カブ・スワンソンが判定勝ち!UFC ファイトナイト・ナッシュビル!


By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images

 4月22日(現地時間)にテネシー州ナッシュビルで『UFC Fight Night 108: Swanson vs. Lobov』が開催された。
 メインイベントにはフェザー級タイトルマッチが組まれ、同級ランキング5 位のカブ・スワンソン(アメリカ24勝7敗)が、アルテム・ロボフ(ロシア14勝12敗1分1NC)と対戦した。
 スワンソンは前回、UFC 206(2016 年12 月)で“コリアン・スーパーボーイ”ことチェ・ドゥホにユナニマス判定勝ちを収めている。この試合は、UFC 会長のデイナ・ホワイトが自身のTwitter(ツイッター)で「ファイト・オブ・ザ・イヤー」だと絶賛し、UFC 公式サイトでも“コナー・マクレガー対ネイト・ディアズ2”を抑えて、スワンソン対チェ戦が“2016年最高試合”の第1位に選出されるほどのハイレベルかつハイペースな名勝負だった。一方で対戦相手のロボフは、14 歳の頃にロシアからアイルランドに移住し、すぐにSBG アイルランドに参画したベテランであり、UFCライト級王者であるコナー・マクレガーとは同門になります。“ザ・ロシアン・ハンマー”と呼ばれるロボフは、前回の対戦となるUFCファイトナイト・ベルファスト(2016 年11 月)で石原“夜叉坊”暉仁を下しており、一度もタップアウトしたことがないというその格闘哲学は徹底している。試合はスワンソンがジャブ、ハイキック、スピンエルボー、そしてテイクダウンと巧みな攻撃を繰り広げ、終始ロボフを圧倒しながら、5ラウンドに渡る激闘を判定3対0で制した。

スワンソンのコメント
「コーチたちが“効いてるぞ!”って言うんだよ。ウソだろうって思ったんだけど信用して攻撃したんだ。僕はもう長いこと試合をしてきたから、下の選手たちが挑んでくるような立場になったってこと。いい試合だった。試合前は向こうがこっちを怒らせようとしていたのは分かっていた。でも、こういう激闘の後はお互い称え合えるものさ。ぜひアルドとホロウェイのタイトルマッチの勝者と戦いたいね」
 またセミファイナルではライト級ランキング14位のアル・アイアキンタ(アメリカ12勝3敗1分)が待望の復帰戦を迎え、ベテランのアクションヒーローであるディエゴ・サンチェス(アメリカ29勝9敗)と対戦したが、アイアキンタがわずか1ラウンド38秒でのKO勝ちを収めた。また、ライトヘビー級マッチでは同級ランキング8位で地元テネシー出身のオヴィンス・サン・プルー(アメリカ19勝10敗)が、マルコス・ホジェリオ・デ・リマ(ブラジル15勝5敗1分)と対戦し、2ラウンドにデ・リマからテイクダウンを奪うと一気にサブミッションで勝利を収めた。

大会や選手の詳しい情報などは、UFC 公式サイトへ
FOXスポーツ&エンターテインメント UFC ナンバーシリーズ
UFCファイトパス、全世界で配信開始!
UFC生放送!DAZN

■ UFC Fight Night 108: Swanson vs. Lobov
日時:2017年4月22日
場所:アメリカ・テネシー州ナッシュビル

<フェザー級/5分5R>
○カブ・スワンソン(米国)
 判定 3-0
●アルテム・ロボフ(アイルランド/ロシア)

<ライト級/5分3R>
○アル・アイアキンタ(米国)
 1R 1分38秒 KO
●ディエゴ・サンチェス(米国)

<キャッチウェイト(210ポンド)/5分3R>
○オヴィンス・サンプルー(米国) 
 2R 2分11秒 ヴァンフルーチョーク
●マルコス・ホジェリオ・デ・リマ(ブラジル)
※マルコス・ホジェリオ・デ・リマが計量失敗でキャッチウェイトに!

<バンタム級/5分3R>
○ジョン・ドッドソン(米国)
 判定 3-0
●エディ・ワインランド(米国)

<ライト級/5分3R>
○スティーヴィー・レイ(英国)
 判定 2-0
●ジョー・ローゾン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
○マイク・ペリー(米国)
 2R 1分5秒 KO
●ジェイク・エレンバーガー(米国)


 日本時間6月11日(日)に開催されるUFCファイトナイト・オークランドにて、国本”ストラッサー”起一選手の対戦カードが決定したことが発表された。

■ UFCファイトナイト・オークランド
日時:日本時間6月11日(日)
場所:ニュージーランド・オークランド開催

<ウェルター級マッチ>
国本起一(大阪 18勝6敗2分1NC)
vs.
ワーレイ・アウヴェス(ブラジル 11勝2敗)

国本起一のコメント
2年半ぶりくらいの試合になる訳ですが怪我をしてその間に培った強さを次の試合で魅せつけたい思います。
対戦相手の選手ですが、アグレッシブで前に出て来る選手なので、シッカリ潰して自分発信の試合をして一本、KOで勝ちたいと思います。
日本の皆さんへ。久々の試合になります。今まで表の舞台からは遠ざかってましたが復帰戦必ず勝利して世界にストラッサー起一ここにありと魅せつけたいと思います。皆さん応援どうぞ宜しくお願い致します。

【UFC情報の決定版】
週刊ファイト4月20日号柴田入院SakuraGenesis亜利弥’引退Ghost記憶UFC豊田真奈美KAI
▼「マクレガーvsメイウェザーは実現する!」デイナ・ホワイト社長が断言
 Text by 稲垣 收
・ 「コナーはすでにメイウェザー戦に向けた特訓を開始している」(マクレガーのコーチ、ジョン・カヴァナー)
・ ネヴァダ州コミッションもマクレガーvsメイウェザーのベガス開催を認可
 稲垣收のUFC最新情報~実現するのかしないのか、多くの格闘技ファン・ボクシング・ファンをやきもきさせている、UFC同時二階級制覇王者コナー・マクレガーvs.”ボクシング界のスーパースター”フロイド・メイウェザーJr戦。この”ドリームマッチ”の実現に向けて大きな進展と思われる発言があった。マクレガーの専属契約を持つUFCのデイナ・ホワイト社長が「この試合は実現すると思う」と発言したのだ! デイナ社長の発言の詳細は?

[週刊ファイト4月27日号]賭け八百長試合が表面化~韓国ソウル95年11・27UFC FIGHT NIGHT


週刊ファイト4月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島
▼女子格フジRIZIN視聴率5.4%、ピーク7.7%はサザエさん11.5%終了直後~柴田勝頼
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
・女子プロ劇場KINGレイナ勝利とハッスル髙田~ミスターポーゴの苦言
・JBLからのいじめ発覚!SmackDownマウロ・ラナーロがWWEと示談協議中
・NHKアナザーストーリーズ『クラッシュギャルズを求めた少女たち』考
・ネットに本当に重要な情報はない:AIと生身の脳が情報交換する時代
・映画『ワイルド・スピード』、『スターウォーズ/フォースの覚醒』抜く
・報道されてない深淵~柴田勝頼にリング復帰断念勧告!曙の深刻度
・ロンダ・ラウジー婚約発表!UFC正式引退なのか?