【REBELS.51】REBELS-MUAYTHAI スーパーライト級王座決定トーナメント組み合わせ / 全カード 決定!

■6・11【REBELS.51】REBELS-MUAYTHAI スーパーライト級王座決定トーナメントの組み合わせ決定!

<メインイベント 第11試合 REBELS 65kg級タイトルマッチ 3分5回戦 REBELSルール>
水落 洋祐(はまっこムエタイジム/REBELS 65kg級王者)
vs
中村 広輝(赤雲會/LEGEND -63㎏級王者)

<セミファイナル 第10試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーバンタム級王座決定戦 3分5回戦 WPMFルール>
KOUMA(WSRフェアテックス荒川/WPMF日本スーパーバンタム級王者)
vs
炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者)

<第9試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーフライ級タイトルマッチ 3分5回戦 WPMFルール>
松崎 公則(STRUGGLE/REBELS-MUAYTHAI スーパーフライ級王者)
vs
安本 晴翔(橋本道場)

<第8試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーライト級王座決定トーナメント 3分3回戦(延長あり) WPMFルール>
スアレック・ルークカムイ(スタージス新宿ジム/元ラジャダムナンスタジアム フェザー級7位)
vs
ピラオ・サンタナ(オランダ・メジロジム)

<第7試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーライト級王座決定トーナメント 3分3回戦(延長あり) WPMFルール>
潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/WPMF 日本スーパーライト級王者)
vs
杉本 卓也(WSRフェアテックス/J-NETWORKスーパーライト級1位)

<第6試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーライト級王座決定トーナメント 3分3回戦(延長あり) WPMFルール>
鈴木 真治(フジマキックムエタイジム/元J-NETWORKスーパーライト級王者)
vs
馬木 愛里(岡山ジム/ルンピニー認定スーパーライト級10位、ムエタイオープン同級3位)

<第5試合 65kg契約 3分3回戦 WPMFルール>
高橋 幸光(はまっこムエタイジム/MA日本ライト級王者)
vs
峯山 竜哉(WSRフェアテックス西川口)

<第4試合 ライト級 3分3回戦 WPMFルール>
津橋 雅祥(エスジム/蹴拳ムエタイ・スーパーフェザー級王者)
vs
良太郎(池袋BLUE DOG GYM)

<第3試合 フェザー級 3分3回戦 WPMFルール>
浦林 幹(フリー)
雅也(T-KIX GYM)

<第2試合 フライ級 3分3回戦 WPMFルール>
蓮沼 拓矢(テッサイジム)
vs
JIRO(創心會)

<第1試合 ライト級 3分3回戦 WPMFルール>
NIIZUMAX!(クロスポイント吉祥寺)
vs
大谷 翔司(スクランブル渋谷)

<オープニングファイト 58kg契約 3分2回戦 REBELSルール>
三浦 翔(クロスポイント大泉/J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会 Aリーグ優勝)
vs
小野 幹晃(IGGY HAND’S GYM/DEEP KICK アマチュアトーナメント優勝)


<6・11【REBELS.51】出場 選手インタビュー公開!>

■中村広輝選手インタビュー

―― 念願のタイトルマッチまであと二週間を切りましたが、調子はどうですか?

中村 いい感じですね。やる事をしっかりやってきてるので、本当にいいと思います。

―― 特別な対策とか立ててる?

中村 いやー特別な対策はしてないです。水落選手というだけで、気持ちがバチっと入るのでそれが対策と言えば対策ですかね(笑)。

―― 前回の対戦では2R KO勝ちでしたが、その事は何か影響はありますか?

中村 うーん、こう言っちゃあなんですけど、前回の事があるから逆に難しい試合になるんじゃないかなと思ってますね。水落選手も気持ちが入ってるだろうし。

―― 水落選手がTwitterで『しっかり仕上げていくから』と一言呟いてたの見ました?

中村 見ました!水落選手って、普段温厚な方じゃないですか。だからこそ、あの一言は『うわっ』ってなりましたね。元々気持ちが入ってたけど、更にスイッチが入りました。ワクワクしますね。

―― そんな激戦の予感しかしないタイトルマッチですが、沖縄からも応援が来るそうですね!

中村 そうですね、今回沢山の人が沖縄から応援にきてくれますし、行けなくても応援してくれる人が本当に増えて感謝してます。本当にありがたいですね。

―― そしてなんと言ってもメインですしね!

中村 はい。僕のキャリアの中で、後楽園という聖地、1番の舞台でメインが出来るということに、本当にREBELSさんに感謝してます。そして、その舞台に立つ事で満足するのではなくて、今回はとにかく勝つ事ですよね、うん。

―― 今回のタイトルマッチにたどり着くまでに、昨年の不調など色々な事がありました。振り返ってみて、どうでしたか?

