WRESTLE-1「超人になりつつあると実感していますね」第2代リザルト王者・伊藤貴則!超人への道のり!

7月16日、大阪の平野区民ホールが驚きの歓声に包まれた。

キャリア1年に満たない男がWRESTLE-1のリングのメインイベントで大きな仕事をやってのけたのだ。

その男の名は伊藤貴則。初代W-1リザルト王者の土肥孝司を破り、そのベルトを手に入れた伊藤は、W-1が運営するプロレス専門学校、プロレス総合学院の出身。2期生として練習を積み、現在はその卒業生たちで結成されているPro-Wrestling ACEに所属している。

身長180センチ、体重115キロと堂々たる体格ながら身軽に動き、かつて“破壊王”と呼ばれた橋本真也さんを彷彿とさせる重たいキックを放つ。デビューしたのが2016年の9月18日のW-1後楽園ホール大会だから、わずか10カ月というキャリアでシングル王座を手中に収めた凄玉だ。

7月12日の後楽園ホール大会で開かれた『W-1 GP』ではACE興行で行なわれた出場選手決定トーナメントを下馬評通りに勝ち抜きエントリー。1回戦では近藤修司を破るという快挙も成し遂げている。

すでに5月4日の後楽園ホール大会では河野真幸とのタッグで、土肥熊を破ってW-1タッグ王座を獲得した実績を持つ。これはタッグマッチなので、当然ベテランの河野のアシストがあっての勝利、もしくは勢いだけと見る向きもあった。

しかし、伊藤がここ最近のシングルマッチで勝った土肥、近藤の両選手がW-1の頂点の証でもあるW-1チャンピオンシップのトップコンテンダーであるということを考えると、もはや勢いという言葉だけでは片付けられないものがある。

この凄玉は自身初のシングル王座を獲った地である大阪の出身だ。小学校6年生ですでに体重が80キロもあり、“ジャイアン”とあだ名される存在だった。腕っ節が元々強かったのに加えて、小学校4年生の時にはフルコンタクト空手を習い始めたから、ケンカではまったくの敵なしだったという。

当時、伊藤が夢中になって観ていたのはK-1やPRIDEといった格闘技だった。

「アレクセイ・イグナショフが好きでしたね。あと体型が似ているのでマーク・ハントも好きでした」

イグナショフは毒針とも称されたヒザ蹴りを武器にK-1で活躍した選手。現在WWEに所属する中邑真輔と総合格闘技ルールで闘ったこともあるプロレス界とは因縁深い選手だ。ハントは伊藤と同じアンコ型のキックボクサーでK-1、PRIDE、UFCと幅広く活躍している。

そんな格闘家たちに憧れ、伊藤は空手をやっていたこともあり、将来的には格闘家になろうと思っていたという。小学生時代もフルコンタクト空手の全国大会で優勝しまくっていたというから、その夢は絵に描いた餅ではなく、わりと現実に近いものだったのかもしれない。

そんな伊藤の格闘家志向が一変するようなあるものと出会う。それは父親が所有していたという漫画『キン肉マン』だ。『キン肉マン』とは超人と呼ばれるキャラクターがプロレスで闘う漫画で、80年代の小学生に大ブームを巻き起こした。現在も続編を連載中で世代を超えて愛される漫画である。

「夢中で読みましたね。『キン肉マン』を読んでから、将来は超人になりたいと思ったんです(笑)。好きな超人はネプチューンマンでしたね。だから、あだ名がボンバー。ネプチューンマンの技の喧嘩ボンバー、クロスボンバーから、そう呼ばれていたんですよ」

普通は子どもの頃は非現実的なものになりたいと憧れ、大人になるにつれて、現実的な将来の展望を描くようになる。しかし、伊藤は普通の人とはまったくの逆だった。

中学校に上がってから超人を志すようになっため、ひたすら空手に打ち込んだ。中1から1年半ほどバスケットボール部に所属していたこともあったらしいが、これはすべて空手のため。スタミナ強化が目的で、とにかく強くなることに夢中だった。

ケンカも強く、イメージそのままの“番長”と呼ばれるような存在だったが、決して自分から売ったりはしなかったという。

「降りかかる火の粉を振り払っていたら、そう呼ばれるようになっちゃいましたね。周囲の中学校からケンカを売られることもあったんですけど、面倒臭いから相手にしてませんでした」

中3の時には175センチ、100キロという体格になっていたこともあり、すでに周囲から一目を置かれる存在だったが、それもそのはず。空手では無差別級や重量級で全国大会に次々と出場。出る大会は優勝、準優勝するのが当たり前だったから、普通の中学生ではとてもではないが手が出せない。

