アリ・バガウティノフが新王者に!ファイトナイトグローバル69

(C)Fight Nights Global

 6月30日(現地時間)にロシア・ノヴォシビルスクで『Fight Nights Global 69: Bagautdinov vs Nobre』が開催された。
 このファイトナイツグローバルはロシアを中心とした東欧で精力的に大会を行なっており、過去にはアンドレイ・アルロフスキーなど大物も参戦しているのだが、UFCファイトパスで生中継もされた為、一躍、世界の格闘技ファンに知れ渡った(欧州ではテレビ生中継は以前から)。更にあのエメリヤエンコ・ヒョードルが試合した事で更に注目度が増している。またメジャーになった事で、UFCファイトナイトと混同を避けるため、ユーロ・ファイトナイツと呼ばれる事も増えてきた。
 今大会のメインはフライ級王座決定戦でアリ・バガウティノフ、ペドロ・ノブレという元UFCファイター同士で争われた。特にバガウティノフは鳴り物入りでACBと契約したのだが、初戦でタイソン・ナムにまさかの逆転KO負けを喫しているだけに、今回は何としても負けられない。試合は、スタンドの展開が続き、バガウティノフが押す展開。そして2R、遂にノブレを金網際に押し込みテイクダウンに成功したバガウティノフはそのままパウンド連打。嫌がって背を向けたノブレをチョークで仕留め、見事に一本勝ちでバガウティノフが新王者に輝いた。
 またセミファイナルでは元ベラトール戦士のコビー・オーティズをロシア白兵戦闘術を使うローマン・コピロフが迎え撃った。試合はコピロフのキックなど打撃が冴え、2R終了時に、オーティズはわき腹を痛めたらしく試合続行不可能となりコピロフがTKO勝利となった。

■ Fight Nights Global 69: Bagautdinov vs Nobre
日時:2017年6月30日(現地時間)
場所:ロシア・ノヴォシビルスク

<フライ級王座決定戦>
○アリ・バガウティノフ(ロシア)
 2R リアネイキドチョーク
●ペドロ・ノブレ(ブラジル)

<ミドル級>
○ローマン・コピロフ(ロシア)
 2R 終了 TKO
●コビー・オーティズ(米国)

【海外情報の決定版!UFC実況解説者、稲垣 收】
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光


▼ベラトールMSG上陸直前! ヒョードルが見せた知られざる素顔と格闘技・百花繚乱
 by 稲垣 收
・ヒョードルに4人の娘! 末っ子はなんと……
・自分が“史上最高の格闘家”だなどと思ったことは一度もない
・最も記憶に残っている2つの試合とは?
・復帰のために、ロシア連邦スポーツ省を退職し、すべてを賭けた
 稲垣收の海外情報~先週末は土曜にKNOCK OUT、日曜にK-1さいたまスーパーアリーナ大会があり、シンガポールではUFCで元女子バンタム級王者ホーリー・ホルムが“必殺”左ハイでKO復活するなど、盛りだくさんの格闘技ウィークエンドだった。今週末も注目大会が続く。
 ベラトールがNY初進出してマジソン・スクエア・ガーデン大会を行い、ヒョードルとヴァンダレイ・シウバらかつてのPRIDE王者たちが参戦。また、UFCオクラホマ・シティー大会ではミドル級に階級を上げた元ウェルター級王者ジョニー・ヘンドリックスが、岡見勇信をKOしたティム・ボーシュと対戦、元二階級王者のBJペンはデニス・シヴァーと激突する。特に注目なのは、NY進出を目前にヒョードルが語った知られざる事実だ。