中村 山口裕人戦で負けて、足を骨折していまい、長期休養。そこから、ホーストカップで更に負けてしまいました。でもその連敗があったからこそ、去年の11月のREBELSでKO勝ち出来たと思ってます。負けたからこそ、色々見直す事が出来て今のいい感じになれてるのかなと。僕も今31歳、今年32になりますから、色んな経験を積んだ事が良かったのかなと思います。そして、もうこれ以上無駄な時間はないですよね。なので、今回は賭けるものがありますね。

―― なるほど、今までの経験が生きているという感じですね。これは試合内容が期待出来ますねぇ。自分ではどんな試合展開になると考えていますか?

中村 水落選手は終盤に行けば行くほど強くなるので、あらゆるパターンを想定してますね。とにかく5Rフルに闘っても大丈夫なように、練習を積んできてるので大丈夫です!

―― 前みたいに、前半に倒しにいき過ぎて後半失速というパターンはない?

中村 ないです!(笑)

―― 安心しました。(笑) さて、中村選手がしばらくお休みしている間、色々な事がキック界では起こったじゃないですか。KNOCK OUTが旗揚げしたり、日菜太選手がK-1に行ったり。ご自身もこの後の展望とか考えていますか?

中村 いや、今まで先の事を見過ぎて目の前の試合を落としてきた事があったので、今は目の前のタイトルマッチだけを見ていますね。とにかくREBELSのベルトが僕にとって1番欲しいベルトなので、それを取ってからでないと何も考えられないし、発言権もないと思ってます。

―― そうですか……。では今後やりたい選手とかは?

中村 やりたい選手……うーん、全く思いつかないですねぇ。

―― あらら……。では階級関係なく好きな選手とかっています?

中村 好きな選手……うーん、なんか変ですけど、それはやっぱり『水落選手』ですよね。

―― おっ〜それは面白いというか、なんかいい話ですね!

中村 あの男臭さが好きだしカッコいいですよね。本当にリスペクト出来る選手です。だからこそ、水落選手とやれて、しかもタイトルマッチでメインというのが嬉しいです!

―― リスペクトし合った上での激闘……これは本当に今回の試合楽しみになってきました!最後に試合を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

中村 僕の練習している環境は決して恵まれた環境ではないです。でもそんな所でも、ここまで行けるというのを証明したいです。一つの形にして、勇気を与えたいです!

―― それは沖縄の選手に向けて?

中村 いや、沖縄の選手、地方の選手とかだけでなく、もうみんなにですね!

―― ありがとうございます!当日は中村選手と水落選手の試合を見て、勇気を貰えると思います。期待してます!

中村 ありがとうございます!期待しててください!

○プロフィール
中村 広輝
所  属:赤雲會
生年月日:1985年9月20日生まれ
出  身:沖縄県
身  長:173cm
戦  績:38戦24勝(18KO)12敗2分
タイトル:LEGEND -63kg王者


■ピラオ・サンタナ選手インタビュー

── 日本は初めてですね?

サンタナ はい。やっと念願かなったという感じです。

── 今のお気持ちは?

サンタナ 3年ほど前に一度オファーがありました。万全な準備で臨んだのですがオランダの日本大使館へビザ申請に行くと予想外の申請不受理でびっくりしました。

―― 何が原因ですか?

サンタナ 僕が正式なオランダ在住者じゃなく旅行者状態での滞在だったからです。もちろんブラジル本国に戻って申請すれば何の問題もありませんが時間が押し迫っていて間に合いそうにありませんでした。それで残念ながら幻の日本行きとなってしまいました。

―― 今はもう大丈夫なのですか?

サンタナ 大丈夫です(笑顔)。正式にオランダのIDカードを取得しました。それにオランダ人女性と結婚して家庭を築いています。デルフト大学の文化スポーツ講師としての職も得ました。身分的にはまったく安定しています。

―― 3年前とはすっかり変わりましたね。

サンタナ はい。180度変わりました。正規オランダ在住者です。レベルスからのオファーは素晴らしいタイミングでした。喜んで受けました。レベルスからはビザ申請書類もすぐに届きました。オランダ日本大使館へ3年ぶりの申請訪問です。大使館のドアベルを鳴らした時はちょっと緊張しました(笑)。心の中で、今の俺は立場的に何の問題もない。ビザ申請は大丈夫に違いない、でも、本当に大丈夫かな?って(笑)。

―― 気持ちはよく分かります。他国に住む外国人は誰でも移民局や外事警察に行くときは同じような気持ちになるものです。物事がスムーズに行きますように、って。
サンタナ それそれ、それです。日本大使館の窓口の女性に必要書類を提出すると、数秒書類に目を通されて、『ビザは明日用意できますので明日以後ならいつでも取りに来てください』って。あっさり(笑)。3年前とは雲泥の差でした(笑)。たぶん窓口スタッフは3年前当時と同じ女性だったと思います。

―― 良かったですね。3年越しの初日本上陸です。

サンタナ ちょっとストーリーがあります。3年前はZONEという団体からのオファーでした。せっかくのオファーだったのに僕の問題が原因で行く事ができず迷惑をかけました。僕の代わりにオファーを受けて参戦したのがオトマニジムのイリアス・エナッシ選手でした。急オファーだったこともあってエナッシは森井選手に負けました。そのオトマニジムはレベルスに参戦するようになりエナッシ選手は昨年レベルスでライト級タイトルをゲットしていました。そしてです。今回のトーナメントに参戦予定だったオトマニジムのピエトロ・ドウリャ選手が負傷しそのチャンスが僕に巡ってきました。前回僕が行けなくてオトマニジムの選手が行き、今回オトマニジムの選手が行けなくて僕が行く。面白い因縁だなと思います(笑)。

―― 日本初遠征への気持ちは?

