燃えろ岡山! 10・15倉敷 世界プロムエタイ王座戦決定!

 往年のファイト読者にとってはI.Y編集長生誕の地でお馴染み岡山で、恒例の『Japan Kickboxing Innovation 認定 第4回岡山ジム主催興行』が発表された。

 西日本有数の大型イベント岡山興行シリーズは、
「地方から東京に負けないチャンスを!」
をキャッチコピーに2014年9月28日、1000名以上のキャパシティがある倉敷山陽ハイツ体育館で第1回を開催。

 そこでメインイベントにラジャダムナンスタジアム認定タイトルマッチを招聘し、外国人王者として君臨するウェルター級王者、ジョイシー・イングラムジムにRIKIXの田中秀弥が挑戦するビッグマッチを実現。

 翌2015年9月20日、第2回興行、同会場では、WPMFダブル世界タイトルマッチを行い、見事、スーパーフェザー級で町田光が、ミドル級でT-98(タクヤ)が、ムエタイ世界王者となり、秋の岡山に酷暑が戻ってきたかのような熱を巻き起こした。
 
 昨年2016年10月9日、同じく倉敷山陽ハイツ体育館の第3回、WPMF世界三大タイトルマッチという超豪華メインイベントを決行。
 ここでは、橋本道場のエース、“居合パンチャー”町田光と“ザ・ザイクロン”宮元啓介が、それぞれ自身のベストバウトとなる激闘を勝ち抜き、見事、世界王者となって満員の観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

 そして、今年10月15日の第4回興行、ここでは、いよいよ地元で生まれ育った“岡山名物”翔貴と“ピンクダイヤ”馬木愛里が、それぞれ初のベルトを巻くべく、ルンピニージャパンタイトルマッチに挑む。

 メーンでは、橋本道場の精鋭、岩浪悠弥と地元女子トップファイター、白築杏奈がWPMF世界タイトルマッチを行う頂点カードを用意。
 その他、天才児と名高い2名のプラチナホープ、安本晴翔と中村龍登が登場。
 更に韓国を代表するスター選手、ジン・シジュンや関西キック界の重鎮、大原裕也、在日タイ人の最上級、タップロン・ハーデスワークアウトなど豪華布陣を以て、東京や大阪、名古屋に負けないマッチメイクを実現した。

 プロフェッショナルの部の前には、アマチュア大会『SMASHERS』中国地区大会を開催し、5つのタイトルマッチを含む選び抜かれた7試合を前座とし、未来永劫に続く中国地区キックボクシング界の繁栄の礎を固める。

 ■ Japan Kickboxing Innovation 認定 第4回岡山ジム主催興行
日時:10月15日(日) 10:30開場 11:00開始(予定)
会場:倉敷山陽ハイツ体育館

予定カード
〇プロフェッショナルの部

<第16試合 ダブルメインイベント2 セントラルグループ presents WPMF世界スーパーフライ級王座決定戦 3分5回戦>
元WPMF世界フライ級王者
リティグライ・ゲーオサムリット(タイ)
 vs
岩浪悠弥(橋本道場)
INNOVATIONバンタム級王者、WBCムエタイ日本フライ級王者、元INNOVATIONフライ級王者

<第15試合 ダブルメインイベント1 株式会社ミズケイ presents WPMF女子世界フライ級タイトルマッチ 2分5回戦>
[王者]
ノーンビウ・シットヨードシアン(タイ)
 vs.
白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB)
[挑戦者]NJKFミネルヴァライトフライ級王者

<第14試合 ダブルセミファイナル2 有限会社トータルプランニングルミナス presents ルンピニージャパンフェザー級王座決定戦 3分5回戦>
ルンピニージャパンフェザー級1位 INNOVATIONフェザー級1位
翔貴(岡山ジム水島道場)
 vs.
田中将士(上州松井ジム)
TRIBELATE初代フェザー級王者、ルンピニージャパンフェザー級5位

<第13試合 ダブルセミファイナル1 有限会社トータルプランニングルミナス presents ルンピニージャパンウェルター級王座決定戦 3分5回戦>

MuayThaiOpenウェルター級王者、元J-NETWORKスーパーライト級王者、ルンピニージャパンウェルター級1位
喜入衆(フォルティス渋谷)
 vs.
馬木愛里(岡山ジム闘我塾)
元ルンピニースタジアム認定スーパーライト級7位、ルンピニージャパンスーパーライト級3位、MuayThaiOpenスーパーライト級3位

<第12試合 日タイ国際戦 バンタム級 3分3回戦>
FIGHTERトーナメント優勝
ラムプーンチャイ・ゲーオサムリット(タイ)
 vs.
安本晴翔(橋本道場)
REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者

<第11試合 日タイ国際戦 スーパーバンタム級 3分3回戦>
ペットコークセーン・ゲーオサムリット(タイ)
 vs.
中村龍登(橋本道場/INNOVATIONバンタム級6位)