パワーも桁違い。友達に自転車をこがせて、走ってきたところを止めてみたり、原付バイクを持ち上げてみたりと、超人追求のチャレンジは空手の大会だけに留まらなかった。

空手の道場に行っても、組手は片足で行なっていた。これではろくに蹴りも放てないが、そうでもしないと伊藤が強すぎて他の選手の練習にならないからだ。

高校に進学しても、超人願望は変わらず。安全のためにヘッドギアと薄いグローブをつける高校の部ではもはや物足りなくなった伊藤は、一般の部の大会に出場するようになり、高校2年生の時には日本拳武道会館が開いたオープントーナメントの重量級で優勝を果たしてしまう。この頃には押し入れに入り切らないぐらいのトロフィーが家にあったという。

親のすすめで大学に進学した伊藤は、真樹日佐夫が起こした真樹道場のオープントーナメントの無差別級で2012年、2013年と2連覇を果たす。空手家として、絶頂期に突入していたと言ってもいいだろう。

ところが、その絶頂期の直後に初めての挫折を経験する。胸骨を折ってしまい、このケガのせいで思うような成績が残せなくなってしまったのだ。

これまで空手一筋に打ち込み、数々の栄光を手に入れてきた人間にしてみれば、これほど辛いこともなかっただろう。

しかし、伊藤はすっぱりと空手を辞めてしまった。

「小学生からやってきて、やりきったっていう思いもあったんですよね。だから、3年生の時に辞めちゃいました(笑)」

超人を目指すという常人には理解しがたい夢を持っている男は潔い。その後はキャンパスライフを満喫していたというが、大学の3年生というと、進路も考え始めなければならない時期だ。超人を目指すのもいいが、現実として生活することも考えなければいけない。そんな時にまたも伊藤の思考回路は思わぬ決断を生み出す。

「『キン肉マン』ってプロレス漫画じゃないですか? 『キン肉マン』=プロレス、超人=プロレスラーだと(笑)。それでプロレスラーになろうと思ったんですよ」

超人を目指すことになった原点に立ち返ったことで、伊藤の進路はあっさりと決まってしまったのだ。

ただし、伊藤はプロレスを観たことがほとんどない。考えてみれば伊藤の子どもの頃は格闘技の全盛期で、ゴールデンタイムでやっているのはK-1やPRIDEばかり。プロレスに触れ合う環境があまりない。

現代っ子らしく、You Tubeでレスラーがやっている技の動画を観ているぐらいで、試合をちゃんと観たこともなかったらしい。それでもプロレスラーを目指すとなると観方も変わる。現在フィニッシュホールドにしているジャーマンスープレックスホールドは大日本プロレスの関本大介のぶっこ抜きジャーマンの動画を観て、衝撃を受けたからこそ使用している技だ。

生観戦も一度きりだが、大阪にやってきた新日本プロレスの『G1クライマックス』を生で観て、「プロレスラー=超人」という自分の認識が正しいことを実感した。

そんな時にネット上で見つけたのがプロレス総合学院の生徒募集だった。

「1期生の募集が大学4年生の半ばだったんですよ。それで2期生は翌年の4月から入学ということで募集していたので、そこで入ろうと思ったんです」

思い立ったら即決断。伊藤はプロレス総合学院に入学して、プロレスラーになることを決めた。母親の軽い反対はあったものの、父親は伊藤の後押しをした。

2016年4月、大阪を離れ単身上京した伊藤はプロレス総合学院に入学。そして入学から5カ月後、学院の卒業を控えた同年9月18日の後楽園ホール大会でデビューを果たしている。

学院に入学してからの伊藤に関して、講師の一人である近藤は「ジャーマンやってみろって言ったら、すぐにできたんですよ」というエピソードを明かす。空手に打ち込んでいたものの、運動神経も抜群だった伊藤は走ること以外はなんでもこなせたらしい。身体も柔軟でブリッジが得意だったため、ジャーマンもすぐにこなせたのだろう。

デビュー直後と今年の1月にケガをして欠場。4月に復帰してからは他のACEの選手に比べて経験値が少ないというハンデも軽く乗り越え、ACEの中では頭一つ抜けた強さと存在感を発揮している。

「超人になりつつあると実感していますね」

超人になるためにプロレスラーになった男、伊藤貴則。その超人伝説はまだ始まったばかりである。

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]プロレスのMASTERSリーグ超満員!再入閣目前の馳浩spot全完遂!

[ファイトクラブ]プロレスのMASTERSリーグ超満員!再入閣目前の馳浩spot全完遂!

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月03日号ポーゴ追悼会馳浩MASTERS猪木ISM新日G1町田アイスリボン逮捕