サンタナ 念願叶ったという感じです。選手なら世界中誰でも一人残らず日本行きが最大の夢です。日本は特別な国です。武道の国です。僕が格闘技に入りこむきっかけになったのはK-1とPRIDEでした。僕はキックとMMAの両方やっています。ボクシングもやっています。ボクシングは2戦2勝です。日本遠征は長年の夢でいよいよ実現します。僕にとっての日本は人生の更なるキャリアアップのための超重要なステップです。

―― ブラジル伝統武術カポエラの先生ですよね?

サンタナ はい。ブラジルでは3つのジムでカポエラのコーチをしていましたがキック技術を磨くためオランダに来ました。メジロでキックを学びながら同じくメジロで柔術コーチを担当しています。勤務先のデルフト工科大学ではスポーツ授業を担当しカポエラを教えています。カポエラのセミナー依頼があるときは喜んで普及に努めています。

―― 今回の試合への向けての調整は?

サンタナ レベルスからのオファーは2月初旬でした。オファーが早かったので(アンドレ)マナート会長と相談しながらしっかり調整できています。

―― 足技のカポエラ。手技のボクシング。そしてキックとMMA。全部やっていますね。
サンタナ (笑)そうです。それに付け加えれば57.5kg~63.5kgで僕は試合が可能です。だから軽中量階級でどんどん声をかけて欲しいです。

―― 今回の対戦相手がタイ人です。

サンタナ 彼の映像をいろいろとチェックしました。アグレッシブでタフですよね。負けん気が強いようですし。僕とはもの凄く噛み合うだろうなと思いました。対戦がとても楽しみです。

―― レベルスの会長が、『体型的にもファイトスタイル的にも組み合わせとして一番いいと思ってマッチメイクした』と言っていました。

サンタナ そうですか!期待に応える闘いをしますよ。

―― 日本の人たちに自分のどんな点を観て貰いたいですか?

サンタナ 激しい試合を楽しみにしてもらいたいです。それと、リング上の激しい僕とリング下の気さくな僕の両方を知って貰いたいです。ほれ、ブラジル人って楽しいことが好きですからね。

―― 日本の関係者へ何かひとことあれば。

サンタナ 今回はありがとうございます。全力でいい試合をします。期待してください。気がかりが一つあります。日本ではタトゥーがあるとサウナには入れないと噂で聞いたのですが本当でしょうか?僕はタトゥーがあるのですがコンディション調整でサウナが好きです。東京では入れるでしょうか?

―― おそらく入れるサウナもあると思います、たぶん。

サンタナ 日本遠征が楽しみで日々興奮が増しています(笑)

○プロフィール
ピラオ・サンタナ
所  属:オランダ/メジロジム
生年月日:1986年3月19日生まれ
出  身:サンパウロ
身  長:160cm
戦  績:MMA 15戦08勝06敗01ノーコンテスト
ボクシング 02戦02勝
キック戦績 08戦08勝


■潘隆成選手インタビュー「今の僕の実力ならば、負ける相手ではない」
聞き手:布施鋼治

── もうすぐREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメントが開幕します。

潘 僕はアマチュア時代からずっとREBELSでやっているので、話が来た時にはうれしかったですね。ずっとREBELSのチャンピオンベルトが欲しかったので。

── 他の出場メンバーを見た時の感想は?

潘 自分にとっては2人も勝てなかった選手が含まれているのでやり甲斐を感じます。

── 3月にドローに終わったスアレックと一昨年1月にKO負けを喫した鈴木真治選手のふたりですね。

潘 昨年5月、中国でウェイ・ルイ(のちの初代K-1 WORLD GPライト級王者)に敗れて以来ずっと勝っていたけど、スアレックとはドローだったので単純に悔しかった。今までやってきたタイ人の中では一番強かった。前口さんや雷電さんと闘った試合を見たら力強い感じだったけど、僕と闘った時にはベーシックというか、テクニックもしっかりしていた。

── 勝てなかった最大の要因は?

潘 ちょっと警戒しすぎてたからですかね。本当はもっといけたけど、トレーナーから「手堅くいけ」という指示が出ていたので。行くところと手堅くするところのバランスをしっかりとることができたら、次は勝てると思います。一石二鳥じゃないけど、決勝でスアレックとやって優勝したい。

── スアレックと完全決着をつけたうえで、さらにREBELSのチャンピオンベルトを腰に巻くこともできる、と。

潘 そうですね。もしスアレックとの再戦が決勝で実現すれば、前回と同じ展開にはならないでしょう。向こうも闘い方を変えてくるでしょうからね。それは僕も一緒だけど、全体的に伸びていると思うので上回る自信はあります。もしかしたら今回もスアレックとは一回戦で再戦するのかなと思ったんですけどね。

── 一回戦で対戦することになった杉本卓也選手の印象は?