<第10試合 韓タイ国際戦 67kg契約 3分3回戦 特別ルール>
KBCムエタイミドル級王者、KBCジュニアミドル級王者、TASトーナメント7王者
ジン・シジュン(Psycho Pitbulls)
 vs.
タップロン・ハーデスワークアウト(ハーデスワークアウトジム)
元WMC世界フェザー級王者、RISEスーパーライト級1位

<第9試合 65kg契約 3分3回戦 特別ルール>
Accel Gルール ライト級王者
大原裕也(大原道場)
 vs.
タップナー・ハーデスワークアウト(ハーデスワークアウトジム)

<第8試合 72kg契約 2分3回戦>
哲弥(G.O.Dジム)
 vs.
坂本 隆行(岡山ジム水島道場)

<第7試合 59kg契約 3分3回戦 肘打ちあり>
INNOVATIONスーパーフェザー級5位
元山祐希(武勇会)
 vs.
大原和也(大原道場)

<第6試合 ウェルター級 3分3回戦 肘打ちあり>
KOSウェルター級3位)
MASATO BRAVELY(BRAVELY GYM)
 vs.
太聖(岡山ジム水島道場)
INNOVATIONウェルター級9位)

<第5試合 58kg契約 3分3回戦 肘打ちあり>
ABWフェザー級王者
拳剛(誠剛館)
 vs.
泰輝(AKB道場)
ルンピニージャパンフェザー級8位、MuayThaiOpenフェザー級8位、KOSフェザー級7位

<第4試合 フェザー級 3分3回戦 肘打ちあり>
勇(OU-BU GYM)
 vs.
TATSUKING(岡山ジム水島道場)

<第3試合 スーパーフライ級 3分3回戦 肘打ちあり>
黒田直也(ハーデスワークアウトジム)
 vs.
平松侑(岡山ジム水島道場)

<第2試合 スーパーライト級 2分3回戦>
提島智久(米子ジム)
 vs.
高木覚清(岡山ジム)

<第1試合 バンタム級 2分3回戦>
アマゾン木村(米子ジム)
 vs.
MASAKING(岡山ジム水島道場)

<オープニングファイト2 ルンピニージャパンU-15 ペーパー級 2分3回戦 肘打ちあり>
山口瑠(拳心會館)
 vs.
平松弥(岡山ジム水島道場)

<オープニングファイト1 フェザー級 3分3回戦>
ラーメン★TSUBO(勇誠会)
 vs.
どん兵衛★水島(岡山ジム 水島道場)

〇JAKF認定アマチュアキックボクシング「SMASHERS(スマッシャーズ)」中国地区大会

<第7試合 SMASHERS中国地区55㎏級王座決定戦 1分30秒3回戦>
田中陸登(拳狼会)
 vs.
蒲田一磨(日進会館宮原道場)

<第6試合 SMASHERS中国地区50㎏級タイトルマッチ 1分30秒3回戦>
[王者]
金山春樹(38 KICK BOXING CLUB)
 vs.
長谷川英翔(誠剛館総本部)
[挑戦者]

<第5試合 SMASHERS中国地区45㎏級王座決定戦 1分30秒3回戦>
金丸鷹真(ナックルズGYM)
 vs.
岸風太(岡山ジム水島道場)

<第4試合 SMASHERS中国地区35㎏級タイトルマッチ 1分30秒3回戦>
[王者]
堀凌生(誠友塾)
 vs.
長谷川海翔(誠剛館総本部)
[挑戦者]

<第3試合 SMASHERS中国地区30㎏級タイトルマッチ 1分30秒3回戦>
[王者]
青松大吾(誠剛館総本部)
 vs.
石田颯真(武魂會)
[挑戦者]

<第2試合 SMASHERS中国地区 30㎏級 1分30秒2回戦>
藤原杏悟(武正會館)
 vs.
大久保虎鉄 (岡山ジム水島道場)

<第1試合 SMASHERS中国地区 35㎏級 1分30秒2回戦>
山口蓮(武勇会西条支部)
 vs.
山本晃成(岡山ジム水島道場)

※選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合があり。

主催:岡山ジム
チケット前売り(税込):SRS席 12,000円 RS席 8,000円 指定席 6,000円
※当日券は全種1,000円アップ。
チケット販売所:岡山ジム、出場各ジム各選手
認定:JAPAN KICKBOXING INNOVATION(http://kick-innovation.com)
放映:2017年11月中に倉敷ケーブルテレビにて放映予定
お問合せ:岡山ジム TEL 086-441-5563


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]UFC悪夢~WWEブルックリン4連戦~中邑真輔アスカ宝城カイリ革命

[ファイトクラブ]UFC悪夢~WWEブルックリン4連戦~中邑真輔アスカ宝城カイリ革命

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月31日号NXTサマースラム究極龍30KnockOutラウェイ立川格闘技UFC薬害