カリスティコ、ソベラノ組が予選突破!CMLL金曜日定期戦!


(C)CMLL

 6月9日(現地時間)にメキシコ・アレナメヒコで『CMLL 金曜日定期戦』が開催された。
 今大会の「トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017」予選が行われた。この企画はメインを張るトップのルチャドールが新人、中堅選手とタッグを組んで戦うトーナメント戦でAブロック、Bブロックと2週間にわたりトーナメントを行い、決勝に残った2チームで優勝決定戦を争う事となる。今大会ではBブロックの予選が行われ8チームがエントリーされた。その中から予選決勝まで残ったのは、決勝進出大本命のカリスティコ、ソベラノとベテランルードのネグロ・カサス、カネロ・カサスだった。試合はなんとカリスティコ、ソベラノがカサス一族のお株を奪うカシータを連続で決めてフォール勝ち。これでカリスティコ組がウルティモ・ゲレーロ、サンソンと決勝戦を戦う事が決定した。

 またセミファイナルでは、御大アトランティスがミスティコ、ドラゴン・リーの兄弟と組んで、宿命のライバル、ウルティモ・ゲレーロが率いるロス・ゲレーロス・ラグネロスと対戦。アトランティス、ミスティコは共に「トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017」予選Aブロックでゲレーロに敗れており、リベンジしてやりたいところだ。しかし試合はゲレーロスの連携が冴え渡り複合ジャベでテクニコ3人を仕留めてゲレーロスは1本先取。更にゲレーロはアトランティスの覆面を剥ぎ複合ジャベで仕留めようとするが、ここでミスティコがカットに入り、アトランティスとゲレーロが1対1となる。こうなるとアトランティス必殺のアトランティダがさく裂しゲレーロもタップ。テクニコが2本目を取り返した。そしてミスティコが大暴れをするも、なんとエウフォリア、グラン・ゲレーロがミスティコ、リーの兄弟を仕留め逆転勝ち。ゲレーロスがテクニコ軍を返り討ちにした。

■ CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦
日時:2017年6月9日(現地時間)
場所:メキシコ・アレナメヒコ

<トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017予選>
予選決勝
○カリスティコ、ソベラノ
 ピンフォール
●ネグロ・カサス、カネロ・カサス

参戦チーム
ボラドールJr.、フライヤー
ニエブラ・ロハ、ドローン
アンヘル・デ・オロ、オロJr.
メフィスト、ラシエル
バリエンテ、アストラル
ピエロー、アクマ

<6人タッグマッチ>
○ウルティモ・ゲレーロ、エウフォリア、グラン・ゲレーロ
 2-1
●ミスティコ、アトランティス、ドラゴン・リー

<シングルマッチ>
△ゲレーロ・マヤJr.
 引き分け
△ミステリオッソJr.

【海外情報の決定版!UFC実況解説者、稲垣 收】
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年06月08日号新日jr.NWAブラッシーWWEアイスリボン235パンクラスBellator


▼6月はベラトールNY大会でヒョードル、シウバがそろい踏みほか、日本ファン注目の大会多数!
 by 稲垣 收
・ヒョードルの相手は“復帰後最強の敵”ミトリオン
・ライアン・ベイダーがフィル・デイヴィスのベラトールLH王座に挑戦
・選手のUFC離脱の理由は?
・UFCのNZ大会ではハントvs“KOマシン”ルイス。廣田、国本も参戦!
・UFCシンガポール大会に元女王ホーリー、アルロフスキー、ドス・アンジョスら元王者と五味、憂流迦も出場
 稲垣收の海外情報~6月は、日本の総合格闘技ファンにとって注目の大会が多い。ニューヨークMSGでのベラトールには、“皇帝”ヒョードル、ヴァンダレイ・シウバも参戦。元PRIDEヘビー級王者とミドル級王者がそろい踏み。UFCのNZ大会では元K-1王者ハントが“ロンダの婚約者”ブラウンをKOしたルイスと激突。同シンガポール大会ではロンダをKOしたホーリー・ホルムや、元PRIDEライト級王者・五味隆典も参戦する。そこでは・・・

[ファイトクラブ]6月はベラトールNY大会でヒョードル、シウバがそろい踏みほか、 日本ファン注目の大会多数!