潘 誰と闘っても大丈夫だと思っていたので。あまり試合を見たことがなかったんですよ。油断しているわけじゃないけど、今の僕の実力からすれば負ける相手ではない。

── 普段通りの練習をしていれば問題はない?

潘 そうですね。それプラス、今回はキッチリと倒しにいきたい。向こうもすごく気合が入っているみたいなので、こちらも全力で挑むつもりです。ルールはムエタイなので、組んでの攻防やヒジ打ちも含めて全部の技を使って闘うところを見てほしい。

── 他の一回戦の行方も気になる?

潘 僕の希望としては鈴木選手に勝ち上がってもらって準決勝で闘いたいですね。初対決の時と比べたら、僕も成長しているので。鈴木選手と闘った時はまだ8戦目だったけど、今度の杉本戦は22戦目。その間、日本で外国人選手とも闘ったし、タイや中国にも行ってハイペースでリングに上がってきた。経験の面が一番成長したと思いますね。

── 鈴木選手と闘った頃は試合の翌日になると通常歩行が困難なほどのダメージを負っていた記憶があります。

潘 いまは翌日になってもなんともない(苦笑)。1カ月1回のペースで闘っていくうちにスネも丈夫になったんですかね。

── ちょっと先の話になるけど、このトーナメントで優勝したら何をしたい?

潘 また海外で試合をしたい。タイもそうですし、中国も盛り上がっているじゃないですか。今年5月にも中国で試合をする話があったけど、僕のケガで流れてしまったんですよ。ヒジなしだったけど、ちょっと挑戦したいなというのはありましたね。(チャンスがあれば)KNOCK OUTにも出られたらいいなと思います。スーパーライト級といったら潘隆成と真っ先に名前があがるまでステータスを高めたい。

○プロフィール
潘 隆成
所  属:クロスポイント吉祥寺
生年月日:1993年8月2日生まれ
出  身:東京都
身  長:181cm
戦  績:21戦17勝(5KO)3敗1分
タイトル:WPMF 日本スーパーライト級王者


■杉本卓也選手インタビュー「潘選手を倒して、自分が優勝候補に躍り出ます」
聞き手:布施鋼治

── いま練習は誰と?

杉本 ゲーオ・フェアテックスやゴンナパー・フェアテックスと一緒に練習しています。やるたびに勉強になる感じです。やっぱり超一流の選手と違うなと思いますね。こっちが倒してやろうと思って前に出ても、そういう気持ちが読まれている。だから全くこっちのパンチは当たらない。当てにしようと思ったら、カウンターを食らうこともある。

── 自分の気持ちを読まれている、と。

杉本 一枚、二枚、三枚くらい上手なんですよ。自分が考えていることの先を読んでいる。

── でも、ゲーオやゴンナパーにもまれることで強くなることは間違いないでしょう。今回はREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメントへの参戦が決まりました。

杉本 今回オファーをいただいたら出場メンバーがすごいじゃないですか。こんなチャンスはめったにないと思ったので即効でOKしました。

── スーパーライト級という階級について。

杉本 いまのスーパーライト級は国内で1、2位を争う激戦区じゃないですか。この階級に自分が合っているかどうかはまだわからないけど、減量もライト級の時と比べたらすごく楽。それにスーパーライト級に上げてからの方が勝率も高い。いまの自分にとっては適正階級なのかなと思いますね。

── 以前はライト級で闘っていたという印象が強いけど、スーパーライト級に階級を上げたのは?

杉本 一昨年8月のJ-NETWORKで伊東伴恭選手との一戦以来ですね。

── それからは調子がいいし、減量に苦しむこともなくなった、と。

杉本 そうですね。

── 今年2月に実現したJ-NETWORKスーパーライト級タイトルマッチ失敗を糧にする?

杉本 まあチャンピオンの岩崎悠斗選手が強いことはわかっていたし、作戦負けというのもあった。あの時は単純に自分より相手の方が強かったなというのもありましたね。もっとやりたいことがあったけど、それができなかった。

── 今度のトーナメント一回戦では自分がやりたいことをやりつくす?

杉本 そうですね。でも、潘隆成選手はそれをさせてくれないタイプだと思っているので。

── 確かにどちらかといえば、相手の光を消すタイプですよね。

杉本 潘選手はローを蹴ってくるというイメージがすごくある。会見で潘選手は『熱いバチバチの試合をする』と発言していた。逆にそういう闘いをしてくれた方が僕に勝ち目はあるかなと思いますね。ローでバチバチなのか、パンチでバチバチなのかはわからないですけど。向こうから来てくれた方がかみ合いますね。

── 周囲のタイ人トレーナーは何といっている?

