ウルティモ・ゲレーロ組予選突破!CMLL 金曜日定期戦+クラッシュ

(C)CMLL

 6月2日(現地時間)にメキシコ・アレナメヒコで『CMLL 金曜日定期戦』が開催された。
 今大会の「トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017」予選が行われた。この企画はメインを張るトップのルチャドールが新人、中堅選手とタッグを組んで戦うトーナメント戦でAブロック、Bブロックと2週間にわたりトーナメントを行い、決勝に残った2チームで優勝決定戦を争う事となる。今大会ではAブロックの予選が行われ8チームがエントリーされた。その中から予選決勝まで残ったのは、ショッカー組を下したアトランティス、エスフィンへとミスティコ組を下したウルティモ・ゲレーロ、サンソンだった。ここでもアトランティスとゲレーロの宿命のライバルがタッグで激突。試合はサンソンがアトランティスを丸めこむと、ゲレーロがエスフィンヘにゲレーロ・スペシャルで仕留め予選突破。今回はゲレーロが勝利となった。

 またセミファイナルではルーシュとピエローのロス・インゴベルナブレスがエチセロと組み、ネグロ・カサス、レイ・ブカネロ、バンジェリスというベテランルード軍と対戦。試合は例によってインゴベルナブレスが3人がかりの反則で大暴れで、最後はカサス、ブカネロ、バンジェリスが仲間割れ。これに起こったルーシュ、その後も大乱闘となり混乱状態で観客から激しいブーイング。観客がジュースやビールをルーシュにぶっかけるという事態となり、ルードを相手にしても、ルードより嫌われるインゴベルナブレスの暴れっぷりだった。

■ CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦
日時:2017年6月2日(現地時間)
場所:メキシコ・アレナメヒコ

<トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017予選>
予選決勝
○ウルティモ・ゲレーロ、サンソン
 ピンフォール
●アトランティス、エスフィンへ

参戦チーム
ミスティコ、スタルJr.
ショッカー、フォラステロ
ブルー・パンテル、ペガソ
マスカラ・アニョ・ドスミル、クアトレロ
ティタン、スティグマ
クラネオ、エスパントJr.

<6人タッグマッチ>
○ルーシュ、ピエロス、エチセロ
 2-0
●ネグロ・カサス、レイ・ブカネロ、バンジェリス


(C)CRASH

 5月30日(現地時間)にケレタロ州アレナ・ケレタロで「ザ・クラッシュ」が開催された。
 この団体はメキシコマット界の重鎮コナンの新団体だ。長年AAAで実権を握っていたコナンだが、AAAA首脳陣と決裂し離脱。新団体を作ると選手の人望が厚いコナンに慕ってレイ・ミステリオJr.やロス・ペロスの面々が次々とAAAを離脱してコナンの元に集まってきて、かつてのプロモ・アステカ(コナンがかつて運営していた団体)の様になってきた。更にコナンは米マットにも顔が利く為、米国の大物を呼び、特にインパクト・レスリング(TNA)のオーナー変更に伴いコナンと仲の良いジェフ・ジャレットが復権した為、インパクト・レスリングと提携を開始。結果、ジャレットだけではなくインパクト・レスリングの選手も呼ぶ事が出来るようにあった。しかし、このインパクト・レスリングの親会社アンセムは、全方位外交を打ちだしコナンが喧嘩分かれしたAAAとも提携を発表した為、ややこしい事となっている。
 そんな中、今大会はCMLLから解雇されたマキシモ・セクシーとラ・マスカラが大会に乱入するという事件が起こった。フラミータ対レイ・オルス対セプティモ・ドラゴンの3WAY戦でマキシモとマスカラが乱入し、試合してる3人のマスクを取ってしまったのだった。この無法な乱入者にコナンを慕って移籍してきたレイ・ミステリオJr.、ペンタ・セロ・ミエド、ダガ、ガルサJr.がストップをかける。どうやらクラッシュ正規軍であるレベリオンとはぐれインゴベルナブレスと化したマキシモ、マスカラが対決となるのだろうか?

■ ザ・クラッシュ
日時:2017年5月30日(現地時間)
場所:メキシコ・ケレタロ州アレナ・ケレタロ

<6人タッグマッチ>
○レイ・ミステリオJr.、ペンタ・セロ・ミエド、ダガ
 ピンフォール
●ニチョ、ダミアン、ベスティア

<3WAYマッチ>
フラミータ対レイ・オルス対セプティモ・ドラゴン
※ノーコンテスト

【海外情報の決定版!UFC実況解説者、稲垣 收】
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年06月08日号新日jr.NWAブラッシーWWEアイスリボン235パンクラスBellator


▼6月はベラトールNY大会でヒョードル、シウバがそろい踏みほか、日本ファン注目の大会多数!
 by 稲垣 收
・ヒョードルの相手は“復帰後最強の敵”ミトリオン
・ライアン・ベイダーがフィル・デイヴィスのベラトールLH王座に挑戦
・選手のUFC離脱の理由は?
・UFCのNZ大会ではハントvs“KOマシン”ルイス。廣田、国本も参戦!
・UFCシンガポール大会に元女王ホーリー、アルロフスキー、ドス・アンジョスら元王者と五味、憂流迦も出場
 稲垣收の海外情報~6月は、日本の総合格闘技ファンにとって注目の大会が多い。ニューヨークMSGでのベラトールには、“皇帝”ヒョードル、ヴァンダレイ・シウバも参戦。元PRIDEヘビー級王者とミドル級王者がそろい踏み。UFCのNZ大会では元K-1王者ハントが“ロンダの婚約者”ブラウンをKOしたルイスと激突。同シンガポール大会ではロンダをKOしたホーリー・ホルムや、元PRIDEライト級王者・五味隆典も参戦する。そこでは・・・

[ファイトクラブ]6月はベラトールNY大会でヒョードル、シウバがそろい踏みほか、 日本ファン注目の大会多数!