に

<第6試合 30分1本勝負>
●デビッド・フィンレー マイケル・エルガン 棚橋弘至 
 10分36秒  キラーボム⇒エビ固め
〇デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー 鈴木みのる
鈴木軍は地方ではまだ浸透半ばか

<第7試合 30分1本勝負>
●ロッキー・ロメロ ウィル・オスプレイ 〇矢野通 石井智宏 オカダ・カズチカ
 14分28秒  TIME BOMB⇒体固め
〇高橋 ヒロム BUSHI SANADA “キング・オブ・ダークネス”EVIL 内藤哲也

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

[ファイトクラブ]制御不能な男がG1マジックを制御! 内藤G1制覇デ・ハ・ポン

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年09月14日号TAKAみちのく25周年高山善廣GFWインパクト巌流島Rebelsポーゴ