杉本 普通相手が日本人選手だったら大丈夫しかいわないけど、潘選手の映像を見せたらみな『強い』と口を揃えています。

── だったらなおさらタイ人トレーナーも強さを認める潘選手を食ったら美味しいですね。

杉本 間違いなくそうですね。潘選手に勝ったら、間違いなく自分が優勝候補になるでしょう。

── 話を聞いているといま杉本選手の視線は潘選手に集中していて、他の一回戦に目移りすることはないですね。

杉本 全くないですね(キッパリ)。

── 当日、自分のどこを観てほしい?

杉本 2月のタイトルマッチでは応援に来てくれた方々をガッカリさせたというか、消化不良に終わってしまった。だからなおさら今回はバチバチにいこうと思っています。あまり格闘技に詳しくない人が観ても熱くなれる試合をしたい。いまパンチを磨いているので、そこを見てほしいと思いますね。

○プロフィール
杉本 卓也
所  属:WSRフェアテックス
生年月日:1992年11月26日生まれ
出  身:東京都
身  長:174cm
戦  績:22戦12勝(2KO)8敗2分


■鈴木真治選手インタビュー

── 試合まであと少しですが体調の方はいかがですか?

鈴木 いつも通り普通です!すいません、あまり面白い事言えなくて、ホントすみません(汗)。

── いえいえ、大丈夫ですよ(笑)。ところで対戦相手の馬木選手のインタビューは読まれましたか?

鈴木 インタビューは……読んでません!(キッパリ)

── あっ……そ、そうですか…まあ、そうだと思いましたが……では馬木選手の映像とかご覧になりましたか?

鈴木 はい。見ました!やはり若いだけあって、元気がいい、思い切りがいいなと思います。あの思い切りの良さは要注意ですね。でも藤巻会長との練習でイメージは掴めているので大丈夫だと思います。

── どんな展開を想像していますか?

鈴木 今回は3Rなので、初めから激しい展開になるのではないかと思っております。やはりお客さんはKOを望まれていると思いますので、できる限り倒したいと思っております!

── では前回の後楽園で魅せたボディブローがまた炸裂するかもしれませんね!

鈴木 いやー自分ではワンツーとローキックが得意技だと思ってて、ボディブローは全く意識してなかったんです。それと肘も得意だよね?とも言われてるんですが、肘も自分では全く……。でも意識してなくて出て倒せるということは、得意技なのかもしれません。

── 無意識に出る技で倒せるんだから、それは必殺技ですよ!ところで、前回の試合を見て「おっ
と思ったんですけど、首相撲の対応が以前のジムにいた時よりも格段に上手くなってましたね?やはり、練習環境の変化と成果が出ているのかなと思いました。

鈴木 ありがとうございます!藤巻会長にムエタイテクニックを沢山教えて頂いているので、それを言われるのは非常に嬉しいですね(笑)。

── 今は指導だけで生活してるんですか?

鈴木 いや、朝から昼3時までは、横浜のデパートの地下にある八百屋さんで働いております!

── えっ?あの『いっらっしゃい〜いらっしゃ〜い!』っていう八百屋さんですか?

鈴木 はい、デパートの地下なんでそこまで大きな声は出さないですけど(笑)。以前小林聡さんに仕事を聞かれて、八百屋ですといったら『ぴったりだな』って言われました。ぴったりですかね?

── いや〜〜もうぴったりというか、それしかないというか……今度是非取材させてください!では以前住んでいたところから横浜に引っ越したんですね?

鈴木 はい。藤原ジム時代は足立区に住んでいたんですが、今は横浜に引っ越ししました。

── 足立区と横浜では、大分環境違いませんか?

鈴木 はい……自分は下町の雰囲気が好きだったので、正直時々寂しくなったりしますね……(涙)。たまにあっちの方に帰ると、懐かしくて感傷に浸ってます(笑)。でも横浜は海や公園、緑が多くて、すごく気に入っています!ジムの会員さんにも良くしていただいてますし。

── 鈴木選手の試合には、フジマキックの会員さんが沢山来られてますよね?

鈴木 練習にも試合にも来ていただけて、本当にありがたいです。僕個人が思ってる事ですけど、弱い先生って言うのは駄目だと思ってますので、やはり強いところ、勝ったところをお見せしないと説得力がないですよね。あとは、指導でパンチをもっと絞ってコンパクトに打ってくださいと言っているので、「先生大振りじゃないですか?
なんて言われないようにしないと(笑)。

── そりゃそうですね!「鈴木先生、あんな大振りだったじゃないですか?
なんて言われたりします?

鈴木 いや、実際は言われないですけど、言われないように気をつけてます(笑)。やはり勝つと皆さんに喜んで頂けるので、励みになりますね。

── それではこのトーナメント、是が非でも優勝しないとですね。誰が上がってくると思いますか?

鈴木 自分は、今回出てる中で一番警戒しているのは、潘選手ですね。

── でも鈴木選手は前回潘選手にKO勝ちしてますよね?それでも警戒しますか?

