新日本プロレスー全日本プロレス対抗戦再開! 岡&北村が7・5新木場殴り込み!

 先日、次期シリーズとLA大会のカードを発表したばかりの新日本プロレスから、新たな全日本プロレスとの対抗戦決定が発表された。
 先ず、7・5新木場大会で本誌注目の岡&北村のコンビが全日本プロレスの秋山準&大森隆男の大物コンビとイキナリ対戦。新日の先輩レスラーへは遠慮がちなところも見受けられる2人だが、他団体の大物相手にどんなファイトをできるかが注目点。
 続いては8・27両国に鈴木軍からタイチが参戦し、青柳優馬とシングルで対決する。

 靑柳は、現在21歳、2014年12月のデビュー時から次代を担うホープと期待された生え抜き。昨夏の『SUPER J-CUP 2016』にエントリーし、1回戦でそのポテンシャルを発揮しながらもタイチに敗退。1年越しで本人が熱望していたリターンマッチが実現する。
靑柳は6・15新宿FACEの『LION’S GATE PROJECT6』にも参戦が決定済みで、相手は鈴木みのるのNEVERヘビー級ベルトへの挑戦が決まっているYOSHI-HASHI。

 ここへきて、鈴木軍の帰還から一時沈静化していた新日ー全日の対抗戦が、にわかに活性化した形だ。
新日プロは事故防止の観点から選手個々の試合数を減らす改革を行うと宣言したばかりで、試合数自体を減らさない為に他団体からの参加は歓迎。
今回は全日サイドへの出撃が発表されたが、今後は新日の試合への全日プロ勢参戦が予想される。

 一方、タッグ王者で知名度抜群の大仁田が引退を広言している一方、フリーである進撃の大巨人こと石川修司を三冠王者に据える全日本サイドとしても、今や大河俳優さえも揃う新日勢の一般層への浸透度は、特に地方興行では喉から手が出るほど欲しいところで、双方にとっても願ったりの交流といえる。

 来週発表されるG1出場も考えられるし、今後の新日本プロレスの試合に変化をもたらしそうな全日本プロレス対抗戦再開のニュースといえる。

■ 新日本プロレス『LION’S GATE PROJECT 6』
日時:6月15日(木) 18:00開場 19:00開始
会場:東京・新宿FACE

<第5試合 30分1本勝負>
YOSHI-HASHI
 vs.
青柳優馬

■ 『BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会 ~GROWIN’UP vol.4~』
日時:7月5日(水)18:00開場 19:00開始
会場:東京・新木場1stRING
<タッグマッチ>
秋山準 大森隆男
 vs.
岡倫之 北村克哉

■ 2017 SUMMER EXPLOSION【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会 ~新たなる決意~
日時:8月27日(日) 13:30開場 15:00開始
会場:東京・両国国技館

<シングルマッチ>
青柳優馬
 vs.
タイチ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ] 全日本プロレス 諏訪魔vs大仁田が盛り上がる理由

[ファイトクラブ] 全日本プロレス 諏訪魔vs大仁田が盛り上がる理由

▼[ファイトクラブ]泰葉x和田アキ子恫喝力~感動オカダ-オメガ60分~映画メッセージ言語と未来

[ファイトクラブ]泰葉x和田アキ子恫喝力~感動オカダ-オメガ60分~映画メッセージ言語と未来

※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
スマホPayPalアプリのダウンロード

【easypay電子書籍】’17年06月08日号新日jr.NWAブラッシーWWEアイスリボン235パンクラスBellator


※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。