青木真也が一本負け!ワン・チャンピオンシップ!

(C)ONE Championship

 5月26日(現地時間)にシンガポールで『ONE Championship: Kings of Destiny』が開催された。
 アジア最大のMMA団体としてアジア各国の主要都市で大会を開催しているONE Championshipだが、今回は本拠地シンガポールで開催された。

 今大会のメインは女子アトム級王座戦で王者アンジェラ・リーがイステラ・ヌネスの挑戦を受けた。人気者のリーに下馬評も集中。試合もそのまま、1Rからグランドで翻弄した王者は、2Rにアナコンダチョークで一本勝ち。リーが王座防衛を果たした。

 セミファイナルではウェルター級王座戦が組まれ、絶対王者として君臨しているベン・アスクレンが、アギラン・タニを迎え撃った。MMA6戦無敗という実績を誇るタニだが、キャリアは全てワン・チャンピオンシップであり、MMA15戦無敗でベラトールでも絶対王者だったアスクレンと比べればキャリアに開きがあり、不釣り合いなカードと言われていた。試合は下馬評通りで、アスクレンがテイクダウンして肩固めと完勝。MMA16戦無敗となったアスクレンが王座防衛を果たした。

 また、グラップリングマッチで柔術世界王者ゲイリー・トノンが日本の青木真也と対戦。トノンはかつてADCCでクロン・グレイシーに一本負けしており、クロンとMMAで再戦したいと熱望している。試合はトノンがヒールフックで青木からタップを奪い一本勝ちで完勝。来るべきMMAデビューに向けて幸先の良い勝利となった。

■ ONE Championship: Dynasty of Heroes
日時:2017年5月26日(現地時間)
場所:シンガポール

<女子アトム級王座タイトルマッチ/5分5R>
○アンジェラ・リー(王者/米国/シンガポール)
 2R 2分18秒 アナコンダチョーク
●イステラ・ヌネス(ブラジル)

<ウェルター級王座タイトルマッチ/5分5R>
○ベン・アスクレン(王者/米国)
 1R 2分20秒 肩固め
●アギラン・タニ(挑戦者/マレーシア)

<ウェルター級/5分3R>
○ゼバスチャン・カデスタム(スウェーデン)
 3R 2分18秒 KO
●ルイス・サッポ(ブラジル)

<グラップリング・ライト級/15分1R>
○ゲイリー・トノン(米国)
 7分47秒 ヒールフック
●青木真也(日本)

<ストロー級/5分3R>
○デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク(タイ)
 1R 4分26秒 TKO
●エイドリアン・マタイス(インドネシア)

<ライト級/5分3R>
○アミール・カーン(シンガポール)
 1R 1分29秒 TKO
●ラジンダ・シン・ミーナ(インド)

【海外情報の決定版!UFC実況解説者!稲垣收】
※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

[ファイトクラブ]セフォーや”猛獣”マヌーフ破ったグーカン・サキがUFCと契約!

[ファイトクラブ]ロンダ・ラウジーの動画が再生240万回超!

※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。

【easypay電子書籍】’17年06月01日号RIZIN泉田純アクトレスガールズCMLL解雇WWEラウェイ町田光UFCロンダ