鈴木 はい、あの時の潘選手と今の潘選手は比べ物にならないと思います。あの後急成長をしてますし、周りの誰に聞いても強いという評価ですよね。だから、前の試合は参考にならないというか、初めて対戦するのに近い状態だと考えております!

── なるほど、潘選手が要注意だと。それでは決勝に上がってくるのは、サンタナ選手とスアレック選手のどちらだと考えてますか?

鈴木 皆さんスアレック選手が勝ち上がると思っているようですけど、僕は正直サンタナ選手の可能性も充分あると思ってます。

── ほぅ、それはまたなんで?

鈴木 以前ZONEで本当は後輩の森井とやるはずだったんですけど、その時にビデオを見た森井がかなりパンチが強くてアグレッシブな選手だと言ってました。スアレック選手もアグレッシブで気が強いので打ち合いになったら分からないんじゃないかと思ってます。

── ほとんどの人がスアレック選手の決勝を予想している中、鈴木選手がサンタナ選手もあり得ると言われると、俄然サンタナ選手の試合に興味が湧いて来ました。本当に楽しみな試合ばかりのこのトーナメントですが、この後の展開などは考えてますか?

鈴木 うーん、前はジョムトーンとやりたかったんです。ですが、ジョムトーンはもう70kgの選手になってしまったんで……無理ですよね。とにかく強い選手とやる事が僕の現役を続ける目的なので、強い選手とやりたいですね。ベルトは結果であって、あくまで強い選手とやるというところに重きを置いています。

── いやー本当に昭和のキックボクサーっていうイメージがぴったりというか、硬派というか……。でも原点ですよね、格闘技をやる上での。それでは過去にやった選手でこれは強い!と思った選手はいますか?

鈴木 昔チェンライでやったサガペットは、蹴りがめちゃくちゃ強くてビックリしましたね。あんな選手とまたやってみたいです!

── このルールで強い選手は、やはりタイ人ですよね。それでは、最後になりますが、今回の試合に見に来てくれる方に向けてメッセージをお願いします。

鈴木 え〜いつもたくさんの応援ありがとうございます!皆さんのおかげで大好きなキックが出来ているので、今度の試合も見に来て良かったなと思って頂けるような試合にします!

○プロフィール
鈴木 真治
所  属:フジマキックムエタイジム
生年月日:1985年11月6日生まれ
出  身:宮城県
身  長:174cm
戦  績:34戦21勝(11KO)9敗4分


■馬木愛里選手インタビュー

―― 初めまして!あれ、今はどこですか?

馬木 今はジムからの帰りで父親の車の中です。

―― あー、馬木選手はまだ現役高校生でしたもんね。(なんと16歳!) では学校の帰りにジムに行く生活ですか?

馬木 はい。まず朝起きたら、1時間走ってから学校に行きます。そして月水金は子供のクラスの指導をしてから、自分の練習。木金はそのまま練習に入る感じです。土日が休みです。

―― 朝学校行く前に1時間も!?

馬木 はい。山を走るんで坂道がガンガンあるので、きついですよ!

―― それで学校終わったら、指導に練習と。まさにキック漬けの毎日ですね!そんな馬木選手ですが、今回REBELSのトーナメント出場となりました。オファーがあった時の気持ちはどうでしたか?

馬木 嬉しかったですね!REBELSはムエタイの強い選手が出てる舞台のイメージがあるので、出たいなと思ってたんで。そして僕のREBELSのイメージは梅野源治選手でしたね。大好きな選手です!そんなREBELSさんに今回呼んで頂けて本当に感謝です。ありがとうございます!

―― ほう〜、ヤスユキ選手とかでなく?

馬木 はい。僕は梅野源治さんのイメージがありました。あっでもヤスユキ選手と町田選手の試合とかストーリーがあって凄く引き込まれたのも覚えてます!

―― なるほど。さて、今回はREBELSの王座決定トーナメント。一回戦で当たるのはあの元藤原ジムの鈴木選手です。どうですか?

馬木 一言で言えば『頑丈』かな。僕が試合した時のムエタイオープンに出てて、それを見たひとがローキックが強いと言ってました。頑丈でローキックが強い選手というイメージですね。でも、僕には当たらない!

―― えっ?当たらない??

馬木 はい。完封できますね。僕には今2人のタイ人の先生がついているんですが、その先生とばっちし練習してますし、まあ、当たらないですよ、ふふふ。僕にとっては先生が最強なんで、それに比べたら日本人は敵ではないです!

―― おっーこれは頼もしい発言です。ではこのトーナメント優勝したら、やりたい選手いますか?

馬木 梅野源治選手とやりたいですね!

―― あのー、体重が違うと思いますが……。

馬木 あっ、そうですね(笑)。じゃあスーパーライトだったら、不可思選手とやりたい!まあ、でも日本人は興味ないですけどね。ルンピニーのベルトを取るのが目標なんで!

―― そう!馬木選手と言えば、若干16歳にしてルンピニーの現役ランカーです。やはりルンピニーのベルトを意識しちゃいますか?

