WRESTLE-1トップロープからセントーン100発!土肥が熊ゴローに理不尽特訓を強要!!

8月某日、都内・GSPにあるWRESTLE-1道場で、W-1タッグ王者の土肥孝司&熊ゴローの土肥熊が、来る8月11日(金・祝)の後楽園ホール大会に向けて、強化特訓を行なった。

2人は6月24日の横浜ラジアントホール大会で、河野真幸&伊藤貴則よりタッグ王座を奪還。8.11後楽園大会では河野&近藤修司組を相手に初防衛戦を行なうことになったが、ここのところ個人の戦績が芳しくない。

土肥も熊ゴローも『W-1 GP』の1回戦で敗退。さらに土肥は7.16大阪大会でのリザルト王座戦でACEの伊藤に敗れ、ついに王座陥落。土肥の仇討ちと意気込んで、8.6山梨大会で伊藤に挑んだ熊ゴローもあえなく敗戦を喫してしまった。

デビュー1年未満の伊藤にタッグ王者がシングルマッチで2連敗を喫してしまったという事実は重い。W-1年間最大のビッグイベントである『プロレスLOVE 2017 in YOKOHAMA』横浜文化体育館大会までもう1カ月を切っており、ここでタッグベルトまで落としてしまえば、文体で何もテーマ性のないカードを組まれる可能性が高くなってしまう。

2017年上半期のタッグ戦線を引っ張り、W-1最強のタッグチームを自負する2人してみれば、8.11後楽園大会でのタイトルマッチは正念場なのだ。

そこで今回の特訓である。司令塔を自負する土肥が考えたのは、まず土肥熊の最大の武器になり得る熊ゴローのダイビングセントーンに磨きをかけること。これまでリングの板を約6枚も割り、会社に多大な損害をもたらした技ではあるが、その破壊力は抜群だ。

しかし、そんな技にも欠点がある。それは命中率が低いこと。原因は太った熊ゴローの動きがあまりにも鈍く、技を放とうとした瞬間にはすでに相手は避ける準備ができてしまうからなのだ。伊藤とのタイトルマッチの敗戦もそれが原因だった。

しかし、決まれば一撃必殺の技となる。タフな河野&近藤といえど、このダイビングセントーンを食らえば、返すのは至難の業だ。そのためにはこのダイビングセントーンの命中率を上げる必要がある。

そこで土肥はW-1道場に熊ゴローを呼び出し、セントーン強化の特訓をやらせることにした。まずは技のセットアップのスピードを上げる特訓。と言っても、やることは単純で、コーナーをひたすら往復させるというものだ。

「おら! このデブ、もっと速く上がれ!」

自分の体型を棚に上げて、土肥は罵声を浴びせながら熊ゴローを叱咤。熊ゴローも必死にトップロープとエプロンを往復するが、すぐに息も絶え絶えになってしまう。結局、熊ゴローは50往復もするハメとなったが、ひたすらスタミナを消費させられただけで、果たしてスピードが増したかどうかは不明のままだ。

続いてはトップロープでバランス良く立つ練習。熊ゴローのバランス感覚は極めて悪い。トップロープに登りきったところで技に入る前にフラフラとしてしまうのも、命中率を低くしている原因の一つである。

「おら! しっかり立て! 初代タイガーマスクをイメージしろ! 熊じゃねえ、お前は虎だ! 虎になれ!」

意味不明の激を飛ばす土肥は、トップロープに上がった熊ゴローに対して、容赦ないビンタをかます。

「これに耐えれば、お前のバランス感覚は絶対に良くなる!」

土肥の発言はまったく根拠がないが、先輩の言うことだから熊ゴローも受けるしかない。

「痛い、痛い……。孝司さん、勘弁してください……」

と泣きを入れても、土肥が手を緩めるわけもない。

さらに熊ゴローがトップロープに立つと、ロープを揺すってバランスを保つ練習をさせる土肥。もはや悪ふざけでやっているとしか思えない特訓だ。

そして、最後は実際にダイビングセントーンを発射する。

「今まで以上に高く飛べ!」

高さがあればあるほど破壊力が増すのが熊ゴローのダイビングセントーンだ。土肥もちゃんと下にマットを敷いて、初めてパートナーに対して優しさを見せた。

しかし、それも束の間、続いて呼び出されたのは練習生の佐藤だ。

「おい、佐藤、リングに上がってこい! お前がセントーンを受けるんだ」

実は佐藤はウィルス性の胃腸炎に冒されている状態。熊ゴローのダイビングセントーンなどを受けたら、「全部出ちゃいます……」というような腹の状態なのだ。

しかし、土肥にそのような言い訳は一切通じない。

「うるせえ! 早く寝ろ!」

と命じると、熊ゴローにダイビングセントーンを発射させる。苦痛に顔を歪める佐藤を見て、ニヤリとした土肥はさらに悪魔のような言葉を言い放つ。

「じゃあ、あと100発やれ」

これにはさすがの熊ゴローも佐藤も絶句。受ける佐藤はもちろん、ダイビングセントーンは自身にもダメージがある技で、下にマットを敷いていたとしても100発も放てば、タイトルマッチにも支障が出かねないほどのダメージを負ってしまう可能性がある。

しかし、後輩の健康状態を気遣うような土肥ではない。

仕方がなく熊ゴローは佐藤めがけて、ダイビングセントーンを100発も投下。グッタリとした2人を眺めながら、「これで11日の後楽園ホールは万全だな」と満足げに語った土肥は、熊ゴローを足蹴にして道場をあとにしたのだった。

土肥のストレス解消としか思えぬこの特訓の成果は、8月11日の後楽園ホール大会で出すことができるのか? この強化特訓によって、返って窮地に追い込まれた気がしないでもないが……。

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]プロレスのMASTERSリーグ超満員!再入閣目前の馳浩spot全完遂!

[ファイトクラブ]プロレスのMASTERSリーグ超満員!再入閣目前の馳浩spot全完遂!

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月03日号ポーゴ追悼会馳浩MASTERS猪木ISM新日G1町田アイスリボン逮捕