ボビー・ルードがSmackDown入り!中邑真輔はシン・ブラザーズにリベンジ

 土曜日のブロックリン4連戦初日、NXT大会で王座をドリュー・マッキンタイアにベルトを落とした、Gloriousボビー・ルードのSmackDown入りが確認された。これで職人たちがSmackDown LIVEに集結だ。あの入場曲と、最高の試合運びがついに大衆お茶の間への浸透を始めるのだ。アメプロマニアは歓喜であろう。

▼[ファイトクラブ]ブルックリン連戦:アスカら最高内容のNXT~全長6時間『サマースラム』裏のウラ

[ファイトクラブ]ブルックリン連戦:アスカら最高内容のNXT~全長6時間『サマースラム』裏のウラ

 中邑真輔は、シン・ブラザーズとハンディキャップ戦で対戦した。「サマースラム」でシン・ブラザーズの介入によってジンダー・マハルとの王座戦に敗戦した中邑にとっては雪辱戦となった。

 王者マハルがリングサイドで見守る中、いきなりシン・ブラザーズが2人同時に中邑に襲いかかる。しかし、中邑は冷静に対処するとけいれん式ストンピング、さらに2人をターンバックルに寝かせて強烈なヒザを叩き込んだ。実力差を見せつける中邑は、さらにリングサイドにいるマハルを「カモーン」と挑発するが、その死角を突いたシン・ブラザーズに反撃を許してしまう。しかし、中邑がフロントキックで迎撃してペースを取り戻すと、さらにコーナートップから流れるような三角締めを決めて勝負あり。中邑がシン・ブラザーズ2人を相手にタップ勝ちで快勝した。

 試合直後、マハルがリングに乱入すると中邑をスーパーキックで襲撃。コーナーに倒れ込む中邑だったが、すぐに体制を立て直すとフロントキック、さらに必殺のキンシャサを叩き込み、マハルをマットに沈めた。

■ WWE SmackDown Live大会
日時:2017年8月22日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ・ニューヨーク・ブルックリン

<US王座タイトルマッチ>
○AJスタイルズ(王者)
 ピンフォール
●ケビン・オーエンズ(挑戦者)

<タッグマッチ>
○ナオミ、ベッキー・リンチ
 ピンフォール
●ナタリア、カーメラ

<ハンディキャップマッチ>
○中邑真輔
 三角締め
●シン・ブラザーズ

<タッグマッチ>
○ウーソズ
 ピンフォール
●ハイプ・ブロス

<シングルマッチ>
○ボビー・ルード
 ピンフォール
●エイデン・イングリッシュ


 9月16日(土)にエディオンアリーナ大阪で開催となるWWE Live Osakaが控える中、今後どのような展開を見せるのか。日本人スーパースター、中邑真輔から目が離せない。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]RIZIN夏の陣~WWE中邑真輔~業界隠語3~G1カミゴェと脱出王

[ファイトクラブ]RIZIN夏の陣~WWE中邑真輔~業界隠語3~G1カミゴェと脱出王

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月10日号RIZIN中邑真輔G1新日プロレス漫画ポーゴ米国SEI☆ZAラウェイ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]リック・フレアー昏睡報~G1総括~中邑真輔/宝城カイリ~Tファンク

[ファイトクラブ]リック・フレアー昏睡報~G1総括~中邑真輔/宝城カイリ~Tファンク

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月24日号G1ニールセン大仁田USA豆腐プロレスUFC朱里カッキー桜田一男