馬木 そうですね。最終目標はルンピニーのベルトなんで。それを取ったら色々やりたい事でてくると思いますけど、まずはルンピニーのベルト!でもその前に、とりあえず1番最初に取れるREBELSのベルトを取りに行きます!

―― いや、最終目標って言ったり、その後色々やりたいとか、なんか辻褄会いませんが……まあとにかくルンピニーのベルトを目指してるという事ですね?

馬木 はい。

―― 有名になりたいとか、テレビに出たいとかはないですか?

馬木 ありますね!

―― 友達に言われたりします?「テレビ出ないの?
とか。

馬木 言われますね。高校生はAbemaTVみんな見てるんでK-1見てるし、武尊選手とかみんな知ってますから「愛里も出ないの?
と言われます。

―― なんて返すの?

馬木 僕ははっきり言いますね。「俺はムエタイにしか興味ねぇ!ムエタイが最強だから!
って!

―― カッコイイ!でもテレビ出たい気持ちもある?

馬木 はい、実は……(笑)。でもとにかくルンピニーのベルトをとってからです!

―― 今回のREBELSで初めて馬木選手を見るキックファンも多いと思います。一部の間で騒がれている馬木選手がどんな選手か楽しみにしていると思いますが、どんな試合を見せられると思いますか?

馬木 僕の得意な肘と膝を見せたいですね!

―― あれ?ぼくが馬木選手いいなぁと思ったのは、まっすぐに伸びる左ストレートなんですが……。

馬木 あっ左ストレートも得意です。というかなんでも出来ます!だからムエタイの美しさや最強だというのを証明します。でぼくの試合見終わったら、馬木が優勝候補だよ!ってみんなが言ってると思いますね。(ニヤリ)

○プロフィール
馬木 愛里
所  属:岡山ジム 闘我塾
生年月日:2000年8月1日生まれ
出  身:岡山県
身  長:182cm
戦  績: 9戦8勝(4KO)1敗


■津橋雅祥選手インタビュー

── こんにちは。初めてのインタビューですが、よろしくお願いします。今は練習終わりですか?

津橋 いや、仕事と仕事の合間です。

── 仕事?なんの仕事ですか?

津橋 新宿と新宿御苑でパーソナルトレーナーをやってるんですよ!

── なるほど、じゃあ仕事場から家が近いとか?

津橋 それが、全然遠くて八王子に住んでるんです(苦笑)。で、練習は三ノ輪のWSRに行ってます……。

── え~~ものすごく遠いじゃないですか!!かなり時間が無駄じゃあ……。

津橋 僕はその時間を無駄だと思ってなくて、電車の行き帰りで本を読んだりyoutubeで試合の動画を見たりして勉強してるんです!まあ、しんどい事はしんどいですけどね。

── では通勤や練習に時間がかかる中、もうすぐ試合ですけど調子の方はどうですか?

津橋 いつも通りという感じですかね。疲れてるんで、その日がダメでも気にしないで試合当日に良ければいいやって、前向きに考えてますね。今回は毎朝起きる度に「過去最強の俺だ~~」って暗示をかけてます(笑)。

── スーパーポジティブですねぇ。では対戦相手の良太郎選手対策とかは?

津橋 うーん、ビデオも見ましたが……まあ、僕よりトレーナーの人が見てるんで。でも先生も、1Rちょっと見ただけで「もういいや、大丈夫!
って言ってるんで大丈夫じゃないですかね、フフ(笑)。

── SNSで良太郎選手に対して“殺す”発言がありましたが……。

津橋 あ~あれは、前回のREBELSで良太郎選手が僕の元先生だったラットさんを倒した後、首を掻っ切るポーズをしたのに、カッとなったんですよね。試合後一週間は「あの野郎~~リベンジしてやる!
って気持ちが高ぶってたんですけど……。

── ですけど……?

津橋 今は別に……あんまないですね(笑)

── (ズルっ!)あんなにSNSで煽ってたのに?マジですか?良太郎陣営もあの発言に反応してましたよ??

津橋 いや~なんか時間たったら段々収まってきちゃって……良太郎選手の事はリスペクトしてますし……。

── マジですか……これはREBELS初の抗争勃発かと期待してたんですが……。

津橋 いや、僕よりも周りの人は今でも怒ってるというか、燃えてますよ!エスジムの先生とかWSRの先生とかがね。

── そうですか……確かに良太郎選手本人も“殺す”発言の事はあんま気にしてない感じで、周りの人が反応してましたね。両陣営のセコンドの抗争になったりして(笑)。

津橋 試合よりセコンドの抗争で盛り上がっちゃったらどうしよう……ただでさえ、僕の試合つまらないのに……。

── それはそれで面白いですね!(爆笑) さて、因縁の話はそこまでにして、今回初のREBELS登場ですが?

津橋 ずっとREBELSに出たかったので、やっとという感じで嬉しいですね!もっと早くが出たかったんですが、でもこの時点で出るのが自分の実力的にもベストなのかなと思ってます!ポジティブなんで(笑)。そして、僕はREBELSに試合をしにきただけではなくて、ベルトを取りにきたんで。(キリッ) だからそういうプレッシャーはあるけど楽しんでいきたいですね。

── では結構練習も充実してる感じですか?

津橋 そうですね!お世話になってるWSRには、色々なトップ選手が練習に来るんで、すごく充実してますね。

── となると前回のREBELS-TVで言ってたように、2年ぶりのKOが見れちゃったりしますか?

津橋 あー、それ……確かに言いましたねぇ……でも家に帰って考えたんですけど、やっぱり僕は打ち合うよりもテクニックを見せて完封したいなぁ……って思ってきちゃって。

── えっ、前言撤回??

津橋 いや、勿論倒せそうになったら倒しに行く……かもですけど、全ては流れですかねぇ。(遠い目) 理想は3R 2:30までテクニックで完封、そこであ〜今回も判定かと思わせておいて、倒しちゃう!みたいな(笑)。

── おっ、倒しに行きますか!?REBELS-TV見てくれたファンの人は2年ぶりのKOを期待しちゃってますよ!

津橋 えーっ期待されると緊張しますね……でも今回の試合は僕のキックボクシング人生の転機になるんじゃないかと思ってるですよ。そのくらい重要な試合だと認識してます。だからやれる事を全てやって、臨みたいですね。先生にも頭を使え、切れるなとしょっちゅう言われてます。

── 津橋選手は優しそうで、切れる感じには見えないですけど……。

津橋 僕、実は短気なんですよ……普段結構切れやすくて。

── えっ、そうなんですか?

津橋 あっ切れるっていうか、カチンときやすいというか。試合だと切れた方が負けるじゃないですか。だから、今回は日常生活から自分をコントロールするように心掛けてます!って言いながら、全くな〜んも変わってないんですけどね、はっはっはー(笑)。

── こ、こんだけ語っておきながら、変わってないだなんて……意味ないじゃないですか!

津橋 そうなんですよ(笑)。困ったもんです(笑)。

── じゃあ、まあ気を取り直して、選手としての目標を教えてください。

津橋 ももクロに会う事!!ももクロに曲作ってもらって、一緒に入場出来たら、もう死んでもいいです!

── いや、選手としての目標を聞いてるんですけど……。

津橋 あれ?これ、選手としての目標にならないですか?要はそのくらい有名になりたいって事です!誰もやってない事をやって、注目されて有名になって、ももクロと共演!!

── た、確かにそれも一つの目標ですね……でも聞きたかったのは、なんのベルトが欲しいとか、誰々が目標であいつとやりたいとかなんですよっ!

津橋 あ〜そっちですか!なんだ〜早く言ってくださいよ!そのくらい僕だってありますよ!まずはWPMFとREBELSのライトのベルトを取って、それからタイのベルトが欲しいですね!

── ほぅ、タイのベルトですか!目標としてる選手とか好きな選手はいますか?

津橋 好きな選手は……僕、自分が大好きなんで、正直誰も興味ありません!(ビシッ)

── 本当にナルシストですねぇ……でも誰かいるでしょ?参考にしてる選手とか?

津橋 あっ、パンパヤックとかサムエーとかは好きでビデオ良く見ます!日本人は正直あんまり……あっ、杉本卓也は尊敬してますと書いといてください(笑)。

── …………書いておきます……。では最後にファンの皆さんに向けてメッセージをお願いします。

津橋 えー、そうですね。ガチャガチャした試合をするつもりはないんで、綺麗なムエタイで上手く良太郎選手を捌きます!そして誰が見ても津橋が勝ったなと文句言われない試合をするので楽しみにしててください!

○プロフィール
津橋 雅祥
所  属:エスジム
生年月日:1993年2月22日生まれ
出  身:神奈川県
身  長:179cm
戦  績:25戦15勝(6KO)9敗1分
タイトル:蹴拳ムエタイ・スーパーフェザー級王者


■【REBELS.51】イベント概要

日時:2017年6月11日(日)
17:00 開場
17:10 オープニングファイト開始予定
17:20 本戦開始予定
会場:後楽園ホール
http://www.tokyo-dome.co.jp/hall/
東京都文京区後楽1-3-61
03-5800-9999
主催:株式会社 Def Fellow
チケット価格:
SRS席:\15,000(\15,500)
S席  :\10,000(\10,500)
A席  :\7,000(\7,500)
B席  :\5,000(\5,500)
立見  :\3,000(\3,500)
※カッコ内は当日料金
※6歳未満は入場無料(小学生から有料、6歳未満でも座席を必要とする場合は有料)チケット販売所:e+(イープラス)http://eplus.jp/
参加各ジム
参加各選手
後楽園ホール【チケット発売日】
4月21日(金)

■スケジュール2017年 プロ興行「REBELS」
06/11(日)  REBELS.51  後楽園ホール
09/06(水)  REBELS.52  後楽園ホール
11/24(金)  REBELS.53  後楽園ホール

※運営都合により上記予定は変更または中止される場合がございます。


※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
スマホPayPalアプリのダウンロード

https://miruhon.net/69811
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。